Welcome to EverybodyWiki ! Nuvola apps kgpg.png Sign in or create an account to improve, watchlist or create an article like a company page or a bio (yours ?)...

MiZ

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。 MiZ株式会社 (英:MiZ Company Limited) は、日本の神奈川県鎌倉市に拠点を置く分子状水素医学に関する研究開発に特化した企業である。

水素ガス吸入機、高濃度水素水生成装置、水素含有点滴液等の機器開発の他、国内外の大学や研究機関と分子状水素の疾病に対する改善効果についての基礎研究と臨床試験を推進している。

これらの機器開発による成果物は、分子状水素医学の推進のために、共同研究機関に無償で貸与し、水素医学に関する学術情報を共同研究機関に提供している[1]

沿革[編集]

  • 1991年 神奈川県藤沢市にアルカリイオン水の開発を手掛けていた佐藤文武によって設立。
当時より水の電気分解により生成したアルカリイオン水は健康に良いものとされている。MiZの佐藤はアルカリイオン水による健康改善効果は、アルカリイオン水のアルカリ(高いpH値)ではなく、水の電気分解の際に発生する水中の微量の水素によるものではないかと考え、アルカリイオン水の事業で開発した技術を水素発生技術の研究開発事業に発展させ、現在に至っている。
  • 2003年 水素が活性酸素種の中のヒドロキシルラジカルを選択的に消去することを示した特許を出願し、「薬理機能水、およびその用途」(特許第4653945号)として権利化。また、当該特許の分割出願として「薬理機能水、およびその用途」(特許第4783466号)として権利化。
  • 2005年 日本農芸化学会の英文誌(Biosci. Biotechnol. Biochem.)にラットの酸化剤誘発モデルに対する水素水の抗酸化効果を報告[2]
  • 2015年 神奈川県鎌倉市大船に拠点を移す。

機器開発成果[編集]

出典[3]

MiZ株式会社では、以下の機器開発の成果物を、共同研究機関に無償で貸与している[4]

水素ガス吸入機[編集]

従来、水素の爆発濃度は4% - 75%とされていたが、慶應義塾大学環境情報学部の武藤佳恭との共同研究で10%以下であれば爆発の危険性はないことを明らかにし、市販の高濃度水素を発生している水素ガス吸入器の爆発の危険性について警鐘を鳴らす論文を発表した[5][6][7]

MiZ株式会社の水素ガス吸入器の特徴は以下のとおりである。

  • 水素の発生源である水の電解槽に希釈ガスを直接送り、発生した水素をただちに爆発限界以下に希釈するため、吸入機内のいかなる場所においても爆発濃度の水素を発生させることはない (特許第5091364号、特許第5100911号)
  • 水素ガスの濃度をリアルタイム表示 (特許第5900688号)

  電気分解時の電気量と希釈ガスの流量をパラメータとする演算式によって、水素ガスの濃度を水素ガス濃度検出センサを用いることなく正確に算出することを可能にした。

  • 水素を発生させるための電気分解では、電解質を一切用いず、純度の高い精製水のみを使用するため塩素ガス等の毒性を有する気体の発生を防止している。

高濃度水素水生成器具[編集]

水素水中の水素は大気圧下では水中から水素が抜けてしまう。MiZ株式会社の水素水生成器具は、ボトル内で水素を発生させボトル内を加圧するため、最大10ppmの高濃度の水素水の生成を可能とした(特許第6607647号)。

水素水中の水素濃度検出技術[編集]

水素は無色透明・無味無臭の気体であるため、通常はその存在を認識することができない。
酸化型メチレンブルーは青色を呈しているが、水素原子により還元されると透明のロイコメチレンブルーに変化する性質を有する。
白金コロイドを含むメチレンブルーの試薬を水素水中に滴下すると、水素分子が白金コロイドにより原子化し[8]メチレンブルーを還元し透明になることを検出する滴定技術を開発した(特許第4522361号)[9]

水素含有生体的溶液生成装置[編集]

点滴バッグ中の点滴液に点滴バッグを開封することなく水素を含有させる技術を開発(特許第4967001号、特許第4476157号、特許第5935954号、特許第6170605号)この技術により無菌的に点滴溶液に水素を含有させることが可能となった。

水素の医療利用の研究成果[編集]

以下の論文すべて査読または審査を受けた論文である。

研究内容の詳細は各々の公表されている論文を参照されたい。

基礎研究[編集]

