コンスタンティン・アンティゴノフスキー (ロシア帝国)

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索
コンスタンティン・アンティゴノフスキー
Константин Антигоновски
ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家
続柄    

全名 コンスタンティン・アンティゴノフスキー大公
称号 ロシア大公
敬称 大公閣下
出生 1799年
ロシア帝国の旗 ロシア帝国、サンクトペテルブルク、アレクサンダル・コンスタンチノヴィチ邸
死去 1859年
モスクワ、別邸
埋葬 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
配偶者 アネドロヴィーナ
子女 ミハイ・キリロヴィチ
父親 アレクサンダル・コンスタンチノヴィチ
母親 アナスタシア
役職 ロシア大公
宗教 ロシア正教会
テンプレートを表示

コンスタンティン・アンティゴノフスキー(こんすたんてぃん・あんてぃごのふすきー、ロシア語表記:Константин Антигоновский、紀元1799~1859年)は、19世紀のロマノフ朝ロシア帝国の皇族、貴族。文人としても知られている。  

略歴[編集]

ロマノフ朝紋章

ロマノフ朝後期の時代のロマノフ朝の皇族として1799年に誕生した。時のロシア皇帝・アレクサンドル2世の再従兄弟に当たるため、当時は情に溺れた育成を受けた。

大人になり、宮廷のきぞくとなったコンスタンティン・アンティゴノフスキーの宮廷内の官位は、聖ヴァシリー勲章に値し、軍事系の冠称はあまり好まず、文科系の冠称を好み就いた、と言われている。しかさ、後にコンスタンティン・アンティゴノフスキーは、ロマノフ・アレクサンダル(ロシア帝国ロマノフ朝時代の貴族。コンスタンティンとはライバル。)との抗争により、1859年に、モスクワにあった別邸で暗殺された。享年60歳。後に、遺体は、サンクトペテルブルクの帝室墓地に葬られた。

また、彼は、文人としても知られており、彼の作った詩のいくつかは現存しており、散文詩的な印象の詩「サナワーナー・ブライニコフ」は著名である。


名の由来[編集]

Константин Антигоновскийの名は、ギリシアの英雄である、アンティゴノスにちなんで命名された。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

  • ロマノフ朝
  • モスクワ


This article "コンスタンティン・アンティゴノフスキー (ロシア帝国)" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:コンスタンティン・アンティゴノフスキー (ロシア帝国).