オーバートン橋

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索



オーバートン橋 オーバートン・ハウスへのアプローチにある

オーバートン橋(オーバートンきょう、Overtoun Bridge)は、イギリス、スコットランド、ウェスト・ダンバートンシャーのダンバートン近くにあるオーバートン・ハウスへの近道に接するオーバートン・バーンにかかる、カテゴリB指定建造物である。これはランドスケープ建築家H・E・ミルナーの設計に基づいて1895年に完成した。

1950年代以降、イヌが橋から落ちたり跳び降りたりしたという無数の報告が報告されている。それら事件により、50 ft (15 m)の下の岩に落ち、重傷を負ったり死亡したりすることがよくある。この橋は「イヌ自殺橋」("Dog Suicide Bridge")と呼ばれている。[誰?][1]自然的事故から超常的な活動に至るまで、これらの死についてのさまざまな説明が提案されている[2]

歴史と建造[編集]

ファイル:OvertounBridge.jpg
装飾的な張り出しやぐらのある橋

1859年に、オーバートン・ファームが、スコットランドの実業家ジェームズ・ホワイトに買収された。彼は化学製造業を始めたばかりであった[3]。彼は3年後の1862年にオーバートン・ハウスを建てた[4]。ホワイトが1884年に死亡した、息子ジョン・キャンベル・ホワイトは家とその土地を相続し、アクセスを容易にするために家の私道を深い峡谷に広げる計画を始めた。彼は橋を設計するために景観建築家で土木技師のヘンリー・ミルナーを雇った[3]

橋は粗面切石を使用して建設され、1895年6月に完成した。それは3つのアーチで構成されている――大きな中央のアーチが、深い谷にまたがり、谷底にはオーバートン・バーンが流れており、両側をより低いより小さいペデストリアン・アーチらに守られている。

説明不能なイヌたちの死[編集]

事象[編集]

1950年代に、犬らが橋から下の峡谷に跳んでいると報じられたために、地元の人々はこの橋を「死の橋」("Bridge of Death")または「イヌ自殺橋」("Dog Suicide Bridge")[要出典]と呼び始めた。この話は2000年代後半から2010年代前半により目立つようになった。元のそれら事件が報告されて以降、落下のために少なくとも50匹のイヌが死亡したが、600匹以上が跳んだが、それでも生き残っている。[要出典]

2004年に、ケネス・メイクルは家族とゴールデン・レトリバーと一緒に歩いていた。そのとき、そのイヌが突然逃げだし、橋から跳び降りた。それは生き残ったが、その経験によってトラウマを負った。2005年に入ると、少なくとも5匹の他のイヌも6か月間に跳び越えた。2014年に、キャシーという名前のスプリンガー・スパニエルと一緒に歩いていたアリス・トレボローは、オーバートゥーン橋での奇妙な体験を報告した。「わたしは駐めていたし、彼女はとても従順なので、わたしは彼女のリードをつけませんでした...わたしと息子は、キャシーのほうへ歩きました。キャシーは橋の上の何かを見つめていました...彼女はまちがいなく彼女をジャンプさせる何かを見ました。何か不吉なことが起こっています。彼女にとってはそれほど人柄でありませんでした」("I had parked up and as she is so obedient I didn't put her lead on...Me and my son walked toward Cassie, who was staring at something above the bridge... she definitely saw something that made her jump.There is something sinister going on. It was so out of character for her.")[2]

提示された説明[編集]

橋は深い峡谷にまたがっている

多くの説が、橋の上でのイヌらの行動に関して提案されている。2014年に、イヌ心理学者デビッド・サンズは、周囲の葉むら――橋の側面からの現実の非常な急落に、平らな地面の見かけを与える――が、その地域のオスのミンクの尿の残留臭と相まって、イヌらを誘惑して橋から跳び降りる原因となり得ると提示した[5]。この説は、地元の狩猟家で50年の居住者であるジョン・ジョイスによって抗議された。彼は「[この地域に]ミンクはいない」("no mink [in the area]")と述べた。しかしながら、イギリス王立鳥類保護協会による調査で、デビッド・セクストン将校は、イヌが好むとされる橋の一端が「ネズミ、リス、そしてミンクの巣」("nests of mice, squirrels, and minks")をふくんでいることを見つけた。さらに、イヌ10匹がネズミ、リス、そしてミンクの香りで満たされた缶にさらされた実験では、イヌ7匹が「すべてミンクの香りに直行した。それらの多くは非常に劇的であった」("all went straight for the mink scent, many of them quite dramatically")[要出典]

スコットランド動物虐待防止協会が、橋とその周辺地域を調査したが、彼らの発見内容はいずれも決定的でなかった[6]

2019年に、オーバートン・ハウスの所有者であるボブとメリッサ・ヒルは、ハウスに住んでいた17年間で、多くのイヌが興奮し、跳ね上がり、橋から落ちるのを目撃していた、と述べた。もともとテキサスの牧師だったボブ・ヒルは、ミンク、マツテン、その他の動物の臭いがイヌを興奮させ、その結果橋の壁に跳び乗った、と述べた。「イヌはミンク、マツテン、その他の哺乳類の臭いを捕らえ、橋の壁に跳び上がります。それは先細になっているので、ひっくりかえるだけです」("The dogs catch the scent of mink, pine martens or some other mammal and then they will jump up on the wall of the bridge.And because it’s tapered, they will just topple over.")しかしながら、ヒルはまた、ハウスの敷地はある種の霊的な質を保持しているという彼の信念を述べもした[5]

地元の教師ポール・オーウェンズは、橋と近くのオーバートン・ハウスは超自然的な活動に悩まされている、と主張している。彼はイヌその他の動物がそのような超自然的な活動に敏感であると主張している、それで彼は闇の霊らがイヌらを死に誘い込む原因である、と提案している[2]

その他の事象[編集]

1994年10月に、妄想型統合失調症のケビン・モイは、生後2週の息子エオガンを生まれつきのあざのために悪魔の化身であると信じていたために、橋から投げ捨てた。彼はドルイド時代にさかのぼる闇の精霊らとの関連のためにその場所を選んだ。殺人行為の後に、モイはその橋から跳び降りたり両手首を切ったりすることで数回自殺を図ったが、拘留されて精神病院に入れられた[2]

脚注[編集]

  1. What's Really Going on at the 'Dog Suicide Bridge'?”. How Stuff Works=en. 2022年3月7日閲覧。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 Pilger, Sam; Moynihan, Leo (2019). Unsolved Enigmas. New York, NY: Sterling Publishing Co., Inc.. pp. 144–147. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-1-4351-6929-6 
  3. 3.0 3.1 Ishak, Natasha (2019年3月28日). “Why Hundreds Of Dogs Have Seemingly Committed Suicide Off This One Scottish Bridge” (英語). All That's Interesting. 2021年4月12日閲覧。
  4. Overtoun Estate, Dumbarton – Country Estates” (英語). www.visitscotland.com. 2021年4月10日閲覧。
  5. 5.0 5.1 Yeginsu, Ceylan (2019年3月27日). “'Dog Suicide Bridge': Why Do So Many Pets Keep Leaping Into a Scottish Gorge?”. https://www.nytimes.com/2019/03/27/world/europe/scotland-overtoun-bridge-dog-suicide.html 2019年3月27日閲覧。 
  6. Overtoun Bridge” (英語). Atlas Obscura. 2021年4月12日閲覧。

Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value) 座標: 北緯55度57分10秒 西経4度31分31秒 / 北緯55.9526854度 西経4.5253104度 / 55.9526854; -4.5253104


This article "オーバートン橋" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:オーバートン橋.