スヴィヤジツク

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

世界遺産 スヴィヤシュスクの町の島の生神女就寝大聖堂と修道院
(ロシア)
スヴィヤシュスクの町の島
スヴィヤシュスクの町の島
英名 Assumption Cathedral and Monastery of the town-island of Sviyazhsk
仏名 Cathédrale et monastère de l'Assomption de la ville-île de Sviyazhsk
面積 3.25ヘクタール(8.0エーカー)(緩衝地帯 11,563.9ヘクタール(28,575エーカー))
登録区分 文化遺産
登録基準 (2), (4)
登録年 2017年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法・表示

スヴィヤシュスク (ロシア語: Свия́жск; タタール語: Зөя)は、ヴォルガ川とスヴィヤガ川の合流点に位置するロシアのタタールスタン共和国の地方を示す。1955年にトリアッティの下流にクイビシェフ貯水池が建設されて以来、島と呼ばれることもあるが、実際には土手道で本土とつながっている[1]

2017年に、生神女就寝大聖堂と修道院がユネスコの世界遺産のリストに追加された[2]

概要[編集]

スヴィヤシュスクは1551年に要塞として設立される。ウグリチで作られた部品をヴォルガ川を下って運び、4週間以内に建設された。1552年のカザン包囲戦の間、ロシア軍の軍事基地として使用される。

18世紀以来、スヴィヤシュスクは中心都市として機能し、1927年から1931年には、スヴィヤシュスク地区の行政の中心地として栄える。1932年に地方都市の地位に降格される。

スヴィヤシュスクには学校とクラブがあり、ウンザのマカリウスの名前に関連する修道院もある。

スヴィヤシュスク駅は島の西6km(3.7マイル)に位置し、土手道に沿って走る高速道路でスヴィヤシュスクとつながっている。

スヴィヤシュスクに行く他の手段として、カザンの港からボートで行くことができる。夏には毎日午前8時30分に高速船が桟橋8に出航し、午前9時に低速船が出航する。チケットはカッサの近くでその場で購入ができる。

歴史的人口[編集]

  • 1989年: 747人 (ロシア語-66%、タタール語-27%)[3]
  • 2000年: 258人

参考文献[編集]

  1. Drayton, James. “Sviyazhsk”. home to roam. 2012年7月11日閲覧。
  2. Assumption Cathedral and Monastery of the town-island of Sviyazhsk
  3. “Зөя” (タタール語). Tatar Encyclopaedia. Kazan: The Republic of Tatarstan Academy of Sciences. Institution of the Tatar Encyclopaedia. (2002). 

スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。


Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "スヴィヤジツク" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:スヴィヤジツク.