Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

オルガ・ロマノフスキー

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。 スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。

オルガ・コリアナ
Ольга Романовская.jpg
基本情報
出生名 Koryagina Olga Sergeevna
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
活動期間 2006–現在
レーベル UMIG Music

オルガ・ロマノフスキー(コリヤギナ) ( 22.1.1986、ニコラエフ )   - ウクライナの 歌手 、 モデル 、女性のポップバンド・ヌ・ヴィルゴスの元リードシンガー(2006-2007)、クイーンズバンドの元リードシンガー(2016-2017)。

キャリア[編集]

2006年の初めに、グループヴィルゴスなし空席が生じました。 ナデジダ・グラノフスカヤはプロジェクトへのさらなる参加を拒否しました。その代わりに、オルガ・コリヤジーナを勝ち取った鋳造が組織されました。しかし、何らかの理由で、 クリスティーナコッツゴットリブ(ミスドネツク 2003)が採用されました 。 3か月後、プロデューサーにはその女の子がチームに適合していないことが明らかになり、オルガにチャンスを与えることにしました。オルガはうまく使用しました[1]。 2006年4月10日 、彼女は新しいバンドメンバーとして紹介された[2]。その瞬間、少女はキエフ国立芸術大学のニコラエフ支部の3年生で、装飾と応用芸術の学部で生地加工を専攻していました。 オルガはまた、彼女の母国ニコラエフのモデルとしてショーや写真セッションに参加しました。

2007年3月、オリヤは彼女の妊娠を発表し、グループを去った[3]。 ヴィルゴスなしでの彼女の最後の出演は4月16日に行われました[4]

私生活[編集]

2007年、オルガロマノフスカヤはウクライナの実業家アンドレイロマノフスキーと結婚し[5] 9 [5]、9月初旬にマキシムと名付けられた男の子を出産した[6]

ディスコグラフィー[編集]

ソロのキャリア[編集]

  • 私を強く保つ ( 2015 )

ヴィルゴスなしの一部としてのアルバム[編集]

  • L.M.L. ( 2006 )( Nu Virgosとして)

ヴィルゴスなしの構成曲[編集]

  • 2006年   -L. M L
  • 2006年   - 花とナイフ

ソロ曲[編集]

  • 2007 — Колыбельная
  • 2014 — Тайная любовь
  • 2014 — Музыка
  • 2015 — Красивые слова
  • 2016 — Мало малины (feat。 ダンバラン )
  • 2017 — Папайя
  • 2018 — Птица
  • 2019 — Константин

クイーンズの曲[編集]

ビデオグラフィー[編集]

ヴィルゴスなしのクリップ[編集]

クリップ 所長 アルバム
2006年 L M L アランバドエフ LML
2006年 花とナイフ キス

ソロクリップ[編集]

クリップ 所長 アルバム
2007年 子守唄
2014年 秘密の愛 シリル・クジン 抱きしめて
2014年 音楽 ヴィクトル・マスリャエフ
2015年 美しい言葉 イェフェン・ティモキン
2016年 「リトルラズベリー」(feat。 ダンバラン ) アレクサンドル・ティコミロフ
2017年 パパイヤ イワン・クバシャ
2018年 「鳥」 セルゲイ・グレイ
2019年 コンスタンティン タラス・ゴルブコフ

女優として[編集]

クリップ 所長
2006年 バニティなし( Valery Meladzeによるビデオ) ザーメンゴア
2017年 #SUCH(Illya Zudin feat。 Dj Squeeze) ビクター・フォー

リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. Кристину Коц-Готлиб уволили из "ВИА Гры"”. InterMedia (2006年4月10日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. Ольга Корягина новая участница группы «ВИА Гра»”. 2013年9月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年12月5日閲覧。
  3. 20-летняя учасница "ВИА Гры" покидает группу из-за беременности”. Газета.ua (2007年3月14日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  4. Беременная «ВИА Гра» выходит замуж”. NEWSmuz.com (2007年3月14日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  5. 5.0 5.1 Экс-«ВИА Гра» Ольга Корягина выходила замуж… в джинсах! // Комсомольская правда, Наташа СОКОЛОВА, Анна ПУПЧЕНКО — 07.05.2007
  6. Экс-солистка группы «ВИА Гра» Ольга Корягина родила сына, «Бульвар Гордона», № 37 (125), 11 сентября 2007


This article "オルガ・ロマノフスキー" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:オルガ・ロマノフスキー.