久野輝夫

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索



Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 久野 輝夫(くの てるお、1960年1月 - )は、日本の中国学者、中国研究者。

来歴[編集]

愛知県名古屋市生まれ。 小学5年生のときに名古屋で開催された第31回世界卓球大会の小学生親善対抗試合に参加。以来、中国との関係を持つ。学生時代には中国の天津外語学院へ語学留学、のち松浦薬業(株)子会社の三松貿易(株)(名古屋市中区)へ就職、広州交易会には入社後2週間で参加した最短記録を持つ。1983年、84年には松浦薬業の中国駐在事務所長代理を務め、帰国後、日本国内で漢方薬のMRとして勤務。天安門事件を機に会社が北京事務所の縮小を行うと同時に退社、貿易会社を設立。中国、香港、中国に合弁会社、独資会社を設立し、日中間でビジネスを行う一方、医療法人の理事長補佐として老人保健施設の開設にも参画した。学生時代から中国からの帰国者へ日本語を教えるとのボランティア活動を行っていた。名古屋を訪れた第一次公費の中国からの留学生らと春節の際に餃子を作ることをはじめ、以来24年間にわたり名古屋での留学生春節祭を行った。この行事は名古屋に領事館が開設されるまで継続された。

日中間のビジネスに携わるなか、中国へ進出する企業がある一方で撤退する企業が多いことに注目、その大きな理由に「お互いの理解の不足」が日中双方にあること、次世代の若者の「お互いの理解」を目的とした教育が必要であると感じ、大学の教員になることを目標に大学院に学ぶ。以後、専門学校、高校の非常勤講師、短期大学の非常勤講師を経て、中国ビジネスの研究、教育と留学生への日本語教育などにあたったこともあった。

各地で中国ビジネスの講演、企業研修での講演会も行っている。北朝鮮の内政問題にも精通しており、北朝鮮、中国国内に独自の情報網を有している。北朝鮮の内情に詳しく金正日の死亡に関してのコメントを行っている。また、内閣府、公安調査庁の北朝鮮への拉致事件、警察の国際調査にも協力している。

2013年、大学の留学生募集のブローカーとトラブルとなり娘を殺すと脅迫される。 このトラブルから事件となる。 脅迫は警察に被害届けが提出されるが放置された。結果、原因は明らかにされず。示談となる。この被害者であり加害者が、久野先生が知人を殺したと嘘を述べる。 殺人で逮捕、不起訴となる。以後3年あまり、本人はわけのわからない裁判をうける。 のち、受刑。 2022年4月、仮釈放。 2013年に逮捕された事件は後に示談。 2014年保釈中に、殺人で逮捕される。 殺人は調査の結果に不起訴となる。 以後、3年あまり本人はわけのわからない裁判を受ける。2016年末、判決文に添付の書類は警察の捜索証拠が虫食いに消されたものであった。 高裁に上申の決定、さきの示談した事件以外は勾留停止となる。抗議の自殺をする。 車椅子の生活となるが半年あまりの後、一般受刑。 証拠が改竄されていたことは、法務大臣あてに上申、その上申書は書留で返送される。 以後、自らが裁判所に改竄証拠が提出されていたことをメディアに公表。  すべての証拠は本人も保管。 今後の対応は再審は考えるていない。 裁判所も改竄された証拠では誤認してもあたりまえである。告発書を書留で返送することはあってはならないことであると考えている。 久野輝夫 文責

脚注[編集]


This article "久野輝夫" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:久野輝夫.