Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

MCハイジ

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索
Mcハイジ

新谷順子 ( 𝙅𝙪𝙣𝙠𝙤 𝙎𝙝𝙞𝙣𝙮𝙖 1976年7月17日 )は、東京都出身のファッションデザイナー 𝙂𝙞𝙣𝙯𝙖 𝙩𝙧𝙪𝙘𝙚 𝙎𝙝𝙤𝙥 𝘾𝙀𝙊である。

専門課程ファッションデザイン学科

服飾学科

服飾専門士称号 (英語:𝘿𝙞𝙥𝙡𝙤𝙢𝙖 𝙞𝙣 𝙁𝙖𝙨𝙝𝙞𝙤𝙣)

介護福祉士実務者研修課程修了

元・演劇集団らぶばーど所属の劇団員

元・吉本興業所属のフィメール𝙈𝙘(女性ラッパー)

生い立ち[編集]

父親は会社経営、母親は ヘアメイクアーティスト 、1人娘として育つ。

小学生が対象のジュニア専門少人数制ゴルフスクールに通い、練習場レッスン、ラウンドレッスン、ジュニアのゴルフ大会に参加する。

父親と休日に行く、ゴルフにはプロゴルフ協会・𝙇𝙋𝙂𝘼のティーチングプロ認定資格者が同行してラウンドする。

幼少期から両親の影響で芸術家を目指す。

16歳の時に中野坂上にアトリエとして、マンションを購入して貰う。

専門学校 浜西ファッションアカデミー(専門課程ファッションデザイン学科、服飾学科)

技能連携校、埼玉県立大宮中央高等学校(普通科)単位制による通信制課程に進学する。

レポート提出、ファッションデザイン学科、服飾学科、服飾専門士称号になるための勉強をする。 ​

学歴[編集]

1992年、埼玉県立大宮中央高等学校と技能連携校

専門学校 浜西ファッションアカデミー 専門課程ファッションデザイン学科、服飾学科入学

(ファッションの道を目指す、若者のためのコース)

(ファッションデザイナーやパタンナーを目指せる専門学校)

高等学校の卒業資格が得られる。

埼玉県立高校(普通科) 大宮中央高等学校・単位制による通信制の課程入学

取得資格、県立高校普通科卒業(大宮中央高等学校・単位制による通信制の課程)


1994年、埼玉県立大宮中央高等学校と技能連携校

専門学校 浜西ファッションアカデミー 専門課程ファッションデザイン学科、服飾学科卒業

埼玉県立大宮中央高等学校、普通科卒業

服飾専門士称号


2012年、福祉の教室  ほっと俱楽部入学

訪問介護員養成研修2級課程修了

2013年、福祉、介護資格専門スクール 未来ケアカレッジ入学

全身性障害者移動支援従業者養成研修講座修了

2013年、東京消防庁、救命講習

救命技能認定証修了

2014年、ニチイ学館入学

高齢者コミュニケーター講座修了

2014年、福祉、介護資格専門スクール 未来ケアカレッジ入学

難病患者等ホームヘルパー養成研修難病基礎課程修了

2017年、社会福祉法人 東京ヘレン・ケラー協会 ヘレン・ケラー学院入学

視覚障害者ガイドヘルパー同行援護従業者養成研修講座修了

2018年、一般社団法人日本グリーフケア協会 グリーフケアアドバイザー講座受講

グリーフケアアドバイザー2級基礎課程修了

2019年、福祉教育専門学校 三幸福祉カレッジ入学

介護福祉士実務者研修課程修了

2020年、福祉、介護資格専門スクール 未来ケアカレッジ入学

喀痰吸引等研修第2号認定特定行為業務従事者養成研修講座修了

職務経歴[編集]

2012年、社会福祉法人、特別養護老人ホーム入職

2017年、医療法人、二次救急、救急指定病院、一般病床入職(理事長の指示)

2020年、社会福祉法人、訪問介護ステーション(居宅介護支援事業所)入職 経理、サービス提供責任者を担当

2020年、医療法人、介護医療院、緩和ケア病棟入職(奨学金制度、看護学校を希望)

2021年、 ファッションデザイナー 𝙂𝙞𝙣𝙯𝙖 𝙩𝙧𝙪𝙘𝙚 𝙎𝙝𝙤𝙥 𝘾𝙀𝙊

資格[編集]

服飾専門士称号

ケアワーカー

サービス提供責任者

介護福祉士実務者研修

認定特定行為業務従事者

喀痰吸引等研修

半固形栄養剤研修

生活援助従事者研修

視覚障害者ガイドヘルパー (同行援護従業者)

全身性障害者ガイドヘルパー (移動支援従事者)

難病患者等ホームヘルパー

高齢者コミュニケーター

救命技能認定証

グリーフケア・アドバイザー

介護スキル[編集]

