Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

加藤正彦

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索
かとう まさひこ
加藤 正彦
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
失踪 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
墓地 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
出身校 法政大学社会学部社会学科
職業 経営コンサルタント(住宅業界を主とする)
公式サイト http://kato-cap.jp/

加藤 正彦(かとう まさひこ)は、日本の住宅業界を中心に活動している経営コンサルタント。株式会社CAP代表。

来歴[編集]

岐阜県下呂市にて教職の両親のもとに生まれる。岐阜県立関高等学校を経て、法政大学社会学部を卒業した。

積水ハウスへ営業職として入社。2004年退社後、株式会社CAPを設立して住宅会社を対象企業としたコンサルティングを手がける。

積水ハウスでの主な経歴[編集]

  • 25半期連続で優秀社員表彰を受ける[1]
  • 支店長として全国一位の実績(契約高1位、売上高1位、営業利益1位、目標利益達成率1位、顧客満足度1位)を達成[2][3]
  • 名古屋エリアで仲間と共に住宅の現場見学会『住まいの参観日』を企画[4]
  • チームを束ねるマネージャー・支店長として1か月の契約99棟、40憶5700万円(営業61名全員成約)の新記録樹立[5]
  • 東京多摩支店長時代:年間売上160憶円(支店員120名)[5]
  • 岡崎支店長時代:年間売上120憶円(支店員108名)、社内最年少支店長として支店員1人当たり契約、売上高、営業利益、目標利益達成率、お客様満足度など積水ハウス㈱の表彰基準項目で全国108事業所(当時)中、第1位を獲得。[5]

経営コンサルタントとしての主な経歴[編集]

  • 売上に悩む関東の顧問先(月2回指導)で、1年目では30憶円から43億円に増加。2年目には60憶円、3年目で72憶円と増加。2014年度には従業員数約200名、売上高149億円を達成。[6]
  • 研修実績として、営業員1人当たり月に平均1棟以上の契約が取れるようになった会社や新入社員が全体の平均を大きく上回る1人平均6棟契約といった実績がある。[7]
  • 今までの成功事例を基に、住宅業界以外でも組織の強化や活性化をテーマとした講演を行っている。[8]

人物[編集]

  • 加藤はアイデアマンであり、気づきの人でもあると紹介されている。[9]
  • 実務経験と成功体験をもとにたどり着いた手法として「ゴキブリの法則」や「カップヌードルの法則」といった独特なネーミングかつユニークな手法を用いている。[10]
  • 顧問会社の社員と900回のメール交換を継続し、成績不振者がトップ営業に成長した事もある。[11]


エピソード[編集]

