モッズクリニック

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

モッズクリニック
創立者 長野寛史
団体種類 医療法人
設立 2016年
所在地 東京都中央区銀座3丁目9番6号VORT銀座maxim8階
法人番号 2010005029016
主要人物
  • 長野寛史(院長)
  • 北条誠至
活動地域 日本の旗 日本
活動内容
  • 美容外科
ウェブサイト スクリプトエラー: モジュール「URL」はありません。
テンプレートを表示

モッズクリニックは、東京・銀座に拠点を置くる美容整形、脂肪吸引、脂肪注入を提供している美容外科クリニックである。院長の長野寛史医師は脂肪吸引のパイオニアとしてフジテレビ系列のホンマでっか!?TVに出演。

概要[編集]

2016年に東京都中央区銀座に院長である長野寛史医師が開院させる。2019年現在ではドクター2名で診療しており、2020年には大阪院の開院も予定されている。主に脂肪吸引と脂肪注入を中心に診療を行なっており、

特徴[編集]

モッズクリニックの特徴は、脂肪吸引と脂肪注入施術を中心とした診療を行うことである。これは行う施術内容を絞って診療を行うことで専門性を高め、手術の技術向上と術後のケアに十分な時間を取ることを目的としている。特にベイザー脂肪吸引を中心に施術を行い、その他には採取した脂肪を豊胸に利用する脂肪注入豊胸(主にコンデンスリッチ豊胸)や、同じく脂肪を利用したエイジングケア施術を行う。

ダウンタイムへの取り組み[編集]

モッズクリニックは脂肪吸引施術において術後に必ず起こるダウンタイムに対して様々な取り組みをしている。チュメセント液(麻酔薬や止血剤)の組成の工夫や脂肪層に合わせた正確なチュメセント液の散布など、通常行われていることはもちろんのこと、麻酔液をできる限り体内に残さないために、絞り出し作業を2回行うという徹底したダウンタイムへの対策を行なっている。また、患者が希望することにより施術当日には傷跡を縫合せず、翌日に縫合を行うことで極限まで麻酔液を体内から出すという方法を取ることもできる。これらの取り組みは、可能な限り麻酔液を体内に残さないことが術後に起こる腫れやむくみといった症状を軽度に、かつ短く済ませることを目的として行われている。

施術後の傷跡[編集]

モッズクリニックの脂肪吸引施術の特徴として、施術時に付ける傷跡の位置があげられる。傷跡を他人から目に付きやすい位置に付けるのではなく、顔であれば耳の裏、腕であれば肘のシワの中など、目立ちにくい位置や傷跡だとわかりにくい位置に付けて施術を行う。これは術後少なからず目立ってしまう傷跡により、患者が脂肪吸引施術を受けたことが他人にバレてしまうようなことを防ぐための取り組みである。


外部リンク[編集]

  • スクリプトエラー: モジュール「Official website」はありません。


This article "モッズクリニック" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:モッズクリニック.