You can edit almost every page by Creating an account. Otherwise, see the FAQ.

エフゲニー・サプノフ

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

第一次世界大戦時のサプノフ

エフゲニー・ニコラエヴィッチ・サプノフロシア語:Евгений Николаевич Сапунов,1887年2月6日 - 1917 年10月28日) は、ロシア帝国の軍人、革命家で、Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not foundの一員。

生涯[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not found(現在のカルーガ州)Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not foundに住む農民一家に生まれる。父は農民の庭師。

彼はビシュコビチ地方の学校を優秀な成績で卒業し、その後Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not foundで学ぶ。

彼は1904年オデッサで革命運動に参加したが、警察の監視下に置かれ、故郷に戻ることを余儀なくされる。ロシア第一革命には積極的に参加し、父と一緒に革命文学を配布、扇動者として行動した。サプノフは、自己教育を装って、革命的なアイデアが促進され、革命的な文献が読まれるサークルを作成した[1]

1905 年には地元の「自己教育連合」に参加。

1908年、彼は土地所有者に対する農民反乱に参加し、投獄され、1909年から警察の監視下に置かれた。 1912年、彼は再び逮捕される。

1915年、彼は帝国陸軍に徴兵され[2] 、彼は第12軍の第76歩兵師団の第303連隊に所属する。少尉学校に送られたが、政治的に信頼できないため、追放され、一等兵として戦地に送られる。

2月革命の際、第303歩兵連隊の連隊委員に選出された。

1917年の春、ボリシェヴィキに入党する。

7月20日、反戦運動のため、138人の兵士と共に逮捕され、ドヴィナ軍事刑務所に入れられました。刑務所で、彼は刑務所党委員会に選出される。

ドヴィンツィの他のメンバーと共に、彼はモスクワのブティルカ刑務所に移送された。

釈放後、彼はドヴィンツィの指揮官に選出されました。

彼は十月革命の際、赤の広場で率いた中隊と白軍との戦いで戦死した。

彼の遺体はクレムリンの壁墓所に埋葬され、他のメンバーやモスクワでの英雄たちと一緒に埋葬される。

子供が四人いる。 [3]

遺産[編集]

  • 1957年から1992年まで、モスクワのキタイゴロドにある以前のヴェトシュニ通り (1992 年以降はヴェトシュニ通り) に彼の名前が付けられていた。家の1つに彼に記念の飾り板が建てられました。
  • カルーガ地方のソフホーズ・チカロフスキー村の通りには、彼の名前がつけられている。

脚注[編集]

  1. Времена и Судьбы. Сборник биографий известных политических деятелей Калужской области 1917—1985 гг. /Авт.-сост. Т. А. Морева, Н. В. Гущина. — Калуга: Издательство: «Полиграф-Информ», 2010. — С. 167—168. ISBN 978-5-93999-390-6
  2. ГКУ «Государственный архив документов новейшей истории Калужской области». Фонд П-7696, опись 1, ед. хр. 678, 679.
  3. Абрамов Алексей. У Кремлёвской стены. — М., Политиздат, 1988. ISBN 5-250-00071-1

文学[編集]

  • モスクワ。百科事典/章。編。 A. L. ナロチニツキー。 - M .:ソビエト百科事典、1980. - 688 p.、病気。
  • アブラモフ・アレクセイ。クレムリンの壁で。 - M.、 Politizdat 、1988。 — ISBN 5-250-00071-1 .



This article "エフゲニー・サプノフ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:エフゲニー・サプノフ.



Read or create/edit this page in another language[編集]