  • 当時はまだ珍しかったフリーター経験、数々のアルバイトとヒッチハイクで全国を旅する。[8]
  • 法政大学入学後は、広告研究会に所属。[8]
  • 就職にあたって志望していたマスコミ関係の企業が不況の関係でまさかの採用なし。1月になり住宅関連への志望を提出し、積水ハウスに決定する。
  • 入社3か月後の失敗として、資金計画についての知識不足により、初契約がキャンセルとなる。[12]
  • 先輩の捨てた住宅計画の無い名簿550件を元に営業活動を実施するも大きな成果は得られず。[13]
  • 東京の支店長時代では、試験的に配属した女性営業第1号が新人賞を受賞(62人中5位)。[14]
  • また、男性新入社員とは毎朝ジョギング、朝食を共にし、悩みや顧客情報を共有し、強力な人間関係を構築。業績アップし、新人賞を受賞(60人中2位)。[15]
  • 支店長時代には新人らと3年間の「交換日記」を実施し、『新入社員は上司の愛情次第で伸びる。』と確信を持つ。[16]
  • プレイングマネージャー時代には、営業トークを学ぶ「ゲイバー研修」、勇気をつける「墓場での肝試し研修」、厳しい修行の場を知る「相撲部屋研修」、”20分で食べたらタダ”を生かした「カレー大食い研修」、意識を変える「滝修行研修」、自分たちの仲間から脱落者を出さない「自衛隊体験研修」など、ユニークな新人研修を企画・実施。コンプライアンスに厳しい時代となった今では難しい研修であるが、得られた一体感や連帯感は忘れられない懐かしいものとされている。[17]
  • 『仕事は楽しんでこそ業績アップにつながる』という考え方を持ち、仕事をゲーム化。「契約量の拡大と行動量のアップ」を目的とし、「大相撲」をゲーム題材にしたり、オリンピック競技種目の「野球」、「100メートル走」、「重量挙げ」等に例えて3カ月間実施。社員のモチベーションアップにつながり、業績アップに貢献させた。[18][19]
  • 女性社員だけの見学会を実施、契約へ繋がり女性活躍を契機に「現場見学会」に力が入るようになり、組織力が向上する。[20]
  • 住宅販売後の顧客に対し、毎年「家」の引渡し日にプレゼントを持って「家」の誕生日祝いを実施。[21]
  • 「クレーム」を期待の声として捉え、「クレーム」を通じて社会の傾向やニーズを理解することができ、商品やサービスに対する気持ちを理解し今後の対応の参考としている。[22]
  • いち早く女性社員を前線に送り出し、女性の戦力化と男性の『負けていられない』を誘発し、全体のレベルアップに繋げる。[23]
  • 社員同士の横のつながりを重視し、社内に世代別サークルをつくり社内環境の向上を図る。[24]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『すごい部隊(チーム)のつくり方』ソフトバンククリエイティブ、2007年2月 ISBN 978-4-7973-3893-5
  • 『住宅業界の新入社員が1年でトップ営業になる方法』住宅新報社、2011年3月 ISBN 978-4-7892-3384-2
  • 『住宅営業の教科書』建築技術、2013年4月 ISBN 978-4-7677-0136-3

共著[編集]

刊行はすべてPHP研究所。

  • 『トップが綴る 仕事の指針・心の座標軸 -未来を拓く君たちへ-』(2006年 - 2009年版)2005年 - 2008年(年次刊行)
  • 『トップが綴る 勇気が出るいい話』2009年12月 ISBN 978-4-569-77062-8
  • 『トップリーダーが綴る 元気をもらった一言』2010年11月 ISBN 978-4-569-79258-3
  • 『トップが綴る いま伝えたい! 感謝の心』2011年11月 ISBN 978-4-569-80087-5
  • 『トップが綴る さあ、前に進もう! -私が励まされたひと言』2012年12月 ISBN 978-4-569-80769-0
  • 『トップが綴る わが人生の師』2013年11月 ISBN 978-4-569-81117-8
  • 『わが「志」を語る トップが綴る 仕事の原点・未来の夢』2014年11月 ISBN 978-4-569-81987-7
  • 『トップが綴る 人生感動の瞬間(とき) -心がふるえた出会い』2015年11月 ISBN 978-4-569-82573-1
  • 『経営トップ113人が綴る いま届けたい、”感謝”の言葉』2016年11月 ISBN 978-4-569-83347-7

連載[編集]

  • 住宅産業新聞(2005年 6月~2005年12月) 『情熱コンサルの元気日記~(拝啓 住宅営業様)』
  • 住宅産業新聞(2006年 8月~2011年 6月) 『情熱コンサルのやる気アップ作戦』
  • 日本住宅新聞(2012年 4月~2013年 3月) 『住宅コンサル加藤正彦の(工務店必勝法)』

雑誌[編集]

  • 「月刊PHP2005年9月」
  • 「ザッツ!営業」日本実業出版社2006年春号
  • 「商工にっぽん」2006年12月号
  • 「日経ホームビルダー」2009年9月号

講演[編集]

