聖本物川語り

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 聖本物川語りはしかたまたかし、鹿魂貴史を名乗っていたアカウントが、twitter上で連載していた漫画である。

概要 [編集]

モチーフとして本物川という概念を用いているが、本物川という概念自体はweb上で紆余曲折ある流れによって、育まれ、生まれたものという具合であり、現在、本物川に関して詳しく知る人は少ないかもしれないが、この作品もまた、本物川という概念に関して書いたものであり、本物川自体はある程度探してみればある程度、出会うこともあるだろう。聖本物川語り自体はweb漫画として作者のページで連載されてる他、作者がnoteにてまとめた版もあるようなので、そちらを参照してもらいたい。[1]

内容[編集]

先述したとおりであるが、本物川という概念を中心に据えて、物語を紡ごうとした作品である。twitter上やその他twitter上のアカウントの人を作品内に登場させて、作者は長いこと描いていたようであるが、書かれた紙はB5のコピー用紙のようであり、作者の話によれば3000枚ほどを費やして、つけペンで書かれたものとなる。漫画からアニメ、色んな表現が好きなようで、影響を色濃く受けていることがうかがえる。内容は主に本物川の謎を追いながら、最終的に本物川が存在する世界そのものを攻略するようになっていく物語であり、中でも大長編である本物川小隊篇では、本物川自体が戦車を操縦して、敵と大立ち回りする流れがある。ただ、作者の体調の問題が大きく左右したようであり、結果として後半で力尽きたようだ。

関連項目 [編集]

  • 本物川

参考文献[編集]

外部リンク[編集]


This article "聖本物川語り" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:聖本物川語り.