エゲルハージ・ジャネット

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、インド・ヨーロッパ語族風にジャネット (Zsanett)・エーゲルハージ (Égerházi)と表記することもあります。(Template:ハンガリー人の姓名
エゲルハージ・ジャネット
Égerházi Zsanett
Zsanett Égerházi.jpg
Égerházi Zsanett
プロフィール
別名義 Sandy、Sandy E
Sandy Fantasy、
Zsanett、Zsannet、
Vega Vixen、
Jary Valentova、
Susana Zsanett、
Joey
生年月日 1976年12月17日
現年齢 45歳
出身地  ハンガリー
瞳の色 ダークブラウン
毛髪の色 ブロンド
公称サイズ([1]の時点)
身長 / 体重 168 cm / 52 kg
BMI 18.4
スリーサイズ 86 - 61 - 89 cm
カップサイズ C
備考 豊胸[1]、右足首外側にイルカのタトゥー
活動
モデル内容 アダルト
他の活動 ポルノ女優
外部リンク
データベース IMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ

エーゲルハージ・ジャネット(ハンガリー語: Égerházi Zsanett1976年12月17日[2] - )は、ハンガリーのポルノ女優、インターネット・ヌードモデル、タレント・エージェント[3]。2006年から自身のウェブサイト(ClubSandy.com)に使用しているサンディ (Sandy) の名前でも知られている。初期にはヴェガ・ヴィクセン (Vega Vixen) の名も使っていた。彼女は近年のハンガリー人ポルノスター台頭の最前線に位置する存在として認識されている。主にヨーロッパで著名であり、国際版のFHM、GQ、ハスラー、ペントハウスなど、多くの男性誌を彩った。

来歴[編集]

エゲルハージは3人姉妹の長女としてハンガリーで生まれ育った。彼女をブダペスト出身とする情報源もあるが、写真家のデニス・デフランチェスコによればエゲルハージは人口300人に満たない小さな村の出身である[4]。外国人の父親は彼女が幼少の頃に去り、母親が独りで姉妹を育てた[4]。母親はハンガリー語の他に3カ国語に通じていた。ジャネットもネイティブのハンガリー語と、外語学校で学んだ英語とスロバキア語の三ヶ国語を流暢に話す。また、ある程度はドイツ語も話すことができる。歌い踊る事が好きな子供で、8歳の時には舞台で踊っていた。その後間もなく一家は都会に移り住んだ[4]

エゲルハージは当初客室乗務員を志望していたが、初めての飛行機搭乗で恐怖感を覚え断念した。その後ファッションモデルになる決意をし、それは世界中を旅する機会を今一度彼女に与えてくれた。母親が再婚した義父と共にアメリカ合衆国に移住してからは、彼女は更に多くの仕事の依頼を受けた。何人かのエロティックカメラマンに出会い、彼女はClub、ペントハウス、Leg World、FHM、Mayfair、Men Only、GQ、ハンガリー版PLAYBOYなどの雑誌の仕事を始めた。エゲルハージはアメリカ版、ハンガリー版双方のハスラーの表紙を飾った。またスーズ・ランドール、デニス・デフランチェスコ、アール・ミラーなどの著名なカメラマンとも仕事をした。彼女の個人的なカメラマンは、アンドリュー・ヤングマンであった。

日本では高橋生建撮影による竹書房の美少女紀行シリーズで知られる。1996年10月発行の「Vol.13 ハンガリー編Ⅱ」に登場し、1997年1月の「ハンガリー総集編 MAX」(ISBN 978-4812402603) に未発表のカットと共に再登場している。

彼女はヴィヴ・トーマス[5](1998年-2001年、2005年-)と21Sextury.comプロダクション[6](2002年-)のために多岐にわたるポルノ映画にも出演した。イヴ・エンジェルアネッタ・キーズソフィー・ムーンサンドラ・シャインなど、他の中央・東ヨーロッパのモデルたちと共演する事が多い。

愛読書はジョン・ファウルズの『コレクター』とパトリック・ジュースキントの『香水 - ある人殺しの物語』そしてマルロ・モーガンの『ミュータント・メッセージ』である。

主な雑誌[編集]

※複数回登場のものは初回のみを挙げる。ほとんどが「Sandy」名義である[7]

グラビアページ[編集]

  • FOX (USA) - 1997年11月、Vol. 16、5号、pp. 14-21
  • Club International (UK) - 1998年、Vol. 27、10号、 pp. 23-29
  • Cheri (USA) - 1998年7月、Vol. 22、12号、pp. 52-63
  • Swank (USA) - 1998年10月、pp. 177-183
  • High Society (USA) - 1999年Holiday、Vol. 24、13号、pp. 180-191
  • Hustler (USA) - 2000年4月、Vol. 26、11号、pp. 70-79(Joey名義)
  • Gallery (USA) - 2000年8月、Vol. 28、8号、pp. 82-91
  • Club (USA) - 2001年9月、Vol.27、8号、pp. 58-69
  • Sport College Girls (UK) - 2005年4月、6号、pp. 48-55

表紙[編集]

  • Club International (UK) - 1996年8月、Vol. 25、8号
  • Men Only (UK) - 1996年10月、Vol. 61、10号
  • Knave (UK) - 1997年7月、Vol. 29、6号
  • Hustler (USA) - 2000年4月、Vol. 26、11号

脚注[編集]

  1. Zsanett Egerhazi - SportyOne.com(英語)
  2. Sandy at the Internet Adult Film Database” (英語). 2008年10月16日閲覧。
  3. Sandy - Hungarian porn goddess” (英語). 2008年10月16日閲覧。
  4. 4.0 4.1 4.2 ABOUT ME, "sandysfantasies.com" by denys defrancesco(英語)(認証画面が出る場合は「Click here to continue to sandysfantasies.com ...」→「GUESTS ENTER]→「FREE TOUR」→「NEXT」の順にクリック)
  5. Sandy, VivThomas.com(英語)
  6. Sandy, 21Sextury.com(英語)
  7. Sandy Publicity page on IMDb

関連項目[編集]

  • ハスラーハニー

外部リンク[編集]


This article "エゲルハージ・ジャネット" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:エゲルハージ・ジャネット.