136さん

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索



Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
人物
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
職業 サラリーマン、YouTuber
YouTube
チャンネル
活動期間 2005年11月21日 -
ジャンル 怪談朗読、駄弁り、ゲーム配信
登録者数 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
総再生回数 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年11月26日時点。
テンプレートを表示

136さん(イサム /IsAM)普通のサラリーマン、趣味で怪談を語り、日本で大人気な怪談朗読師である。2005年11月21日から[1]、ゲーム実況/怪談朗読を主にネット配信開始、FC2 ねとらじ[2]、Niconico[1]でも活動したが、今は2015年開設されたYouTubeチャンネル[3]「怖い話 怪談 朗読」に移籍する。総朗読話数6500話以上[4]。その影響で怪談創作を始めた作者も沢山と言われる。

作品スタイル[編集]

  • 早期は早口でアナウンサーの口調で読んでるけれども、余白、声の大きさ、呼吸感などを念入りに調整し、耳に変なストレスをかけないように気を尽くす、より自然に穏やかなテンポでお話を読んでる。
  • 「初見一発読み」:予習もなく、初見で読んでる。噛み噛みや漢字間違いの場合は時々あるのも特徴。(生配信の場合)。[1]
  • 原作の怖さ、雰囲気を正しく理解し、キャラクターの性別や年齢などの設定を把握して語調を調整する。[5]

現在活動[編集]

YouTubeチャンネルで録音作品発表、生配信をしている。

  • 早期作品
    • YouTubeを始めた頃、チャンネルを管理人の彼岸氏が過去の生配信での初見一発読みを切り抜いたものがある。偶に噛み噛みや漢字間違いがある。
  • 録音作品
    • 136氏は不定期で新しい作品を録音する。彼岸氏に編集を任せてアップする。
  • 生配信
    • 不定期で毎回3時間ぐらい 怪談読みと雑談(駄弁り)を配信している。
  • メンバーシップ限定配信
    • 不定期。
    • 內容不定。
  • 「特選怖い話」より「録音ファイル136Hz」という朗読音源置き場サイトがある。過去配信録音ファイルの大半はここに置いている。

朗読内容[編集]

  • 朗読許可あり、リクエストからのお話が大半。
  • ネット上人気の怪談シリーズを殆ど読んだことがある。 例えば、夜行堂奇譚、師匠シリーズ、篠宮神社シリーズ、なつのさんシリーズなど。
  • チャンネル「IsAM 136」
    • 136氏の個人チャンネル。
    • 怪談以外の動画、ゲーム配信をしている。

略歴[編集]

2000年代

  • 2005年11月21日、ネット配信開始。[1]

2015年

  • 03月21日、YouTubeチャンネル「怖い話 怪談 朗読」開設。[3]

2019年

  • 09月29日、YouTubeチャンネル「怖い話 怪談 朗読」登録者数5万人突破。[6]

2020年

  • 02月08日、広島県三次市でリアルイベント開催「三次ネット怪談・朗読会 百物語」[7]
  • 07月04日、136氏LINEスタンプ発売。[8]

2021年

  • 05月21日、YouTubeチャンネル「怖い話 怪談 朗読」総再生回数1億回突破。[9]
  • 08月21日、YouTubeチャンネル「怖い話 怪談 朗読」スパチャ(SuperChat)額世界ランキング40位以内達成。[10]
  • 09月18日、竹書房怪談文庫より開催された怪談最恐戦2021朗読部門グランプリ受賞[5]
  • 10月04日、YouTubeチャンネル「怖い話 怪談 朗読」登録者数10万人突破。[11]

関連項目[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 生らじ・136.2525Hz-ニコニコミュニティ” (日本語). nico.ms. 2021年11月26日閲覧。
  2. 生らじ・136Hz : ネットラジオサイト ねとらじ”. ladio.net. 2021年11月26日閲覧。
  3. 3.0 3.1 怖い話 怪談 朗読 - YouTube”. www.youtube.com. 2021年11月26日閲覧。
  4. 136氏のツイッターアカウント” (日本語). Twitter. 2021年11月26日閲覧。
  5. 5.0 5.1 (日本語) 「怪談最恐戦2021」朗読部門の受賞作発表特別番組, https://www.youtube.com/watch?v=yfAOt5hRqnQ 2021年11月26日閲覧。 
  6. 136(Twitter ID:@IsAM0136)- 2019/09/29” (日本語). Twitter. 2021年11月26日閲覧。
  7. 中国新聞に載った記事” (日本語). Twitter. 2021年11月26日閲覧。
  8. (日本語) 怪談朗読IsAM/136(イサム)さんのLINEスタンプを描かせてもらいました!!【 IllustratorCC】, https://www.youtube.com/watch?v=Gh-2Mu-bVDo 2021年11月26日閲覧。 
  9. 136(Twitter ID:@IsAM0136)- 2021/05/21. Twitter.” (日本語). Twitter. 2021年11月26日閲覧。
  10. 136(Twitter ID:@IsAM0136)- 2021/08/22. Twitter” (日本語). Twitter. 2021年11月26日閲覧。
  11. 彼岸(Twitter ID:@acchinohou)- 2021/10/04. Twitter” (日本語). Twitter. 2021年11月26日閲覧。

外部リンク[編集]


This article "136さん" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:136さん.