You can edit almost every page by Creating an account. Otherwise, see the FAQ.

ネル・ブリンクリー

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


ネル・ブリンクリー
Nell Brinkley
サムネイルの作成エラー:
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
失踪 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
墓地 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。

ネル・ブリンクリー(Nell Brinkley、1886年9月5日 - 1944年10月21日)は、アメリカ合衆国イラストレーター漫画家である。彼女は、ニューヨークの諸新聞および諸雑誌で活動した40年ちかくの間にときに「コミックの女王」("Queen of Comics")と称された。彼女は、因襲的なブリンクリー・ガール(Brinkley Girl)の作者である。これは、彼女のコミックに登場するスタイリッシュな人物であり、そして歌や映画、演劇において有名な象徴になった。

背景と経歴[編集]

ネル・ブリンクリーは、1886年(一部出典は1888年とする)にコロラド州デンヴァー(Denver)で生まれたが、しかし一家はまもなく、マンハッタン・ビーチ(Manhattan Beach)のスローン湖(Sloan's Lake)に面する、デンヴァーの西がわの境の、コロラドのエッジウォーター(Edgewater)の小さい町に移った。彼女は、正式の美術の訓練はうけなかったし、そしてハイ・スクールから脱落し、ペンとインクをつかう生来の才能にしたがった[1]。子供のころ、彼女は、コロラドのデンヴァーのエリッチ庭園(Elitch Gardens)でのメアリー・エリッチ(Mary Elitch)の園遊会の、こぶのようなひざをした子供たちの、食器具をならべてあるイラストレーションをデッサンした。16歳で、彼女はすでにイラストレーションに堪能であった。彼女は、1906年の児童書『Wally Wish and Maggie Magpie』の表紙と25点のイラストレーションを描いた[2]。彼女は、『ザ・デンヴァー・ポスト』(The Denver Post)『ロッキー・マウンテン・ニューズ』(Rocky Mountain News)のためにペンとインクでのデッサンをものするために雇われた。

彼女の技量は、メディアの大立て者ウィリアム・ランドルフ・ハーストと彼の編集者アーサー・ブリスベン(Arthur Brisbane)によって1907年に注目された。20歳代にはいったばかりの彼女は、母とともにデンヴァーからニューヨークのブルックリンに移るように納得させられた。彼女は、『ニューヨーク・ジャーナル=アメリカン』とともにダウンタウンのマンハッタンで働きはじめ、そこで論評つきの大判の詳細なイラストレーションをほとんどまいにち製作した。その新聞の発行部数は、どーんと増えた。彼女の美術品は、雑誌部門において特集された。

ニューヨークに到着して1年もしないうちに、彼女は、さわやかでおもしろい作品のためによく知られるようになった。髪をカールした、平凡な、働く女性のデッサンは、ブリンクリー・ガール(Brinkley Girl)として知られていたし、これはまもなくギブソンのギブソン・ガールを、観客に見せないように舞台の奥に追いやった。『ジーグフェルド・フォリーズ』(1908年)は、ブリンクリー・ガールをテーマとしてもちい、そして3曲のポピュラー・ソングが彼女にかんして書かれた。ブルーミングのデパートは、ネル・ブリンクリー・デー(Nell Brinkley Day)を、彼女のデッサンの多くをもちいて、特集した。女性らは、カートゥーンのヘアスタイルを摸倣し、そしてネル・ブリンクリー・ヘア・カーラー(Nell Brinkley Hair Curlers)を1枚10セントで購入した。若い娘たちは彼女のデッサンを保存し、色づけし、そしてスクラップブックに貼付けた。彼女が1908年夏にコロラド州で休暇を過ごしたとき、デンヴァー・プレス・クラブ(Denver Press Club)は彼女を歓迎した。ネルは、「少年と少女 - 男性と女性 - ベティーとビリーの諸関係」("relationships between boy and girl—man and woman—Bettys and Billies")を表現することでたいへん有名であった。彼女のイラストレーションは、何か大部分の人々が「愛」("love")とよぶものの存在を表現するために『 Dan Cupid 』のデッサンを用いた。

ブリンクリーの名声はまた、ハリー・ケンドール・ソー(Harry Kendall Thaw)の扇情的な殺人事件の公判を取材する早期の割り当てによって確立された。彼女は、女優=妻であるイーヴリン・ネズビット(Evelyn Nesbit)へのインタヴューを割り当てられた。後年、彼女は、ほかの悪名たかい殺人事件の公判を取材した。彼女は、『イヴニング・ジャーナル』(Evening Journal)その他のハースト(Hearst)の諸新聞に発表された、多数の法廷イラストレーションを制作した[3]

ネルは、グレン・マーティン(Glen Martin)とともに彼のあたらしい複葉飛行機で飛行し、そして大胆な急降下と着陸を読者に報告した。ネルは、戦争債権運動でたすけ、そして彼女は、第一次世界大戦中およびその後、自国および外国にいるアメリカの若者をたのしませ、なぐさめた。彼女はワシントンD.C.に旅行し、そこで彼女は、ディフェンス・ワーカー(defense worker)になるために家を出た、おおくの若い女性たちにインタヴューした。

