Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

アービトラージ・MACD

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。 アービトラージ・マックディー (en:ArbitrageMACD)とは、サヤ取りとテクニカル指標であるMACDを組み合わせたテクニカル分析のひとつ。 近年のIT化により、コンピューター分析が容易になったことで、一般の相場師でも簡単に利用できるように開発されたテクニカル指標である。

概要[編集]

アービトラージャー(裁定取引専門の投機家)の椿三郎が2008年に考案し、約10年の投資実績を経て、2020年に公開した比較的新しいテクニカル指標である。 価格変動の激しい仮想通貨で、短期に利益を上げることを目的として開発された為、デイトレードやスイングトレード(en:Swing trading)に利用される。

短期の価格差(スプレッド)の指数平滑移動平均から中長期の価格差(スプレッド)の指数平滑移動平均を差引いた値をArbitrageMACDの基本線(ArbitrageMACDライン)、ArbitrageMACDラインの指数平滑移動平均をArbitrageMACDシグナルとして、その2本の線の推移で価格差(スプレッド)の膨張サインと収縮サインを判断する。。

算出方法は

ArbitrageMACDライン = 短期(x)の価格差(スプレッド)指数平滑移動平均 - 中長期(y)の価格差(スプレッド)指数平滑移動平均
ArbitrageMACDシグナル = ArbitrageMACDライン(z)の価格差指数平滑移動平均

x, y, z の組み合わせとしては、9, 12, 3 を使う(秒足、分足、日足でも計算式は同じ)。

ArbitrageMACDライン > ArbitrageMACDシグナルなら膨張サイン、ArbitrageMACD < ArbitrageMACDシグナル なら収縮サイン。

来歴[編集]

スクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found

関連項目[編集]

  • アービトラージ
  • MACD


This article "アービトラージ・MACD" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:アービトラージ・MACD.



Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。