  • 電解水素水の抗酸化効果 (2005年):カルフォルニア州立大学との共同研究で、水の電気分解で生成した飽和水素水をラットに1週間飲用させることで、肝臓の過酸化脂質を有意に減少させ、飽和水素水が体内の酸化ストレスを低減させる効果があることを報告した[10]
  • 水素水投与後の肝臓中の遺伝子発現 (2011年) :東京大学との共同研究で、DNAマイクロアレイにより水素飽和飲料水の投与の肝臓の遺伝子発現に及ぼす影響をラットを用いて調査した。 水素水を4週間投与した後、肝臓で548個の上方制御された遺伝子と695個の下方制御された遺伝子が検出され、 遺伝子オントロジー分析により、酸化還元関連タンパク質の遺伝子が上方制御されていることを明らかにした[11]
  • 骨軟骨移植片の生存性に及ぼす水素の改善効果(2014年):北里大学との共同研究で、水素を含む保存溶液への長期的な水素供給により、低温保存中のラット同種骨軟骨組織の細胞生存率を大幅に改善した[12]
  • ラットの組織内水素濃度の測定方法 (2014年):国立成育医療センターとの共同研究で、ラットに (1)水素ガス吸入、(2)高濃度水素水の経口投与、(3)超高濃度水素生理食塩水の腹腔内および静脈内投与を行った際のラットの血液および組織の水素濃度を推定した[13]
  • 水素による脳神経機能改善効果(2015年):防衛医科大学校との共同研究で、脳卒中モデルラットの血液脳関門の破綻が高濃度水素水の飲用により軽減されるメカニズムを介して神経学的機能の改善効果を示すことを報告した[14]
  • 水素のシグナル伝達への影響(2015年):中部大学との共同研究で、分子状水素の吸入と飲用の同時摂取がげっ歯類における情報伝達機構を相加的に抑制することを報告した[15]
  • ラット腸の虚血再灌流障害抑制(2015年):国立成育医療研究センター、京都大学大学院医学研究科との共同研究で、水素が豊富な溶液の内腔注射は、酸化ストレスを軽減し、その結果、虚血再灌流障害を改善できることを報告した[16]
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)に対する水素による改善効果(2017年):順天堂大学との共同研究で、水素豊富純水がタバコの煙に暴露したマウスの肺損傷に伴う酸化的DNA損傷と肺の早期細胞老化を低減することを報告した[17]
  • 水素水投与による敗血症と腸内細菌叢の改善 (2018年):大阪大学医学部附属病院 高度救命救急センターとの共同研究で、飽和濃度水素水(7 ppm)が敗血症モデルマウスにおいて腸壁のバリア機能障害、腸内細菌のバランス失調および腸内細菌の転移を調整することにより、生存率を顕著に改善することを報告した[18]
  • 爆風由来脳障害の改善効果(2018年):防衛医科大学校との共同研究で、戦争やテロで爆撃を受けた負傷者の衝撃波による脳障害を水素ガスの吸入により爆風モデルマウスで改善できることを報告した[19]
  • 脂肪肝モデルマウスの虚血再灌流障害抑制(2018年):国立成育医療センター、富山大学医学部、大阪大学医学部、国立感染症研究所等との共同研究で、水素治療が肝細胞アポトーシスを低減し、マクロファージの活性化と炎症性サイトカインを抑制し、HO-1とSirt1の発現を誘導することにより、脂肪肝モデルの虚血再灌流肝損傷を改善することを示すことを報告した[20]
  • 水素水による呼吸器疾患改善効果(2019年):名古屋大学医学部 呼吸器外科との共同研究で、難病指定されている閉塞性気道疾患のモデルマウスに対する水素水の改善効果を報告した[21]
  • 水素ガス吸入による低虚血性脳障害改善効果(2019年):中国の中南大学病院との共同研究で、新生児ラットの低虚血性脳障害が水素ガスの吸入により改善されることを報告した[22]
  • 水素によるラットの虚血性脳症モデルの脳障害改善とメカニズムの解明(2020年):国立成育医療センター(日本)と中南大学(中国)との共同研究で、ラットの虚血性脳症モデルに水素ガス(MHG-2000、3%H2)を1日当たり30分、60分、90分を2回、3日間吸引させると脳障害が抑制され、水素ガスが酸化ストレスやアポトーシスに関わるシグナル伝達を抑制することを明らかにした[23][24]

ヒトに対する試験[編集]