『Golden Eyes with Uncle Sam』 ネル・ブリンクリー作 1918年ころ

ネルはまた、『イヴニング・ジャーナル』(Evening Journal)と、『コスモポリタン』(Cosmopolitan)、『グッド・ハウスキーピング』(Good Housekeeping)および『ハーパーズ・マガジン』(Harper's Magazine)をふくむその他の刊行物に従事し、自分の物語に添えられた魅力的な文章でも知られるようになった。彼女は、たくさんのイラストレーション入りの劇評と社交界の母親たちと娘たちの横顔を制作したが、そのなかにはエレノア・ルーズベルトもふくまれている[1]。彼女の著作の大部分は、当時の働く女性を昇進させ、そして女性の諸権利の拡大をうながした。

彼女の作品は、キング・フィーチャーズ・シンジケート(King Features Syndicate)によって国際的に諸新聞に流通された。しかしながら、1935年までには、新聞においては写真がイラストレーションにとってかわりはじめた。彼女は、最も多作でかつ有名なロマンチックな著者=イラストレーターになってしまっていた。のちに、彼女は書物のイラストレーションを描き、そして時事問題の多数パネルの美術のページを制作した。そのひとつは、1943年のコミックスの作品集に収められた。

1944年、第2次世界大戦の諸戦闘にかんする大きな見出しがでたとき、ネル・ブリンクリーは、当時の主たるメディア、「最も読まれた諸新聞」から30余年間、ファンをたのしませたのちしずかに死んだ - 彼女はまもなく忘れられることになる。母と父とネルは、ニュー・ヨークのニュー・ロシェルの共同墓地に埋葬されている。

ブリンクリー・ガール[編集]

ブリンクリーは、その美術品の田園詩的なデザインで知られていたし、そしてその女性登場人物は読者らの注意を引き寄せた。ギブソンによってはやくも確立された、まじめなギブソン・ガールの紋切り型と比較すると、ブリンクリー・ガールは、女らしく、面白いもの好きで、より独立していた[1]。国際的にシンジケートされて、彼女のデッサン『The Three Graces』は、この人物をアイコンとして確立するたすけになった。その作品は、愛国心にかんして女性参政権、準備およびアメリカニズムの賛歌をうたう3人の女性を表現する、若い魅力的な女性を女性選挙権の概念とむすびつける最初のもののひとつであった。

『Uncle Sam's Girl Shower』 ネル・ブリンクリー作 1917年 ワシントンD.C.に到着したのに、あいにくアパートメントを借りる能力がないと知った、働く女性たちをささえるために、因襲的なブリンクリー・ガールを用いたもの

ブリンクリー・ガールはいっぱんに、一般的な女性の基準よりもより独立的な活動にたずさわる、レースのドレスを着て髪をカールさせているのがしばしば見られる、働く若い女性であった。彼女の仕事はしばしば、フェミニズム視点を有すると考えられた[4]

ブリンクリー・ガールは、国民的な評判となり、ポップ・ソング、詩、演劇の話題となった。2つめの『ジーグフェルド・フォリーズ』(1908年)はブリンクリー・ガールへの多くの言及が特徴であって、そのなかにはハリー・B・スミスおよびモーリス・レヴィ作の『"The Nell Brinkley Girl"』もふくまれる[5][6]

書籍[編集]

  • The Brinkley Girls (Fantagraphics Books, 2009) collects Brinkley’s full-page color art from 1913 to 1940; her earliest adventure series, Golden Eyes and Her Hero, Bill; her romantic series, Betty and Billy and Their Love Through the Ages; her flapper comics from the 1920s; her 1937 pulp magazine-inspired Heroines of Today and unpublished paintings, along with an introduction by the book's editor, Trina Robbins.

注釈[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 "Nell Brinkley: A New Woman in the Early 20th Century" Accessed November 10, 2007.
  2. Collins, Lois and Tom, Nell Brinkley 1917 1918 and 1919 "Love Letters", nellbrinkley.net: Accessed November 11, 2007.
  3. Robbins, Trina, &ots=_A0UNuNy5S&sig=zcNmo5uUj3WcZVywT607C1f52oA#PPA9,M1 Nell Brinkley and the New Woman in the Early 20th Century, page 9. Accessed through Google Books November 10, 2007.
  4. Prieto, Laura, At Home in the Studio: The Professionalization of Women Artists in America, page 173. Accessed through Google Books November 10, 2007.
  5. Robbins, Trina, &ots=_A0UNuNy5S&sig=zcNmo5uUj3WcZVywT607C1f52oA#PPA9,M1 Nell Brinkley and the New Woman in the Early 20th Century, page 9. Accessed through Google Books November 10, 2007. Page 22
  6. Ziegfeld Follies of 1908, Internet Broadway Database. Accessed November 10, 2007.

読書案内[編集]

Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "ネル・ブリンクリー" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ネル・ブリンクリー.



Read or create/edit this page in another language[編集]