中條現子

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 中條 現子(なかじょう あきこ、旧名仲條 亮子、本名中条 亮子、1967年12月26日 - )は、日本のフリーアナウンサー、元ブルームバーグテレビジョン(旧名ブルームバーグ情報テレビ)代表取締役社長。早稲田大学大学院ファイナンス研究科非常勤講師。

人物・経歴[編集]

千葉県海上郡海上町(現・旭市)出身、血液型はO型、身長164cm。千葉県立匝瑳高等学校[1]、立教女学院短期大学、早稲田大学政治経済学部(学科入試とは異なる社会人コース)卒業。シカゴ大学経営大学院修了(MBA取得)。ハーバード大学AMP修了。所属事務所はフォーサイトファイブ。

短大卒業後、1年間の国際ボランティア活動を経て1989年にテレビ東京へ入社。パーソナリティ室専属アナウンサーとなり、「TVコロンブス」や「ビジネスマンNEWS」を担当したが、2年後の1991年に退社しフリーへ転向する。

その後は早稲田大学政治経済学部(社会人コース)に通いながらテレビ朝日のやじうまワイド、CNNデイウォッチに出演。大学卒業直前の1996年には開局間もないブルームバーグテレビジョン取材キャスターとなり、翌1997年からブルームバーグテレビジョン日本法人の代表取締役社長へ就任するも同氏の威圧的な経営態度や社員への強制退職命令乱発、また妊娠中の女性アナウンサーに深夜から未明の勤務シフトを命じ基準監督署から営業停止を警告されるなど内外で反発や問題が相次ぎ、怪文書が出回る始末。

「週刊文春」の2000年(平成12年)7月6日号には『大手通信社を揺るがせた日本人13人の直訴状』との見出しで個人に関する記事が実名入りで掲載された。 

2009年に退社し、早稲田大学大学院ファイナンス研究科非常勤講師になった。他にNPO法人大丸有エリアマネジメント協会理事やGoogleの執行役員も務める。

私生活では2児の母でもある[2]

共著[編集]

  • 『ハーバードの「世界を動かす授業」 ビジネスエリートが学ぶグローバル経済の読み解き方』、徳間書店、2010年8月、ISBN-13: 978-4198630041 リチャード・ヴィートー共著

出演した番組[編集]

  • ビジネスマンNEWS
  • やじうまワイド
  • CNNデイウォッチ

脚注[編集]

  1. 『創立七十周年記念誌』千葉県立匝瑳高等学校 1995 p.57
  2. [1]『エコッツェリアCSRレポート』の中で本人が明かしている。

外部リンク[編集]


This article "中條現子" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:中條現子.