コントロールメディア

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


コントロールメディア(英: control media )とは、企業マーケティングの核となる「オウンドメディア(owned media )」「ペイドメディア(Paid Media)」「アーンドメディア(Earned Media)」と並ぶ、マーケティング分野での柱となるメディアとして認識される情報発信媒体である。

概要

コントロールメディアは主に、記事広告やインフルエンサーマーケティングのように第三者目線の発信で企業の宣伝行為を行い、消費者からの信頼を獲得していくことで利益に繋げていく集客チャンネルを指す。企業自ら情報を発信していくオウンドメディアとは性質が異なり、あくまでも第三者からの紹介という形式で企業の商品ページ等に誘導していくことができるため、消費者の購買意欲を高める集客マーケティングにおいて有効な手段とされている。また、コントロールメディアで使用されるドメインは運用企業とは別の独立したドメインを使用されることも多く、一見するとオウンドメディアのような情報発信メディアと似ているが、訪問者側からでは運用する企業の特定ができない構成となっている場合が多い。

企業での活用

コントロールメディアは、企業の意図した方向に消費者の印象をコントロールしていくことができるメディアである。そのため、商品の魅力の伝達やブランディングを行うことが容易とされ、マーケティング活動の一環としてコントロールメディアを採用する企業も増えてきている。また、記事広告やオウンドメディアを外注する費用と比べて比較的安価で運用できるケースもあり、発信する情報内容の自由度が高いことから集客マーケティングのほか、採用活動、社会貢献活動など幅広い分野において活用することが可能とされている。

コントロールメディアの運用がステルスマーケティング(Stealth Marketing)と混同されることがあるが、コントロールメディアは事実に基づく情報を有効に発信していく目的のメディアであり、第三者を装った高評価の虚偽の口コミなどのステルスマーケティングとは根本的に異なる。

消費者行動の変化

2005年、インターネットが普及した時代における新しい行動を取り込んだ「AIDMA」に代わるモデルとして、消費者行動モデル「AISCEAS」が日本の実業家より提唱された。これは、Attention(認知・注意)、Interest(興味・関心)、Search(検索)、Comparison(比較)、Examination(検討)の5つの過程を経て購買行動にうつるとした行動モデルであり、消費者自身が実際の購買行動を起こす前に情報収集をしたうえで意思決定をしている過程を表したものである。この消費者行動モデルは、インターネットが普及したことにより自由に情報収集することができる消費者が増加し、従来のような企業発信の広告のみを判断基準として購買行動にうつす消費者が減少したことが背景にあるとされている。

コントロールメディアは、この5つの過程のすべてに貢献するメディアとされ、インターネットやソーシャル・ネットワーキング・サービスの普及により集客や多角的な企業マーケティング、企業リスクマネジメント対策を担う手段として採用する企業が多い。

関連項目

  • 第三者効果
  • ウィンザー効果
  • インフルエンサー
  • パブリシティ
  • オウンドメディア
  • テレビショッピング



This article "コントロールメディア" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:コントロールメディア.