Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

アディヴィ・シェシ

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索
アディヴィ・シェシ
Adivi Sesh
Adivi Sesh
アディヴィ・シェシ(2018年)
本名 Adivi Sesh Sunny Chandra
生年月日 (1985-12-17) 1985年12月17日(35歳)
出生地 インドの旗 インド アーンドラ・プラデーシュ州ハイデラバード
職業 俳優、映画監督 、脚本家
著名な家族 スクリプトエラー: モジュール「仮リンク」はありません。(従兄弟)
テンプレートを表示

アディヴィ・シェシ(Adivi Sesh、1985年12月17日 - )は、インドの映画俳優、監督。スクリプトエラー: モジュール「仮リンク」はありません。スクリプトエラー: モジュール「仮リンク」はありません。で活動している。2010年に『Karma: Do You Believe?』で主演俳優兼監督としてデビューし、いくつかの脇役と悪役を経て、テルグ映画では著名な主演俳優となった。2015年のテルグ映画『Kshanam』では数々の賞にノミネートされた。

2015年に『Ladies & Gentlemen』『バーフバリ 伝説誕生』『Dongaata』に出演し、2016年『Kshanam』2017年『Ami Thumi』2018年『Goodachari』では主演している。従兄弟はテルグ映画監督のスクリプトエラー: モジュール「仮リンク」はありません。[1]

キャリア[編集]

彼は俳優として2002年の映画『Sontham』でデビューしたが、俳優、監督、作家としては2010年の映画『Karma: Do You Believe?』での主演がデビュー作となる[2]。Rediffは彼の演技を「天使のような顔で、謎めいたキャラクターを演じるのに適している。彼の作家としての才能も言及に値する。 彼はテルグ映画で何か新しいことを吹き込もうとしている」と賞賛した[3]

2011年にヴィシュヌヴァルダンの監督映画『Panjaa』にMunna役で出演し、初めて悪役を演じた[4]。彼の演技は批評家から高く評価され、Rediff.comは「彼がKarmaで演じたのと反対にあたる彼のマニアックな演技は一見の価値がある」と評した[5]。『Balupu』で悪役を演じた後、『Kiss』で監督と主演を務めた。

彼は『Run Raja Run』で助演した後に再び『Ladies & Gentlemen』と『Dongaata』で主演し、2015年にS・S・ラージャマウリの『バーフバリ 伝説誕生』に出演した[6]

2016年の『Kshanam』は俳優として出演するほか、シェシ自身がスクリプトエラー: モジュール「仮リンク」はありません。と共に脚本を書いた。この作品で彼は観客と業界から注目を集めた。その後『Size Zero』と『Oopiri』にカメオ出演し、コメディ映画『Ami Thumi』にも出演した。彼の最新作『Goodachari』は2018年8月3日にインドで公開され、この作品もシェシが脚本をスクリプトエラー: モジュール「仮リンク」はありません。と共に書いている。

フィルモグラフィ[編集]

公開年 作品名 役名 言語 備考
2010 Karma: Do You Believe? Dev テルグ語 デビュー作・監督・脚本・主演
2011 Panjaa Munna テルグ語 悪役
2013 Balupu Rohit テルグ語 悪役
2013 Kiss Sunny テルグ語 監督・主演
2014 Run Raja Run Nayeem Basha テルグ語 助演
2015 Ladies & Gentlemen Rahul テルグ語 主演
2015 バーフバリ 伝説誕生 バドラ テルグ語、タミル語 助演
2015 Dongaata Venkat テルグ語 主演
2015 Size Zero Shekar テルグ語 カメオ出演
2015 Inji Iduppazhagi タミル語
2016 Kshanam Rishi テルグ語 脚本・主演
2016 Oopiri Abhinav テルグ語 カメオ出演
2016 Thozha タミル語 カメオ出演
2017 Ami Thumi Ananth テルグ語 主演
2018 タイガー・バレット ヒンディー語 原案
2018 Goodachari Gopi/Arjun Kumar テルグ語 脚本・主演

出典[編集]

  1. Profile of Adivi Sesh”. Filmibeat. Oneindia. 2016年5月22日閲覧。
  2. Karma: Movie Review”. telugucinema.com. 2010年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月26日閲覧。
  3. Karma is for a niche audience”. Rediff. 2010年11月29日閲覧。
  4. Interview with Sesh Adivi”. idlebrain.com. 2011年12月8日閲覧。
  5. Review: Pawan Kalyan's Panjaa lacks power”. Rediff. 2011年12月9日閲覧。
  6. Adivi Sesh in Rajamouli's Bahubali”. The Times of India_test. 2013年4月6日閲覧。

外部リンク[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found


This article "アディヴィ・シェシ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:アディヴィ・シェシ.



Read or create/edit this page in another language

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。