Welcome to EverybodyWiki ! Nuvola apps kgpg.png Sign in or create an account to improve, watchlist or create an article like a company page or a bio (yours ?)...

モバットのしみ

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

モバットのしみはペンタクロム染色もともとはトロントのハンガリー系カナダ人の病理学者であるヘンリー・ゾルタン・モバット(1923–1995)、によって開発されました[1] 1955年に、結合組織、特に心血管組織のさまざまな構成要素を1つの染色スライドで5色で強調しました。[2] 1972年、H。K. Russell、Jr.は、染色時間を短縮し、染色の一貫性と信頼性を高めるために、この手法を修正しました。[3]

結果の解釈[4]
組織の種類
ブラック 核; 弾性繊維
コラーゲン繊維; 網状線維
青い 粉砕物; ムチン
真っ赤 フィブリン

用途[編集]

変更されたラッセル•モバット染色は研究に使用されます心臓、血管そして結合組織。また血管疾患や肺疾患の診断にも使用できます。[5]

参照資料[編集]

This article "モバットのしみ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:モバットのしみ.

  1. Pathology News: Newsletter, Vol. 3, No. 4: April 1996”. Department of Pathology and Molecular Medicine, Queen's University. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. Movat, HZ (1955). “Demonstration of all connective tissue elements in a single section; pentachrome stains”. AMA Archives of Pathology 60 (3): 289–95. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. 
  3. Russell Jr, HK (1972). “A modification of Movat's pentachrome stain”. Archives of Pathology 94 (2): 187–91. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. 
  4. Penn MCRC > Modified Movat's Pentachrome Stain”. Perelman School of Medicine, the University of Pennsylvania. 2012年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月8日閲覧。
  5. http://www.histalim.com/accueil/activities/our-services/histology/modified-russel-movat/

Compte Twitter EverybodyWiki Follow us on https://twitter.com/EverybodyWiki !

Farm-Fresh comment add.png You have to Sign in or create an account to comment this article !<comment-streams/>