今川碧海

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索
いまがわ あおい
今川 碧海
本名 今川 碧海
別名義 あおい
生年月日 (1999-01-30) 1999年1月30日(22歳)
出生地 日本の旗 日本・東京都
身長 163cm
血液型 A型
職業 歌手、ダンサー、俳優、声優
活動期間 2010年 -
事務所 砂岡事務所
公式サイト MeseMoa. [1]
トラフィックライト。[2]
受賞
第28回『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』審査員特別賞
備考
MeseMoa.、トラフィックライト。 のメンバー
テンプレートを表示

今川 碧海(いまがわ あおい、1999年1月30日 - )は、日本の男性歌手、俳優、声優、タレント。男性アイドルグループ MeseMoa.、およびダンスボーカルユニット トラフィックライト。 のメンバー。愛称はあおい。東京都出身。

来歴[編集]

小学3年生の時に突然「芸能人になるわ」と宣言。母親に勧められて歌とダンスを習い始める。習い事が忙しく嫌になり始めた頃にニコニコ動画の踊ってみたに出会い、ダンス教室の先生と一緒に踊った初投稿の動画で見事ニコニコダンスマスター3への出場権を獲得。この時大勢の観客の前でパフォーマンスする楽しさに目覚める。それから積極的に動画投稿をし始め人気を集める。[1]

2012年、むすめん。結成。リーダーの白服に誘われ加入。オリジナル曲の発表、ライブ活動とインターネット上の活動が主だった状態から外の世界へと活動の範囲を広げていく。

同年、K-pop Cover Dance Festivalにチーム出場。日本予選で優勝、世界大会で2位になる。

2015年、仮面ライダーになりたいというかねてからの夢を叶えるため応募したジュノン・スーパーボーイ・コンテストで審査員特別賞を受賞。 [2] [3] この受賞をきっかけに砂岡事務所に所属。俳優業への一歩を踏み出した。

2016年、ダンスボーカルユニットトラフィックライト。結成。 [4] メジャーデビューを果たす。オリコン週間ランキング10位以内を目標に掲げ、半年かけてリリースイベントで全国を回る。結果、初登場9位にランクイン。 [5] CDTVの「2017年にブレイクすると思うアーティストランキング」10位にトラフィックライト。が選ばれる。 [6]

人物[編集]

  • 家族そろってハロプロファン。グループでは特に℃-ute、モーニング娘。では元メンバーの鞘師里保推し。[7]
  • 好きな食べ物は枝豆[8]、好きなアニメはドラゴンボール。[9]
  • 憧れの人はAAAの西島隆弘。歌、ダンス、演技のパフォーマンス力に憧れている。[10]

出演[編集]

MeseMoa.、トラフィックライト。での活動はそれぞれのページを参照。

TV[編集]

  • 戦国鍋TV(2010年4月–2012年9月 テレビ神奈川他)ー種田亀
  • 猫のひたいほどワイド(2017年4月3日 -、テレビ神奈川) - 猫の手も借り隊(月曜日(2018年3月まで)→水曜日(2018年4月から)リポーター)

ドラマ[編集]

  • 怪獣倶楽部~空想特撮青春記~(2017年6月4日-MBS、TBS)-サトル役

アニメ[編集]

  • 戦国鳥獣戯画(2016年10月9日 - KBCテレビ他)-前田利家 役ほか[11]
  • 世界の闇図鑑(2017年4月2日- テレビ東京
  • 闇芝居(2017年7月3日- テレビ東京

映画[編集]

  • SeaOpening(2018年)

舞台[編集]

  • 劇団「秦組」 vol.3 『らん』(2010年7月7日〜11日 俳優座劇場)
  • 『TRICKSTER 〜the STAGE〜』(2017年4月12日〜16日、Zeppブルーシアター六本木) - 山根たすく役
  • リーディングドラマ『SISTER』(2017年10月26日〜26日 博品館劇場)
  • ミュージカル『Cry for the MOON-月に捧げる唄―』(2017年12月21日~12月26日 よみうり大手町ホール)-主演
  • 砂川事務所プロデュース『東海道四谷怪談』(2018年3月17日〜25日 よみうり大手町ホール)-お梅

ライブ・イベント[編集]

  • 「ニコニコダンスマスター3」(2011年10月15日、ニコファーレ)
  • 「K-POP COVER DANCE FES'"Dream on"vol.5」(2012年3月27日、Shibuya O-WEST)
  • 「ニコニコ超会議2012」(2012年4月28日〜29日、幕張メッセ)
  • 「ニコニコ超パーティー」(2012年4月28日〜29日、幕張メッセ
  • 「喋ってみたinヨシモト∞ホール」(2012年5月5日、ヨシモト∞ホール)
  • 「ニコニコダンスマスター4」(2012年8月18日、ディファ有明)[12]
  • 「K-POP COVER DANCE FESTIVAL」日本本戦(2012年9月3日、 品川区立総合区民会館)-優勝
  • 「OTA NIGHT」(2012年7月29日、渋谷WOMB)
  • 「お台場韓流FESTIVAL」(2012年9月1日、お台場ヴィーナスフォート)
  • 「K-POP COVER DANCE FESTIVAL」世界決勝大会(2012年9月22日、韓国)-2位
  • 「Flash Memory360°」(2012年10月24日、TOKYO FMホール)
  • 「喋ってみた 年末スペシャル」(2012年12月9日、ヨシモト∞ホール)
  • 「Smile Power Countdown Live!!2012-2013」(2012年12月31日、東京、大塚Deepa)
  • 「K-POP COVER DANCE FES' "DREAM ON!"vol.7」(2013年1月5日、Shibuya O-EAST)
  • 「ODOROOM PATY」(2013年1月27日、東京都 SOUND MUSEUM VISION)
  • 「ニコニコ超会議2」(2013年4月27日〜28日、幕張メッセ)
  • 「ODOROOM LIVE TOUR2013~斜め前向きな Real Network Dance Communication~」

