片山雄一

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


片山雄一(かたやまゆういち、1975年10月20日 - )は東京都大田区生まれのNEVER LOSE座付き脚本家・演出家。

人物・概要[編集]

  • 1996年舞台芸術学院演劇部本科46期卒業。在学中は演出家、金杉忠男に師事する。
  • 卒業後すぐに劇団「青年団」に俳優として入団するも、約半年後自主退団する。
  • その後「無添加パーキング」としてプロデュース公演を企画し作・演出として3作品を手がける。
  • 金杉忠男他界後の1998年、NEVER LOSEを谷本進(主宰)と共に結成。現在までほぼ全ての作・演出を手がける。近年はライブハウスでの上演を前提として創られた独白演劇『四人の為の独白』など、培ってきた対話劇の手法にとどまらない、演劇の嘘を排除した新たな作品の可能性を提示し続けている。
  • 2006年には東京・名古屋の若手演劇人を集めたコミュニティ「366.0project」の発足に関わり、数回に渡り「演劇ラボ」ワークショップの講師として携わる。2008年にはワークショップ受講者との期間限定ユニット「トライフル」を旗揚げ、七ツ寺共同スタジオ提携公演を行うなど名古屋の演劇シーンとは非常に親交が深い。

執筆した戯曲[編集]

  • 『葉桜の唄』(1998年)
  • 『見下ろす月』(1998年)
  • 『F』(1999年)
  • 『1%'ers』(2000年)
  • 『FAKE』(2000年)
  • 『again』(2001年)
  • 『OVER THE SKY』(2002年)
  • 『'S(アポストロフィーエス)』(2003年)
  • 『AM3:00(ゴゼンサンジ)』(2003年)
  • 『四人の為の独白』(2005年)
  • 『タバコトーク』(2005年)
  • 『Begin at the Beginning』(2005年)
  • 『廃校/366.0【後日譚】』(2007年)
  • 『UNREAL×REAL』(2008年)

演出した舞台(NEVER LOSE外)[編集]

  • タテヨコ企画「カタカタ祭り」『そのときどきによって』(2007年10-11月:世田谷区)
  • アコースティックライブ "Standard Songs Vol. 2 - Dreams are my reality -"(2008年7月:東京・大阪)
  • 演劇ラボ期間限定ユニット「トライフル」『UNREAL×REAL』(2008年12月:名古屋市)
  • 横濱・リーディング・コレクション#FINAL 「三島由紀夫を読む!」『わが友ヒットラー』(2009年2月:横浜市)

役者としての出演[編集]

  • タテヨコ企画『となりの部屋』(1999年)
  • オッホ『興味がない』(1999年)
  • じょじ伊東プロデュースなどに参加。

外部リンク[編集]


This article "片山雄一" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:片山雄一.