  • 腹膜透析患者に対する溶存水素の経腹膜投与(2013年):福島県立医科大学でのMiZ社の技術を用いた研究で、腹膜透析患者に対する水素濃縮透析液の単回投与は、有害な影響なしに腹膜および全身の酸化ストレスを減少させることを明らかとした[25]
  • 水素点滴溶液の安全性の検証(2013年):防衛医科大学校でのMiZ社の技術を用いた研究で、静脈内組織プラスミノーゲンアクティベーター治療を受けた患者を含む急性脳梗塞の患者に対して、飽和水素静脈内溶液を使用した治療の安全性を実証した[26]
  • ヒトの関節リウマチに対する水素の治療効果(2014年):原土井病院(福岡市)等との共同研究で、関節リウマチの治療に対する水素含有生理食塩水注入によって炎症性マーカーが減少し、水素点滴の関節リウマチの改善効果、および安全性、有効性を実証した[27]
  • ヒトの血管内皮機能に及ぼす水素の改善効果(2014年):原土井病院(福岡市)等との共同研究で、高濃度水素水(7ppm)の飲用により、内皮に対するヒドロキシルラジカルの影響を評価し、水素分子ス状の抗酸化物質H2が血管機能の有用な調節因子となりうることを確認した[28]
  • ヒトの乾癬性関節炎に対する水素の改善効果(2015年): 原土井病院(福岡市)等との共同研究で、乾癬患者に対する水素含有生理食塩水の点滴、3%水素ガスの吸入、および高濃度高濃度水素水の経口投与で、TNFα、IL-6、およびIL-17のレベルが減少し、乾癬の皮膚病変が消失したことを報告した[29]

水素の臓器移植への応用[編集]

  • 臓器移植保存への水素の応用(2013年):ピッツバーグ大学医療センターでのMiZ社の技術を用いた研究で、電解槽により作成された電解水素水を含む冷却溶液に、保存液中に心臓移植片を封入したビニール袋を浸すことにより保存液中に水素を飽和させると移植片のミトコンドリアの損傷も少なく、再灌流時の炎症が抑制されたことを報告した[30]
  • 肝臓移植時の虚血再灌流障害抑制効果(2018年):京都大学医学部肝胆膵外科との共同研究で移植肝に対する冷保存後の水素含有液の灌流(HyFACS法)が酸化障害の改善を介して虚血再灌流障害を保護することを報告した[31]
  • 高濃度水素水による脂肪肝移植モデルの虚血再灌流障害抑制効果(2018年):国立成育医療研究センター、大阪大学医学部および富山大学医学部との共同研究で、超過飽和濃度水素水(7 ppm)がマウスの脂肪肝を用いた移植モデルにおいて虚血再灌流障害を防御することを報告した[32]
  • 水素含有臓器保存液の肺移植への応用(2019年):京都大学医学部呼吸器外科との共同研究で、水素含有臓器保存液が肺移植における虚血再灌流障害を防御することを報告した[33]
  • 高濃度水素水の肝臓移植時の虚血再灌流障害抑制効果(2019年):熊本大学医学部附属病院小児外科・移植外科との共同研究で高濃度水素水はラット肝臓移植の低温虚血再灌流障害を改善することを報告した[34]

水素医学についての提言[編集]

  • Scienceに慶應義塾大学と「病気の根源に対する治療の必要性に関する提言(2018年)」を報告した[35]
  • Scienceに慶應義塾大学と「アルツハイマー病治療に対する提言(2018年)」を報告した[36]
  • Medical Gas Researchに慶應義塾大学と「”哲学分子” 水素は老化と難病を克服する"A “philosophical molecule,” hydrogen may overcome senescence and intractable diseases."(2020年)」を報告した[37]

脚注[編集]

