高橋美枝 (空手家)

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 高橋 美枝1968年11月4日 - )は日本の空手家。

略歴[編集]

1976年4月1日原田彪太朗の直弟子となる。

1997年9月14日原彪太郎跡目襲名披露を行い誠心塾東京本部の道場長となる。

後に、那覇手・剛柔流空手道泉武会誠心塾総本部と改名する。

1998年6月21日原田彪太郎逝去。21時45分順天堂大学付属病院で高橋美枝が、看取る。

以後、原田彪太朗の遺志をついで、東京都足立区の道場で、弟子をとり稽古を行う。

那覇手の継承者として研鑽を積み、もう片方で、公立中学校空手部の発足に関わる。

那覇手継承においては、高橋美枝直弟子、高橋輝行(旧姓:古泉)、横溝京香、依田静文、大嶋幹男

の4名のみ残っている。

競技空手に、関わったのは、足立区立第四中学校である。1期生は、高橋美枝の弟子、井坂正義である。

2期生は、山田沙羅が、部長となり軌道に乗せていく。

それから、足立区立第四中学校の空手部の生徒は、高橋美枝の教え子ともなり活躍する。

そして、教え子とは、高橋美枝から直接、競技空手を習った弟子のことを言う。

全国に教え子がいて、代表的な教え子には、上木大樹、小泉穂貴、別府遥香などがいる。

繁忙期でも、(公社)現在は(一社)東京都空手道連盟にて、平成19年4月1日~平成25年3月31日まで

事務局スポ少担当として役職を務めていた。

かなりの、精神的、肉体的負担が掛かりながらも、現在も、

高橋美枝は、線維筋痛症を患いながらも空手道に貢献している。

(公財)足立区体育協会足立区空手道連盟顧問を担っている。

(一社)東京都空手道連盟正会員も務める。

(公財)日本スポーツ協会東京都スポーツ少年団功労賞受賞(平成27年11月27日)


This article "高橋美枝 (空手家)" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:高橋美枝 (空手家).