要介護5までの、軽介助、全介助、終末期、ターミナルケア、看取りケア、身体/生活ケアが可能である。

ADLとQOLと認知度、患者、利用者とのコミュニケーションの取り方、ゴールなき切磋琢磨である。

患者、利用者の状態変化に伴う適応力の学習、ラウンドの重要性、気配り、発見、洞察が事故を未然に防止する。

3k(きつい、危険、汚い)を超越した事実と向き合う姿勢から生まれる信頼関係、汚いと不潔の切り分け、取り巻く環境を意識する。

仕事の理解、フロア業務を把握して実践を通して習得する、指示、指摘を通して方向修正に努める。

チームワークで成立するフロア業務と責任、自分の置かれた立場を理解して、役割を認識して、患者、利用者に対しての尊厳を守り、思いやりを持った対応、オペレーションの状態を把握し、今しなければならない事を優先して行う。

親身になった対応が何よりも患者、利用者を勇気づける。

ケアワーカーを取り巻く環境には、看護師、同僚ケアワーカー、患者、利用者、ご家族があり、ケアワーカーの仕事には、そこへの信頼がないと成立しない。

介護医療院は、長期にわたり療養が必要な要介護者の方に対して、「日常的な医学管理」や「看取りやターミナルケア」等の医療機能と「生活施設」としての機能とを兼ね備えた介護保険施設です。

これまで「介護療養型医療施設」、「介護老人保健施設」、「介護老人福祉施設」の3施設だった介護保険施設に、新たに追加された施設です。

夜間も医師や看護師が常駐し、ご家族と連携しながら利用者を見守り、看取りにも対応できる新しい「医療」と「介護」のかたちとして「長期療養のための医療」と「日常生活上の支援」を一体的に提供します。

人物[編集]

中学1年生の時に、ファミリーミュージカル「演劇集団らぶばーど」のオーディションに合格する。

芝居の基礎を学び、東京芸術劇場「しあわせ色の青い空」で女優デビューする。

中学を卒業を機に退団。

「演劇集団らぶばーど」は、聾唖(聴覚障害者)の人達の言葉である「手話」を基本とした、セリフ・歌・ダンスの全てに手話が取り入れられている。

日本では初めてのボディランゲージ・ミュージカル、コミュニケーション・ミュージカルである。

「しあわせ色の青い空」は、耳の不自由な方々(聴覚障害者)だけでなく、すべての人が同じ感動を共有できるファミリーミュージカルとして好評を得ている作品です。


16歳で 𝙃𝙄𝙋𝙃𝙊𝙋 に出会いラッパーになる。

ラッパーネームは「アルプスの少女ハイジ」の大ファンで𝙈𝙘ハイジ。

𝙃𝙄𝙋𝙃𝙊𝙋 の数々のラップコンテストで優勝をする。

1990年代中期に活動を始めた日本のフィメール𝙈𝙘(女性ラッパー)の草分け的存在である。

日本のオールドスクールのラッパーたちと親交が深い。

2018年1月28日、 𝙍𝙂𝘽 𝙏𝙊𝙆𝙔𝙊「𝙗𝙤𝙤𝙢𝙞𝙨𝙩𝙖」 で、一夜限りの復活ライブを行う。


𝙋𝙖𝙧𝙞𝙨 𝙅𝙖𝙘𝙠𝙨𝙤𝙣 / パリス・ジャクソンを溺愛してる。


2010年、5歳年下の一般男性と婚約する。

2011年、病気療養中の婚約者と死別する。


2021年、𝙩𝙧𝙪𝙘𝙚 「停戦」を意味する、ストリート系ファッションブランドを立ち上げ、銀座にオープンする。

現在、ファッションデザイナーとして活動している。


2021年、2022年、カナダで開催される、「バンクーバーファッションウィーク」

(𝙑𝙖𝙣𝙘𝙤𝙪𝙫𝙚𝙧 𝙁𝙖𝙨𝙝𝙞𝙤𝙣 𝙒𝙚𝙚𝙠)ランウェイショーに招待されて出展予定だったが、資金の関係で辞退する。


2022年、4月6日(水)-8日(金) 東京ビッグサイト(東京国際展示場)

𝙂𝙞𝙣𝙯𝙖 𝙩𝙧𝙪𝙘𝙚 𝙎𝙝𝙤𝙥「𝙁𝙖𝙨𝙝𝙞𝙤𝙣 𝙒𝙤𝙧𝙡𝙙 𝙏𝙤𝙠𝙮𝙤」に出展する。

外部リンク[編集]

ホームページ

𝙂𝙞𝙣𝙯𝙖 𝙩𝙧𝙪𝙘𝙚 𝙎𝙝𝙤𝙥