シト (ReReGRAPHICS)

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索
シト
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
職業 ボーカリスト
作詞家
担当楽器 ボーカル
事務所 フリー
共同作業者 ディノグランデユニオン
ReReGRAPHICS

シト(しと 、3月12日 - )は日本のミュージシャン、ボーカリスト、作詞家。音楽ユニット「ReReGRAPHICS(リリグラフィックス)」のボーカル、作詞担当。山形県出身。

略歴[編集]

作詞家、作曲家、編曲家である尾澤拓実と志翔[SHITO]を結成

NHKの「熱唱オンエアバトル」に出場、オンエアされる。

ミニアルバム「UQS」発売。その後「ディノグランデユニオン」に改名するが2008年に活動を停止。その後、ニコニコ動画で歌ってみたやニコ生での活動を開始する。


2016年に再び尾澤拓実と「ReReGRAPHICS(リリグラフィクス)」としてユニット活動を開始[1]。主にボーカル、作詞を担当している。2017年にインディーズレーベルCLAMOR RECORDSから1stシングル『煌びやかな星空を』をリリースした。

この曲は漫画「デビルズライン」をイメージして作られており原作者の花田陵とはこのCDを贈ったことがきっかけで交流を持つようになる。


2019年よりライブ動画アプリ「17Live」にて、歌と雑談配信をしている。

2020年2月に公開されたアニメ作品『劇場版SHIROBAKO』にて挿入歌『仕方ないのでやれやれ』を歌う。(タイトルバックに使われたので、実質のオープニング曲と言える)

2020年3月に放送されたTVアニメマギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝にて第13話(最終話)で特殊エンディング曲『ニグレド』の作詞およびボーカルを担当。

2020年8月におこなわれた花田陵の『ブラックガルド』第2巻発売記念サイン会で『ブラックガルド』のイメージアルバムに参加することが発表された。

主な作品(楽曲)[編集]

2006年
  • ミニアルバム『UQS』に収録 NHK『熱唱オンエアバトル』オンエア曲『recede』 作詞、ボーカル
2008年
  • ディノグランデユニオン改名後初CD『Papyrus』 作詞、ボーカル
2016年
  • TVアニメ『ディバインゲート』 第1話劇伴『rain of pain』 ボーカル
2017年
  • 1stシングル『煌びやかな星空を』 作詞、ボーカル
2020年
  • 『劇場版SHIROBAKO』 挿入歌「仕方ないのでやれやれ」 ボーカル
  • TVアニメ『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』第4話劇伴「BAN VAN BANZAI!万☆々☆歳!!」 ボーカル
  • TVアニメ『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』第13話特殊エンディング曲「ニグレド」 作詞、ボーカル(「シト from ReReGRAPHICS」名義)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

  • Lua エラー モジュール:Twitter 内、8 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)
  • シト410 -シトの17Live配信
  • 410s - シトのYouTubeチャンネル(オリジナル曲および歌ってみた)
  • INUEL410 -シトのYouTubeゲームチャンネル
  • リリグラフィクス - ReReGRAPHICS 楽曲販売サイト
  • ReReGRAPHICS - ReReGRAPHICSのYouTubeチャンネル


This article "シト (ReReGRAPHICS)" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:シト (ReReGRAPHICS).