Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

水谷晨

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 水谷 晨(みずたに しん、1991年 - )は、日本の現代音楽の作曲家。

略歴[編集]

3歳よりヴァイオリンを習い始め、東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校ファゴット科を卒業後に渡米、バークリー音楽大学にてジャズピアノを専攻した後、オランダのLua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not found(学士)、次いでハーグ王立音楽院ソノロジー科(修士)に進み[1]、2018年度からは桐朋学園大学の研究生となった[2]

2018年には第12回ウディネ市国際作曲コンクール(イタリア)室内楽・ソロ部門にて作品「A Study of Difference and Repetition」が第1位を受賞[3][4][5][6][2]

これまで作曲をリチャード・バーレット、ブライアン・ファーニホウ、マーク・アンドレ(Marc Andre)、ステファーノ・ジェルヴァゾーニ、クラウス-ステファン・マーンコプフ(Claus-Steffen Mahnkopf)、ミリカ・ジョルジェヴィッチ(Milica Djordjević)、ダニエル・ダダモ(Daniel d'Adamo)、フィリップ・ヒュレル(Philippe Hurel)、パナヨティス・ココラス、ディミトリ・パパゲオルギオウ(Dimitri Papageorgiou)、ランド・スタイガー(Rand Steiger)に、電子音楽をレネ・アイレンフット(Rene Uijlenhoet)、和声、対位法、および楽曲分析をラインハルト・ボーケルマン(Rijnhard Bokelmann)、フランス・デ・ベルグ(Frans de Berg)、テオ・ファルベイ(Theo Varbey)、様式学習をアリエ・ボーアス(Arie Boers)、音楽史をマルセル・ザイストラ(Marcel Zijlstra)、ジャズピアノをフランチェスカ・タンクスレー(Francesca Tanksley)、音楽美学、哲学をトン・ドミッセ(Tom Dommisse)に学ぶ[1][7][8][9]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 水谷晨 - 作曲家|Shin Mizutani - Composer” (日本語). shinmizutaniofficial. 2019年3月22日閲覧。
  2. 2.0 2.1 コンクールでの活躍”. 桐朋学園大学. 2019年4月9日閲覧。
  3. International composition competition Città di Udine - 2018 - RESULTS” (英語). www.taukay.it. 2019年4月9日閲覧。
  4. ilFRIULI.it Udine ancora capitale della nuova musica” (イタリア語). ilfriuli.it. 2019年4月8日閲覧。
  5. FuriuliSera Concorso Internazionale di Composizione “Città di Udine” – XII edizione, pervenute 517 composizioni da 56 nazioni” (イタリア語). FuriuliSera. 2019年4月8日閲覧。
  6. MassaggeroVeneto BLOG D'AUTORE” (イタリア語). BLOG D'AUTORE. 2019年4月8日閲覧。
  7. A Study of ”Difference and Repetition”(2015-2016) – 水谷晨” (日本語). 2019年3月22日閲覧。
  8. ilSUONO Contemporary Music Week | Participants 2019” (英語). ilsuonoacademy. 2019年3月22日閲覧。
  9. Delian Academy for New Music” (日本語). www.facebook.com. 2019年3月23日閲覧。


This article "水谷晨" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:水谷晨.