祭師

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 祭師(まつりし)は、神社の境内や門前にて、奉納品を参拝者に振る舞い、無病息災を願う役。それに従事する者を指す。

解説[編集]

起源は、豊漁や五穀豊穣を祈る祭りごとにて、奉納品を参拝者に提供したことに始まり、江戸時代に遡る。香具師とは違い、元々は神事に仕える者としての役目があったため、装束を身に付け、祈祷。

露天商(テキヤ等)と同じような形状になっているが、祭師紋と呼ばれる家紋が継承されることと、各神社専属の団体であること、生ものや玩具の提供はできず、火を使って加熱した食品を提供しなければならないという戒律が存在する。また女人禁制且つ18歳未満禁制のところが多く、祭りごとに関わる(豊漁・五穀豊穣、七福神など)模様の刺青しか入れてはならない。

江戸時代は100を超える団体が存在したが、昭和に入り数を減らし始め、現存する祭師は、【11代祭師焔之衆】のみとなっている。

文献が少なく、香具師と混同されることが多かったため、注目されることがなかった役だが、2017年8月22日、兵庫県神戸市在住の飲食店店主が継承した。


This article "祭師" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:祭師.