Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

コロナ疎開

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。 コロナ疎開(ころなそかい)とは、2020年の新型コロナウイルス感染拡大の影響で、日本では緊急事態宣言の前後に都市部を中心に新型コロナの感染者が増加したことから、感染を避ける目的で東京都や大阪府など7都府県の対象地域から、人口の少ない地域や地方へ一部の人たちが移動する動きがあったが、この現象を現す俗語・インターネットスラング[1][2][3]

概要[編集]

2020年、世界を席巻した新型コロナウィルスは日本でも多くの感染者や死者を出したが、特に東京・大阪など大都市部で感染者が多くなったことで、都市部から地方へ移動する人の動きが見られた。こうした動きを戦時中の疎開になぞらえて、マスメディアやインターネット上で「コロナ疎開」と呼ばれるようになった。各都道府県の知事らは、こうした動きに自粛を呼びかけた[1][2]。疎開先となった地域や離島では、自治会などが「自粛」を呼びかけキャンプ場を閉鎖するなどの強行手段も講じられるなど、波紋が広がった[4]

クロスロケーションズの調べでは、緊急事態宣言後は首都圏から長野県、栃木県、那須への移動が多くなっていた[5]

首都圏近郊の中古物件が人気化[編集]

不動産市場の先行きにも不透明感が漂う中、人口の少ない地域である首都圏近郊の沿岸部に建つ中古住宅に目を向ける動きが現れた。在宅勤務の普及で、太平洋を望みながら、仕事スペースを確保できるセカンドハウスとしての需要もあると見られている。このため、千葉県の物件が人気化し、2月と4月では不動産会社への問合せ数が約4倍となった。最も人気が高くなったのは南房総市で、富津市、館山市、勝浦市、いすみ市などの物件も人気化した。これらの地域は、2019年の台風15号や19号の被災地域に当たり、新型コロナ登場以前は中古物件への問い合わせが皆無であった[1]

出典[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

  • 日本における2019年コロナウイルス感染症の流行状況
  • 疎開
  • 自粛警察
  • 村社会
  • 難民

外部リンク[編集]

スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。


This article "コロナ疎開" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:コロナ疎開.