POPPiNG EMO

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

POPPiNG EMO
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
出身地 日本の旗 日本
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
ジャンル J-POP
ロック
活動期間 2017年 -
共同作業者 坂田鉄平
井口イチロウ
公式サイト スクリプトエラー: モジュール「URL」はありません。
メンバー ナーナ・ポップ
エモーショナ・ル・ルカ
193R
サヤカロス
旧メンバー リエモ

POPPiNG EMO(ポッピング・エモ)は、日本の女性4人組ダンスボーカルグループ。愛称はポピエモ。

概要[編集]

キッズステーションで放送された『子育てTV ハピクラ』に出演していた坂田鉄平のプロデュースにより結成された[1]。POPPiNG EMOとしてライブ活動を行うのと並行して坂田が主催するO-key(オーキー)プロデュースの舞台にも出演している。

グループ名の由来はコンセプトである「Pop & Emotional」から[2]。ファンは「ポピエモン」と呼ばれる[3]

楽曲は作詞を坂田、作曲・編曲を音楽クリエイターチームSCRAMBLESの井口イチロウが手掛ける[4]

略歴[編集]

2017年6月に『子育てTV ハピクラ』に出演していたリエモとナーナポップでPopping Emoを結成。

2018年6月に表記をPOPPING EMOに変更[5]

2020年4月に予定されていたライブを最後にリエモが脱退することになっていたがコロナ禍で延期され、7月に目黒鹿鳴館と大塚Hearts+で開催された『LAST EMOiION』3DAYS公演をもって脱退した。その後、7月10日に大塚Hearts+で開催された『POPPiNG EMO新体制お披露目 & SHOCKiNG EGOデビューLiVE』で、エモーショナ・ル・ルカ、193R、サヤカロスが加入して4人組となった。また、同時に表記をPOPPiNG EMOに変更した。

メンバー[編集]

ナーナポップ(奈菜):ポップ担当

8月2日生まれ、埼玉県出身
『子育てTV ハピクラ』出演時は月光マジカル歌劇団のナナムーンまたはアニマルダンササイズのナナにゃん

エモーショナ・ル・ルカ(瑠花):2代目エモ担当

女優、モデル、ラジオパーソナリティ

193R(イクミライダー):なまり担当

11月14日生まれ、東北出身
ダンス、モデル

サヤカロス(石野さやか):美担当

7月10日生まれ
女優、シンガー

旧メンバー[編集]

リエモ(羽倉りえ):エモ担当

10月15日生まれ、愛媛県出身
『子育てTV ハピクラ』出演時は月光マジカル歌劇団のリエムーンまたはアニマルダンササイズのリエわん

作品[編集]

シングル[編集]

  1. 君ト繋ガル世界(2017年6月14日)[6]
  2. 覚醒サテライト(2017年12月24日)
  3. 純情スペクタクル
  4. Say Hello to the World
  5. FREEDOM(2018年9月28日)

アルバム[編集]

# 発売日 タイトル 収録曲
1 2018年8月21日 EMOTiONAL POP
  1. Say Hello to the World
  2. 覚醒サテライト雪
  3. 純情スペクタクル
  4. Fairy Tale
  5. 青春グローリーデイズ
  6. crying×crying
  7. RIOT
  8. ミリオンスマイル
  9. 不条理テンダネス
  10. ミラクルラブストーリー
  11. サヨナラLOVER
  12. わがままシンデレラ
  13. DAYS
2 2019年2月14日 SHOCKiNG EGO
  1. 感傷リグレット
  2. AMAZING GIRL
  3. ハイテンションプリーズ
  4. Layla
  5. うたかた
  6. 仏恥義理
  7. ジレンマ
  8. Beautiful Dreamer
  9. メランコリック憂鬱
  10. アオハル
  11. FREEDOM
  12. Virtual Eternity
3 2019年11月22日 GOODBYE UNDERGROUND
  1. エナメルの空
  2. ムーンライト
  3. for you
  4. Starry Night
  5. Okey-Dokey
  6. ファンタスティックベイビー
  7. 恋煩い
  8. NIGHTMARE
  9. 神様なんていないよ
  10. ゆらゆら
  11. MY LIFE
  12. ノスタルジア
  13. Masterpiece
4 2020年10月15日 LEGEND OF POP
  1. Masterpiece
  2. ミラクルラブストーリー
  3. Virtural Eternity
  4. わがままシンデレラ
  5. Layla
  6. ジレンマ
  7. ムーンライト
  8. Fairy Tale
  9. エナメルの空
  10. .crying×crying
  11. ハイテンションプリーズ
  12. ゆらゆら
  13. ファンタスティックベイビー
  14. 仏恥義理
  15. 純情スペクタクル
  16. ノスタルジア
  17. Okey-Dokey
5 2020年10月15日 LEGEND OF EMO
  1. 覚醒サテライト
  2. 神様なんていないよ
  3. AMAZING GIRL
  4. Starry Night
  5. 恋煩い
  6. 感傷リグレット
  7. for you
  8. うたかた
  9. 不条理テンダネス
  10. NIGHTMARE
  11. Say Hello to the World
  12. RIOT
  13. Beautiful Drereamer
  14. メランコリック憂鬱
  15. FREEDOM
  16. 青春グローリーデイズ
  17. MY LIFE

