フランス信仰告白

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found フランス信条はガリカン信条、ユグノー信条、ラ・ロシェル信条などの別名がある。それはカルヴァン自身の手になったことにより有名である。起草には少し込み入った事情がある、カルヴァンが起草したものを、その弟子アントワーヌ・シャンディーユが手を加えたと言われている。また逆にカルヴァン自身が手を加えたとも伝えられる。起草者として、複数の名を用いて報告しているからである。またこの信条は1559年のものと、1571年のラ・ロシェル大会で採択されたものとの二種類ある。

フランス人とはいえ、カルヴァンはフランスの教会には直接指導が出来ず、告白に対しても少しの相違があったようである。それが著しかったのは第一部「神と啓示」の項である。

信条の内容であるが、四十箇条はフランス王への献辞に続く、八っつの部分に分けられる、「神と啓示」「人間とその原罪」「イエス・キリスト」「救いの業」「教会、その本質」「教会、その組織」「聖礼典(カトリックで言う秘跡)」「公権力」の八っつである。

ルターが聖書を馬槽に例え、全聖書を信仰義認、ローマ書から見ているのに対し、改革教会は、正典全体を重要なものとして見ている点でルターとは異なっている。(それゆえヤコブの手紙、エステル書を軽視する態度は見られなかった)

選びを人間論とキリスト論の間に、律法を聖化と教会論の間に置くのも、その特徴である。教会の秩序や組織についても、比較的に詳しく、述べられている。


第一部、神と啓示

1. 神

2. 啓示

3. 聖書

4. 信仰の規準たる聖書

5. 聖書の権威

6. 三位一体

7. 創造

天使と悪魔

8. 神的摂理

第二部、人間とその罪

9. 最初の純潔と人間の堕落

自然宗教の不可能性
恩恵の必要

10. 罪の遺伝

11. 罪の宣告

罪の持続性

第三部、イエス・キリスト

12. イエス・キリストに於ける選び

13. 救いのキリスト性

14. イエス・キリストの神性と人性

15. キリストの両性

第四部、救いの御業

16. キリストの死

17. 人間の和解

18. 無償の赦免

19. 祈り

20. 信仰義認

21. 信仰の賜物

堅持の賜物

22. 人間の再生

23. 律法と預言者たちの効果

24. 偽りの教理の拒否

第五部、教会とその本質

25. 説教と聖礼典

26. 教会の唯一性

27. 真の教会

28. 偽りの教会

教皇派

第六部、教会とその組織

29. 職制(牧師、長老、執事の聖定)

30. 牧師の平等性

教会の平等性

31. 召命

内的召命

32. 教会間の一致

各個教会的用法

33. 規則と教会規程

除名(排斥)

第七部、聖礼典

34. 聖礼典一般

35. 洗礼(バプティズム)

幼児洗礼

36. 聖晩餐

37. 聖礼典の効力

38. 聖礼典の必要性

第八部、公権力

39. 政府の必要性

官憲(剣)
官吏(及び権力を持つ者)に払うべき敬意

40. 官憲への義務としての服従

出典[編集]

「改革教会信仰告白要覧」--永井修:著、編集:全国連合長老会、発行者:全国連合長老会出版委員会、平塚富士見町教会内。


This article "フランス信仰告白" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:フランス信仰告白.