(2013年4月7日札幌BESSIE HALL、4月21日福岡Early Believers、5月3日名古屋HOLIDAY NEXT、5月04日大阪Ash OSAKA、5月12日東京ASTRO HALL)[13]

  • 「KM Party!!vo.1~Euphoric Garden~」(2013年7月13日、Birth Shinjuku)
  • 「NetStage Fiesta 2013」(2013年6月30日、香港、九龍湾国際展貿中心Rotunda3)
  • 「MARBLE WONDERLAND by ASIA 可愛 WAY」(2013年8月18日、赤坂BLITZ)
  • 「ニコニコ超パーティーⅢ」(2014年4月26日、27日、幕張メッセ)
  • 「ニコニコ超会議3」(2014年4月26日〜27日、幕張メッセ)
  • 「UFアニメフェスティバル」(2014年8月15日 中国、深セン)
  • 「デジタル芸人LIVE」(2014年10月28日、埼玉、大宮ラクーンよしもと劇場)-審査員
  • 「セブン&アイ・ホールディングス 2017バレンタイン発表会」(2017年1月19日)[14]
  • 「戦国鳥獣戯画・戯画ちゃんねる」公開収録(2017年2月17日、テレビ神奈川)
  • 「ニコこれーメンズこれくしょんvol.4ー」(2017年2月17日、HOLIDAY SHINJUKU)
  • 「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト30周年記念ギャラリー」(2017年07月21日、HMV&BOOKS TOKYO)
  • 「CICFEXPO2017」中国国際漫画節(2017年10月1日〜5日、中国・広州)-出演、審査員
  • 「東京ゲームショウ2017」KING OF PRISM プリズムラッシュ!LIVE avex picturesステージ (2017年9月23日、幕張メッセ)
  • 「エクストリームbeauty」公開収録(2017年11月28日、共同通信会館)
  • 「ニコニコ踊ってみたフェス Powered by Japan Airlines」(2017年12月28日、羽田空港格納庫)
  • 『猫のひたいほどワイド 祝2周年感謝祭 〜お雛様からの挑戦状〜』(2018年3月3日、藤沢市民会館大ホール)

脚注[編集]

出典[編集]

  1. 今川碧海 むすめん。最年少にして最強のエース「やればできる、ただ頑張るだけ」ライブドアニュース (2016年3月9日) 2017年2月6日閲覧
  2. ジュノン・スーパーボーイ、今年は「稀に見る接戦」個性放った審査員特別賞の2人に注目modelpress (2015年11月24日) 2017年2月6日閲覧
  3. 『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』圧倒的な存在感を発揮した審査員特別賞の2人に注目Deview(2015年11月26日)2017年2月6日閲覧
  4. むすめん。あおい、白服、気まぐれプリンスがユニット結成
  5. “トラフィックライト。”1stシングルが週間9位獲得、SNSや動画共有サイトなどで活躍する3人組music.jpニュース (2016年11月22日)
  6. CDTVアンケート”. TBS「CDTV」. 2017年1月14日閲覧。
  7. 今川碧海 むすめん。最年少にして最強のエース「やればできる、ただ頑張るだけ」ライブドアニュース (2016年3月9日) 2017年2月6日閲覧
  8. 『しぇあむす』(2015年12月2日 KADOKAWA)
  9. 『JUNON』2016年8月号
  10. 今川碧海 むすめん。最年少にして最強のエース「やればできる、ただ頑張るだけ」ライブドアニュース (2016年3月9日) 2017年2月6日閲覧
  11. TVアニメ『戦国鳥獣戯画〜甲〜』深澤大河さん・峯田大夢さんら第二弾キャスト発表! 俳優・アイドル・コスプレイヤーが集結!? アニメイトタイムズ(2016年9月13日) 2017年02月07日閲覧
  12. 15万人が熱狂!踊り手たちの祭典『ニコニコダンスマスター4』が開催ORICON NEWS(2012年08月23日)2018年1月16日閲覧
  13. 「ODOROOM」主催ボカロ×ダンスイベントが5都市巡業 - 音楽ナタリー(2013年3月5日)2018年1月16日閲覧
  14. 「〇〇されたら男性はメロメロ」イケメンが語る‟バレンタインデー”とは?稲葉友・黒羽麻璃央・今川碧海がトーク/セブン&アイ 2017バレンタイン発表会iLIP (2017年1月19日) 2017年2月7日閲覧

関連項目[編集]

  • MeseMoa.
  • トラフィックライト。

外部リンク[編集]


This article "今川碧海" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:今川碧海.