映像作品[編集]

  1. ライブDVD『1stワンマンライブ “OMATSU to PAN” 2018.06.02@鹿鳴館』(2018年9月14日)
  2. ライブDVD『2ndワンマンライブ “LA・LA・LA EVE” 2018.10.14@恵比寿CreAto』(2019年3月16日)

タイアップ[編集]

  • ジレンマ - 指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙「ロープスルーム」(2020年、AbemaTV)

ライブ[編集]

主なもの

ワンマンライブ[編集]

  • OMATSU to PAN(2018年6月2日、目黒鹿鳴館)
  • LA・LA・LA EVE(2018年10月14日、恵比寿CreAto)
  • Spring has come〜ポピエモの春〜(2019年4月12日、代官山LOOP)
  • POPiNG SUMMER EMOTiON(2019年8月25日、新宿LOFT)
  • Have a Nice Leap Day!!(2020年2月29日、代官山UNIT)
  • POPPiNG EMO 6thワンマンライブ "FiRST EMOTiON"(2021年2月11日、新宿ReNY)

定期公演[編集]

  • PEF episode.1 - episode.20(2018年6月 - 2020年2月、新宿NINE SPICESほか)
  • PSYCHEDELIC VIOLENCE CRIME OF VISUAL POP #1(2020年7月28日、恵比寿CreAto)

主催ライブ[編集]

  • POP&EMO act.1 - act.18(2018年11月 - 2020年8月、新宿NINE SPICES、目黒鹿鳴館、大塚Hearts+)
  • IRREGULAR vol.1 - vol.11(2019年3月 - 2020年7月、新宿NINE SPICES、目黒鹿鳴館)
  • 単独公演『ユニバに行きたいぜ?』(2018年4月29日、江坂MUSE)
  • 単独公演『リエモ凱旋LIVE』(2019年4月21日、今治Jam Sounds)
  • 単独公演『LAST EMOTiON』3DAYS(2020年7月1日、目黒鹿鳴館 & 2日・3日、大塚Hearts+)
  • POPPiNG EMO新体制お披露目 & SHOCKiNG EGOデビューLiVE(2020年7月10日、大塚Hearts+)

舞台[編集]

特記ない場合、会場は新宿シアターブラッツ

  • 逆鱗ディストラクション(2017年8月)
  • 覚醒ノスタルジック(2018年1月)
  • 純情スペクタクル-改-(2018年4月)
  • 夢幻の如く時が嘲笑う(2018年8月)
  • 色即是空サイキック-Φ-(2019年1月)
  • 爆烈アンチテーゼ(2019年3月、Broader House)
  • 断罪アポカリプス(2019年6月)
  • 絶望エクスチェンジ-XXX-(2019年10月、中野あくとれ)
  • 逆鱗ディストラクション-極-(2019年12月)
  • 覚醒ノスタルジック-NEO-(2020年12月)

出演[編集]

テレビ[編集]

  • 子育てTV ハピクラ(2014年 ‐ 、キッズステーション) ‐ アニマルダンササイズなど[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. 羽倉りえ (2017年6月12日). “Popping Emo”. アメブロ. 2018年5月27日閲覧。
  2. 羽倉りえ (2017年6月25日). “Popping Emo 活動”. アメブロ. 2018年5月27日閲覧。
  3. POPPING EMO公式 (2017年8月27日). “📣これからPopping Emo応援してくれる皆のことを「ポピエモン」と呼ぶのね4649💋”. Twitter. 2018年5月27日閲覧。
  4. エモい実力派ユニットがやってきた!力強い歌声とダイナミックなパフォーマンスに期待値大”. muevo. 2019年9月18日閲覧。
  5. POPPING EMO公式. “重大発表!①第1回定期開催決定!②POPPING EMOに変更!”. Twitter. 2018年6月2日閲覧。
  6. POPPING EMO販売グッズ一覧” (2018年8月17日). 2019年9月29日閲覧。
  7. 子育てTV ハピクラ” (日本語). キッズステーション公式サイト. 2018年6月23日閲覧。

外部リンク[編集]

  • スクリプトエラー: モジュール「Official website」はありません。
  • POPPiNG EMO - YouTubeチャンネル
  • POPPiNG EMO - SoundCloudスクリプトエラー: モジュール「WikidataCheck」はありません。
  • Lua エラー モジュール:Twitter 内、8 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "POPPiNG EMO" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:POPPiNG EMO.