  1. トップページ|MiZ株式会社”. www.e-miz.co.jp. 2020年2月18日閲覧。
  2. Yanagihara, Tomoyuki; Arai, Kazuyoshi; Miyamae, Kazuhiro; Sato, Bunpei; Shudo, Tatsuya; Yamada, Masaharu; Aoyama, Masahide (2005-10). “Electrolyzed hydrogen-saturated water for drinking use elicits an antioxidative effect: a feeding test with rats”. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 69 (10): 1985–1987. doi:10.1271/bbb.69.1985. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Electrolyzed+hydrogen-saturated+water+for+drinking+use+elicits+an+antioxidative+effect:+a+feeding+test+with+rats.. 
  3. Kurokawa, Ryosuke; Seo, Tomoki; Sato, Bunpei; Hirano, Shin-ichi; Sato, Fumitake (2015-10-26). “Convenient methods for ingestion of molecular hydrogen: drinking, injection, and inhalation” (英語). Medical Gas Research 5 (1): 13. doi:10.1186/s13618-015-0034-2. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. PMC: PMC4620630. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. https://doi.org/10.1186/s13618-015-0034-2. 
  4. トップページ|MiZ株式会社”. www.e-miz.co.jp. 2020年2月18日閲覧。
  5. Kurokawa. “Preventing explosions of hydrogen gas inhalers”. www.medgasres.com. 2020年2月17日閲覧。
  6. 世界唯一の爆発しない水素ガス吸入機の開発 ~水素ガス発生機の爆発防止~”. 2020年2月18日閲覧。
  7. 大学ジャーナルオンライン編集部 (2019年9月26日). “市販の水素ガス吸入機に爆発危険性 慶應義塾大学とMiZが共同研究 | 大学ジャーナルオンライン” (日本語). univ-journal.jp. 2020年2月18日閲覧。
  8. 白金の触媒作用 水素分子の場合”. bunsikidouhou.michikusa.jp. 2020年2月18日閲覧。
  9. Seo, Tomoki; Kurokawa, Ryosuke; Sato, Bunpei (2012-01-24). “A convenient method for determining the concentration of hydrogen in water: use of methylene blue with colloidal platinum”. Medical Gas Research 2: 1. doi:10.1186/2045-9912-2-1. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. PMC: 3309943. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=A+convenient+method+for+determining+the+concentration+of+hydrogen+in+water:+use+of+methylene+blue+with+colloidal+platinum.. 
  10. hydrogen-saturated water for drinking use elicits an antioxidative effect: a feeding test with rats. Biosci Biotechnol Biochem. 2005 Oct;69(10):1985-7.”. 2020年2月18日閲覧。
  11. Hepatic oxidoreduction-related genes are upregulated by administration of hydrogen-saturated drinking water. Biosci Biotechnol”. 2020年2月18日閲覧。
  12. Hydrogen supplementation of preservation solution improves viability of osteochondral grafts. Scientific World Journal. 2014; 2014:109876. doi: 10.1155/2014/109876. Epub 2014 Nov 19.”. 2020年2月18日閲覧。
  13. Liu, Chi; Kurokawa, Ryosuke; Fujino, Masayuki; Hirano, Shinichi; Sato, Bunpei; Li, Xiao-Kang (2014-06-30). “Estimation of the hydrogen concentration in rat tissue using an airtight tube following the administration of hydrogen via various routes” (英語). Scientific Reports 4 (1): 1–11. doi:10.1038/srep05485. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. https://www.nature.com/articles/srep05485. 
  14. Takeuchi, Satoru; Nagatani, Kimihiro; Otani, Naoki; Nawashiro, Hiroshi; Sugawara, Takashi; Wada, Kojiro; Mori, Kentaro (2015-12). “Hydrogen improves neurological function through attenuation of blood–brain barrier disruption in spontaneously hypertensive stroke-prone rats” (英語). BMC Neuroscience 16 (1): 22. doi:10.1186/s12868-015-0165-3. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. PMC: PMC4411925. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. https://bmcneurosci.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12868-015-0165-3. 
  15. Sobue, Sayaka; Yamai, Kazuaki; Ito, Mikako; Ohno, Kinji; Ito, Masafumi; Iwamoto, Takashi; Qiao, Shanlou; Ohkuwa, Tetsuo et al. (2015-05-01). “Simultaneous oral and inhalational intake of molecular hydrogen additively suppresses signaling pathways in rodents” (英語). Molecular and Cellular Biochemistry 403 (1): 231–241. doi:10.1007/s11010-015-2353-y. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. https://doi.org/10.1007/s11010-015-2353-y. 
  16. Shigeta, Takanobu; Sakamoto, Seisuke; Li, Xiao-Kang; Cai, Songjie; Liu, Chi; Kurokawa, Ryosuke; Nakazawa, Atsuko; Kasahara, Mureo et al. (2015-03). “Luminal injection of hydrogen-rich solution attenuates intestinal ischemia-reperfusion injury in rats”. Transplantation 99 (3): 500–507. doi:10.1097/TP.0000000000000510. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Luminal+injection+of+hydrogen-rich+solution+attenuates+intestinal+ischemia-reperfusion+injury+in+rats. 
