ニコラス・グラウ・ベロソ

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索



この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の姓)はグラウ、第二姓(母方の姓)はヴェローゾです。
ニコラス・アンドレス・グラウ・ヴェローゾ
Nicolás Andrés Grau Veloso
Nicolás Grau Veloso (2022).jpg
2022年のニコラス・グラウ
生年月日 (1983-04-09) 1983年4月9日(39歳)
出身校 チリ大学
配偶者 Catalina Amenábar
テンプレートを表示

ニコラス・アンドレス・グラウ・ヴェローゾNicolás Andrés Grau Veloso, コンセプシオン、 1983年4月9日)は、チリの商業技術者、経済学者、政治家。2022年3月11日現在、ガブリエル・ボリッチ政権で同国の経済・開発・観光大臣を務めている。 [1]2005年から2006年にかけて、チリ大学学生連盟(FECh)の会長を務め、動員時の大学幹部の一人であった。

バイオグラフィー[編集]

家族と研究[編集]

1983年4月9日、チリ・コンセプシオンにて生まれる。フランシスコ・グラウ・マスカヤノと、ミシェル・バチェレ第1次政権時の大統領府事務局長だったパウリナ・ヴェローゾの息子である。 [2]幼い頃、家族とともにサンチアゴに移り住んだ。 [3]弟のマティアス・グラウは、職業は土木技師で、2022年4月にガブリエル・ボリック政権によって、社会開発・家族省社会評価事務局の「緊急カダストリーユニット」コーディネーターに任命された。[4]

チリの首都ラ・フロリダにあるライマプ・スクールで小中学校に通った。 [5]その後、チリ大学経済・ビジネス学部(FEN)で商業工学を学び、 [6]その間、2005年から2006年にかけてチリ大学学生連盟(FECh)の会長も務めました。FEChの100周年記念式典が失敗し、約1億2千万ペソの損失を出し、それを大学自体が吸収したことについて、公に疑問を呈された。 [7]

その後、2011年頃にチリ大学で経済学の修士号を取得し[6] 、米国フィラデルフィアのペンシルバニア大学で経済学の博士号を取得するために留学した [8]

カタリナ・アメナーバルとの間に娘エロイサと息子アントニオがいる。[9]

政治的キャリア[編集]

ペンギン革命頃、FEChの会長に就任したグラウ。

FECh会長と並行して、左翼学生会議、新大学左翼、スルダ運動などをまとめたイスキエルダ・アンプリアのメンバーであり、2006年の学生動員では大学のリーダーとして活躍し、大統領教育諮問委員会のメンバーでもある。 [要出典]

FENの学者として、また紛争と社会的結束の研究センター(Coes)の研究員として勤務してきた。 [1]

Frente Amplio(FA)連合に連なり、Convergencia Socialの過激派で、2017年の選挙ではBeatriz Sánchez、2021年の選挙ではGabriel Boricの大統領選挙キャンペーンに参加した。

2022年1月、当時の次期大統領ガブリエル・ボリックから経済・開発・観光大臣に就任することが発表され、同年3月11日の政権発足とともに就任した。 [1]

参考文献[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 Said, Carlos (2022年1月21日). “Quién es Nicolás Grau, el nuevo ministro de Economía de Gabriel Boric”. La Tercera. 2022年1月21日閲覧。
  2. Nicolás Grau”. redlideres.cl (2006年). 20-08-2011閲覧。
  3. “La Concertación debe posibilitar nuevos liderazgos””. ladiscusion.cl (9 de enero de 2010). 20-08-2011閲覧。
  4. La llegada del hermano de Nicolás Grau a Desarrollo Social: Gobierno defendió contratación”. Radio Biobio (7 de abril de 2022). 8 de abril de 2022閲覧。
  5. Colegio de Camila Vallejo desmiente dichos de Ena Von Baer”. The Clinic Online (19 de agosto de 2011). 19-08-2011閲覧。
  6. 6.0 6.1 El Departamento de Economía de la Universidad de Chile”. econ.uchile.cl. 2022年1月21日閲覧。
  7. “$120 millones en pérdidas: Cuando Nicolás Grau aclaró "error personal" de su época universitaria”” (21-01-2022). 25-01-2022閲覧。
  8. Nicolás Grau”. Penn Arts & Sciences. 20-08-2011閲覧。
  9. Gobierno de Chile: Ministerio de Economía, Fomento y Turismo”. www.gob.ck (2022年). 8 de febrero de 2022閲覧。

外部リンク[編集]

Lua エラー モジュール:Twitter 内、8 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "ニコラス・グラウ・ベロソ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ニコラス・グラウ・ベロソ.