マルコ・アントニオ・アビラ・ラバナル

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索



この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の姓)はアビラ、第二姓(母方の姓)はラヴァナルです。
マルコ・アントニオ・アビラ・ラヴァナル
Marco Antonio Ávila Lavanal
Marco Antonio Ávila (2022).jpg
2022年のマルコ・アントニオ・アビラ
生年月日 (1977-08-30) 1977年8月30日(44歳)
出身校 シルバヘンリケスカトリック大学
テンプレートを表示

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

マルコ・アントニオ・アビラ・ラヴァナルMarco Antonio Ávila Lavanal, 1977年8月30日、サンティアゴ・デ・チリ) [1] [2]は、チリのスペイン語教師、政治家、左派政党Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not found (RD) 所属。2022年3月11日より、ガブリエル・ボリッチ政権下で同国の教育大臣を務めている[3]

経歴[編集]

父エンリケ・ベニト・アビラ・エルナンデスと母マルタ・エウゲニア・ラヴァナル・アラヤの子としてサンティアゴに生まれる。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not foundLua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not foundで中等教育課程を修了した [2]。その後、スペイン語の教師を目指して勉強し、技術教育ユニット(UTP)の責任者やさまざまな教育施設でディレクターとして活躍した。[3]その後、カトリック大学シルバ・ヘンリケス校で教育・イノベーションの修士号を取得 [4] [5]

2001年から2008年までベレン・エデュカ財団で言語・コミュニケーションの教師として勤務し、2013年から2015年までEmprender Educational Corporationに属する学校のディレクターも務め、同時期にDiego Portales University(UDP)のDiploma in Tools for Technical-Pedagogical Managementのコーディネータを務める [4]。同様に、ミシェル・バチェレ第2次政権時の2015年から2018年にかけて、文部省の中等教育全国コーディネーターを務めた [5]。また、EducarChileのコンテンツ・コーディネーターも務めている [6]

民主革命党員であり、2022年1月21日に次期政権の教育大臣に任命された。その年の3月11日に就任し、14年ぶりに教師出身の教育大臣となった[注釈 1] 。スポーツ省のアレクサンドラ・ベナドとともに、チリではじめてゲイであることを公表した国務大臣となった [7] [8]。就任まではチリ財団のプロジェクトマネージャーも務めていた。 [9]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 体育教師だったLua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not foundがミシェル・バチェレ政権下で2006年から2008年まで教育大臣を務めていたが、その後は弁護士や経済学者などが教育大臣の職に就いていた。

出典[編集]

  1. Servicio de Registro Civil e Identificación (1977). Inscripción de nacimiento, núm. 4.154, circrunscripción Quinta Normal. 
  2. 2.0 2.1 Díaz, Felipe (21 de enero de 2022). “Quién es Marco Antonio Ávila, el nuevo Ministro de Educación de Gabriel Boric”. La Tercera. 21 de enero de 2022閲覧。
  3. 3.0 3.1 Bravo, Diego (21 de enero de 2022). “Quién es Marco Antonio Ávila: el ministro de Educación que es profesor”. ADN Radio Chile. 21 de enero de 2022閲覧。
  4. 4.0 4.1 Hermosilla, Ignacio (21 de enero de 2022). “El lapsus de Boric: Marco Antonio Ávila no será el primer profesor ministro de Educación”. Biobiochile.cl. 21 de enero de 2022閲覧。
  5. 5.0 5.1 ¿Es Marco Antonio Ávila el primer profesor en el Ministerio de Educación?”. CNN Chile (21 de enero de 2022). 21 de enero de 2022閲覧。
  6. Participa en los foros sobre educación artística audiovisual”. EducarChile (15 de junio de 2021). 21 de enero de 2022閲覧。
  7. Movimiento de Integración y Liberación Homosexual [@Movilh] (21 de enero de 2022). "Histórico: Marco Antonio Ávila, un profesor abiertamente gay asume como Ministro de Educación. ¡Viva Chile mierda! Felicitaciones" (ツイート). Twitterより。 |date=の日付が不正です。 (説明); Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。
  8. Rompiendo el Silencio [@AgrupalesbicaRS] (21 de enero de 2022). "Como mucha emoción, le deseamos todos el éxito en su gestión a nuestra compañera Alexandra Benado @AleBenado que hace historia como la primera mujer abiertamente lesbiana en un cargo ministerial como el de deportes. Hoy ex integrante de nuestra agrupación #cambiodegabinete" (ツイート). Twitterより。 |date=の日付が不正です。 (説明); Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。
  9. Realpe, Rodrigo (21 de enero de 2022). “¿Quién es Marco Antonio Ávila? El profesor que se hará cargo del Ministerio de Educación”. Publimetro. 21 de enero de 2022閲覧。

外部リンク[編集]

  • Lua エラー モジュール:Twitter 内、8 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "マルコ・アントニオ・アビラ・ラバナル" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:マルコ・アントニオ・アビラ・ラバナル.