開栄淑川

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索
Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 開栄淑川(かいえいしゅくせん)とは、埼玉県の4つの名門難関私立高等学校[1]を示す造語である。名称は、各高校の漢字表記の頭文字の組み合わせによるものであり、「埼玉県私立高校四天王」ともいう。また、淑徳与野高等学校を除いて埼玉私立高校御三家[2][3]という場合もある。

  • (開) - 開智高等学校 (埼玉県さいたま市岩槻区)
  • (栄) - 栄東高等学校 (埼玉県さいたま市見沼区)
  • (淑) - 淑徳与野高等学校 (埼玉県さいたま市中央区)
  • (川) - 川越東高等学校 (埼玉県川越市久下戸)

特徴[編集]

4校とも2000年代から2010年代に埼玉県内で台頭した私立進学校の代表格として括られる。

偏差値はいずれも60代後半から70代前半で拮抗しており[4]、進学実績も東京大学合格数10人前後、旧帝国大学合格数10〜50人、早慶合格数150〜200人、MARCH合格数300人前後(2019年度現在)[5][6][7][8]とほとんど同列帯の名門進学校である。

浦和高校、浦和第一女子高校、大宮高校(埼玉県立御三家)などの県内最難関公立高校や早稲田大学本庄高等学院、慶應義塾志木高校などの大学付属高校の併願校として、埼玉県内または関東圏で一定の人気を誇っている。[1]

現役難関大学進学率は埼玉県立御三家をしばしば凌駕している場合もある。

また、栄東高校、開智高校、淑徳与野高校の3校は中高一貫教育校でもあり、開成中学校、麻布中学校、武蔵中学校(男子中学御三家)や桜蔭中学校、雙葉中学校、女子学院中学校(女子中学御三家)の併願校としても人気である。[9]

参考・引用[編集]

  1. 1.0 1.1 エール出版社著『私の早慶大合格作戦 2020年版』エール出版社、2019年
  2. 限定個別指導のみらい創研コラム 限定個別指導のみらい創研ゼミナール
  3. 川越東高等学校 | 埼玉サッカー通信|埼玉サッカーを応援するWEBマガジン[リンク切れ]
  4. 埼玉県の高校偏差値ランキング 2020年度最新版|みんなの高校情報” (日本語). みんなの高校情報. 2020年4月25日閲覧。
  5. 大学合格数” (日本語). 開智学園. 2020年4月25日閲覧。
  6. 大学合格者数 - 学校案内|【学校法人 佐藤栄学園 栄東中学・高等学校】”. www.sakaehigashi.ed.jp. 2020年4月25日閲覧。
  7. 卒業後の進路 | 教育と進学 | 淑徳与野高等学校” (日本語). 淑徳与野中学・高等学校. 2020年4月25日閲覧。
  8. 進学状況|進路指導|川越東高等学校”. 川越東高等学校. 2020年4月25日閲覧。
  9. アタックテストによる中学入試併願校・併願入試データ 2019年入試版”. Educational Network All rights reserved. 2020年4月25日閲覧。



This article "開栄淑川" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:開栄淑川.