中村友里子 (ミス・アース)

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 中村友里子(なかむら ゆりこ、1994年2月16日 - )は2019年、ミス・アース・ジャパンファイナリスト。女優の中村友里子は別人。

経歴[編集]

1994年[1]2月16日[2]、 矢板市に[3]生まれる。

2012年4月、立教大学経済学部経済学科入学。3年生在学中に「ミス立教コンテスト2014」に出場[2]。ファイナリスト [4]

2019年5月19日、宇都宮市のホテル東日本宇都宮で開催された「ミス・アース・ジャパン栃木大会」に出場。優勝。地元の豊かな自然について日本語でスピーチしている途中頭が真っ白になり、途中から英語に切り替えた[5]

7月5日、下野新聞の取材に対し、「栃木の魅力を全国に発信し、グランプリ(=日本代表)になってお世話になった人に恩返ししたい」とコメント[1]

7月22日、「2019ミス・アース・ジャパン」に出場(ファイナリスト)[6]。入賞ならず(第16位)[4]。ファイナリストには香川県代表として元AKB48の冨田麻友が含まれていた[6]

2019年現在、東京で[7]会社員として[3]働きながら、月に2回ほど矢板市に帰ってミス・アース栃木代表として活動する。矢板市のお祭りやイベントを盛り上げて行く予定である[7]

その他[編集]

もともと人前に出るのが得意で、中学校在学中は英語スピーチコンテストに出場したこともある。2014年の矢板市成人式では実行委員となり司会を務める。

大学卒業後、2年間カナダに留学している[5]

趣味はホットヨガ、読書、水族館巡り、旅行。特技はテニス、ピアノ、フラダンス[2]

身長165cm。スリーサイズ86-60-88[8]

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 「談話室」『下野新聞』、2019年7月6日。
  2. 2.0 2.1 2.2 Entry No.6 中村友理子”. MISS COLLE. 株式会社エイジ・エンタテインメント. 2019年12月26日閲覧。
  3. 3.0 3.1 「ミス・アース」栃木県代表が来社 矢板市出身の中村さん”. shimotsuke.co.jp. 株式会社下野新聞社 (2019年7月6日). 2019年12月26日閲覧。
  4. 4.0 4.1 2019 ミス・アース・ジャパン栃木大会に公式カメラマンとして参加しました(後篇)”. pro-reversi.com. プロモーションオフィス リバーシ (2019年8月30日). 2019年12月26日閲覧。
  5. 5.0 5.1 「美+環境保全=ミス・アース」『やいた応援かわら版』第19号、矢板市役所、2019年8月1日。
  6. 6.0 6.1 元AKB48冨田麻友も参戦! ミス・アース・ジャパン、ファイナリストがお披露目”. news.mynavi.jp. (株)マイナビ (2019年6月12日). 2019年12月26日閲覧。
  7. 7.0 7.1 ミスアースジャパン栃木代表”. 矢板・かも・ストロール. 株式会社エフエム栃木 (2019年9月1日). 2019年12月26日閲覧。
  8. 2019 FINALISTS”. miss-earth.com. 2019年12月26日閲覧。


This article "中村友里子 (ミス・アース)" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:中村友里子 (ミス・アース).