ポリエステル系熱可塑性エラストマー (TPEE / TPC)

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found ポリエステル系熱可塑性エラストマー(TPEE 或は TPC)は、ほかの熱可塑性エラストマーと同じく、分子構造にハードセグメント と ソフトセグメントを同時に持っていることで、硬度と柔軟性を両方持つ、プラスチックとゴムの間の存在の材料。

技術的に詳しく言えば、ポリマー分子中のハードセグメントとしてポリエステル(PBTの構造がメインに採用される)を、ソフトセグメントとしてポリエーテルあるいはポリエステルを用いた、ブロック共重合ポリマーである。

TPEE/TPCは、分子構造のソフトセグメントの構造によって、ポリエステル型 と ポリエステル型 の主な2種類に分ける。

1972年に東洋紡績が「ペルプレン[1]」を,米国においてはデュポン社が「Hytrel[2]」を, それぞれ独自に開発・上市したことに始まる。また、その数年後には欧州においてAkzoPlastics(後DSM社にこの事業吸収された)が「Arnitel[3]」も 開発・上市させた。現在ではワールドワイドな市場の屡開と拡大により,高性能エラストマーとしての地位を築いている。[4] ここ数年、韓国[5]、中国[6]、台湾メーカー[7]の参入も始まったので、各社の競争が激しくなる見込みである。

特徴と用途[編集]

TPEEは優れた曲げ疲労特性や広い使用温度領域を必要とする部品に理想的な材料で、機械的な強度が大きく、耐薬品性や耐水性、耐久性、耐疲労性、低温性能に優れた熱可塑性エラストマーであり、メーカーによってハロゲンフリー型の難燃性グレードもある。そして加工方法の多様性も魅力のひとつで、従来の加工方法:射出成形、押出し成形、ブロー成形にはもちろん対応、いくつの種類の基材にたいして2色成形( 異なった材質や硬度の違う同材質、色の違う材質を一体成型出来る金型の事を言い、2種類の樹脂を一体成型するので接着等の二次工程を削減できる)できるのも特徴である。

欠点としては、耐候性にやや劣ることや耐熱老化性が不足していることがある。

自動車業界では等速ジョイントブーツ(CVJ)などのブーツ部品、エアーダクトなどのに使われている。[2]産業用コンベアベルト[8]、クッション部品、消音ギア、ホース、チューブ、電線被覆材、スキーやスノーボードのブーツ部材、いろんな製品のグリップ部[9]などにも使われる。近年、3Dプリンターの流行で3Dプリント用のTPEEフィラメントも開発されている。[10]

やや昔の話になるが、スポーツ靴大手のReebok社は、Energy Return System (E.R.S.)という技術を1988年に開発した、そのやり方は、反発性の高いTPEE素材(DuPont社 Hytrel製だといわれる)をシリンダー状にして靴底に埋め込んで、ばねのような働きを発揮させたという。

参考リンク:[編集]


This article "TPEE" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:TPEE.

  1. 【TOYOBO】 ポリエステルエストラマー ペルプレン|東洋紡エンプラファミリー” (日本語). www.toyobo.co.jp. 2018年8月15日閲覧。
  2. 2.0 2.1 ハイトレル® | 東レ・デュポン株式会社” (日本語). www.td-net.co.jp. 2018年8月15日閲覧。
  3. “Arnitel® - TPC: The Really Flexible Solution | DSM Engineering Plastics”. @engineering-plastics. https://www.dsm.com/markets/engineering-plastics/en/products/arnitel.html 2018年8月15日閲覧。 
  4. 西原康浩 (2003). “ポリエステル系熱可塑性エラストマーの最近の技術動向”. 熱可塑性エラストマーの最前線: 299. 
  5. TPEE―KOREA KOLON”. 2018年8月15日閲覧。
  6. TPEE―江苏和时利新材料股份有限公司”. www.jsheshili.com. 2018年8月15日閲覧。
  7. TPEE―台湾CCP”. 2018年8月13日閲覧。
  8. 熱可塑性コポリエステル(TPEE)” (jp). www.habasit.com. 2018年8月15日閲覧。
  9. Ontario OKC3S Marine Bayonet”. OneStopKnifeShop.com. 2018年8月15日閲覧。
  10. ハイトレル®応用例 | 東レ・デュポン株式会社” (日本語). www.td-net.co.jp. 2018年8月16日閲覧。