  • 島根銀行 『住まいの参観日』を考えた男が語る現場見学会の成功法[25]
  • 三好不動産 『すごい部隊(チーム)のつくり方』[26]
  • 日本プランニングアート 『感動営業・やる気アップ作戦』[27]
  • 高山信用金庫 『「すごい営業部隊のつくり方」~集団をすごい組織に変える!~』[28]
  1. 効果的なプレゼンテーション
  2. 『行動』から『考動』へ、売れない時代はこうすればいい
  3. 施主の心をとらえる提案
  4. 顧客の心をつかんで離さない集客術と接客術
  • 経営堂 メルマガ第106号『出版に成功したコンサルタントに聞く ~加藤正彦氏』[30]

他にも株式会社CAPのホームページ[31]には多数の講演実績の記載あり。

出演[編集]

・名古屋テレビ報道番組『UP!』にて“賢く稼ぐ!最新副業事情”の特集に出演

脚注[編集]

  1. 『トップリーダーが綴る 元気をもらった一言』PHP研究所 203頁。
  2. 『2006年 トップが綴る 仕事の指針・心の座標軸‐未来を拓く君たちへ‐』PHP研究所 115頁。
  3. 『トップが綴る さあ、前に進もう -私が励まされたひと言』PHP研究所 254頁。
  4. 『2007年 トップが綴る 仕事の指針・心の座標軸‐私の生き方・考え方‐』PHP研究所 81頁。
  5. 5.0 5.1 5.2 『人材育成の教科書』ダイヤモンド社 74頁
  6. 『人材育成の教科書』ダイヤモンド社 75頁
  7. 『人材育成の教科書』ダイヤモンド社 75頁ー76頁
  8. 8.0 8.1 8.2 株式会社CAP-プロフィール(http://kato-cap.jp/profile.html) 2019年5月26日閲覧。
  9. 『人材育成の教科書』ダイヤモンド社 82頁
  10. 『人材育成の教科書』ダイヤモンド社 78頁。
  11. 『人材育成の教科書』ダイヤモンド社 84頁。
  12. 『住宅業界の新入社員が1年でトップ営業になる方法』住宅新報社 88頁。
  13. 『住宅業界の新入社員が1年でトップ営業になる方法』住宅新報社 91頁。
  14. 『住宅業界の新入社員が1年でトップ営業になる方法』住宅新報社 108頁。
  15. 『住宅業界の新入社員が1年でトップ営業になる方法』住宅新報社 114頁。
  16. 『住宅業界の新入社員が1年でトップ営業になる方法』住宅新報社 120頁。
  17. 『住宅業界の新入社員が1年でトップ営業になる方法』住宅新報社 117頁。
  18. 『住宅営業の教科書』㈱建築技術 48頁。
  19. 『住宅営業の教科書』㈱建築技術 126頁。
  20. 『住宅営業の教科書』㈱建築技術 52頁。
  21. 『住宅営業の教科書』㈱建築技術 142頁。
  22. 『住宅営業の教科書』㈱建築技術 154頁。
  23. 『すごい部隊のつくり方』ソフトバンククリエイティブ 78頁。
  24. 『すごい部隊のつくり方』ソフトバンククリエイティブ 193頁。
  25. 島根銀行(https://www.shimagin.co.jp/other/jyutaku_seminar_2016.html) 2019年6月6日閲覧
  26. 三好不動産(https://www.fukuoka-keizai.co.jp/news/%E5%85%83%E7%A9%8D%E6%B0%B4%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E5%96%B6%E6%A5%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E6%8B%9B%E3%81%8D%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A%E3%80%80%E4%B8%89%E5%A5%BD%E4%B8%8D/) 2019年6月6日閲覧
  27. 日本プランニングアート(http://www.npa.co.jp/seminar_info/past/201004.html) 2019年6月6日閲覧
  28. 高山信用金庫(https://www.takashin.jp/pdf/news/news2010_0810.pdf) 2019年6月6日閲覧
  29. 住宅新報(https://www.jutaku-s.com/news/id/0000000065) 2019年6月6日閲覧
  30. 経営堂(http://www.keieido.net/publish_mag/106.html) 2019年6月6日閲覧
  31. 主な講演・セミナー・研修実績(http://kato-cap.jp/list.html)

外部リンク[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found


This article "加藤正彦" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:加藤正彦.

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。