  17. "Hydrogen-rich pure water prevents cigarette smoke-induced pulmonary emphysema in SMP30 knockout mice"Biochemical and Biophysical Research Communications (2017) 1-8”. 2020年2月18日閲覧。
  18. ”Hydrogen-Rich Saline Regulates Intestinal Barrier Dysfunction, Dysbiosis, and Bacterial Translocation in a Murine Model of Sepsis”Shock: December 2018 - Volume 50 - Issue 6 - p 640-647”. 2020年2月18日閲覧。
  19. Satoh, Yasushi; Araki, Yoshiyuki; Kashitani, Masashi; Nishii, Kiyomasa; Kobayashi, Yasushi; Fujita, Masanori; Suzuki, Shinya; Morimoto, Yuji et al. (09 01, 2018). “Molecular Hydrogen Prevents Social Deficits and Depression-Like Behaviors Induced by Low-Intensity Blast in Mice”. Journal of Neuropathology and Experimental Neurology 77 (9): 827–836. doi:10.1093/jnen/nly060. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30053086. 
  20. Li, Shaowei; Fujino, Masayuki; Ichimaru, Naotsugu; Kurokawa, Ryosuke; Hirano, Shinichi; Mou, Lisha; Takahara, Shiro; Takahara, Terumi et al. (2018-09-19). “Molecular hydrogen protects against ischemia-reperfusion injury in a mouse fatty liver model via regulating HO-1 and Sirt1 expression” (英語). Scientific Reports 8 (1): 1–11. doi:10.1038/s41598-018-32411-4. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. https://www.nature.com/articles/s41598-018-32411-4. 
  21. Ozeki, Naoki; Yamawaki-Ogata, Aika; Narita, Yuji; Mii, Shinji; Ushida, Kaori; Ito, Mikako; Hirano, Shin-Ichi; Kurokawa, Ryosuke et al. (2020-02). “Hydrogen water alleviates obliterative airway disease in mice”. General Thoracic and Cardiovascular Surgery 68 (2): 158–163. doi:10.1007/s11748-019-01195-3. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31468277. 
  22. "Hydrogen inhalation protects hypoxic–ischemic brain damage by attenuating inflammation and apoptosis in neonatal rats" Experimental Biology and Medicine 2019; 0: 1–11. DOI: 10.1177/1535370219855399”. 2020年2月18日閲覧。
  23. Wang, Peipei (2020年). “Hydrogen Gas Attenuates Hypoxic-Ischemic Brain Injury via Regulation of the MAPK/HO-1/PGC-1a Pathway in Neonatal Rats” (英語). Oxidative Medicine and Cellular Longevity. 2020年2月18日閲覧。
  24. 新生児の低酸素性虚血性脳症に対する水素ガス吸入の有効性とその作用メカニズムを動物試験により発見”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2020年3月3日閲覧。
  25. Terawaki, Hiroyuki; Hayashi, Yoshimitsu; Zhu, Wan-Jun; Matsuyama, Yukie; Terada, Tomoyoshi; Kabayama, Shigeru; Watanabe, Tsuyoshi; Era, Seiichi et al. (2013). “Transperitoneal administration of dissolved hydrogen for peritoneal dialysis patients: a novel approach to suppress oxidative stress in the peritoneal cavity” (英語). Medical Gas Research 3 (1): 14. doi:10.1186/2045-9912-3-14. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. PMC: PMC3734057. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. http://medicalgasresearch.biomedcentral.com/articles/10.1186/2045-9912-3-14. 
  26. Nagatani, Kimihiro; Nawashiro, Hiroshi; Takeuchi, Satoru; Tomura, Satoshi; Otani, Naoki; Osada, Hideo; Wada, Kojiro; Katoh, Hiroshi et al. (2013). “Safety of intravenous administration of hydrogen-enriched fluid in patients with acute cerebral ischemia: initial clinical studies” (英語). Medical Gas Research 3 (1): 13. doi:10.1186/2045-9912-3-13. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. PMC: PMC3694409. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. http://medicalgasresearch.biomedcentral.com/articles/10.1186/2045-9912-3-13. 
  27. Therapeutic efficacy of infused molecular hydrogen in saline on rheumatoid arthritis: a randomized, double-blind, placebo-controlled pilot study. Int Immunopharmacol. 2014 Aug;21(2):468-73. doi:10.1016/j.intimp.2014.06.001. Epub 2014 Jun 11”. 2020年2月18日閲覧。
  28. Consumption of water containing over 3.5 mg of dissolved hydrogen could improve vascular endothelial function. Vasc Health Risk Manag. 2014 Oct 17; 10:591-7. doi:10.2147/VHRM.S68844. eCollection 2014.”. 2020年2月18日閲覧。
  29. Ishibashi, Toru; Ichikawa, Miki; Sato, Bunpei; Shibata, Shinji; Hara, Yuichi; Naritomi, Yuji; Okazaki, Ken; Nakashima, Yasuharu et al. (2015-08-01). “Improvement of psoriasis-associated arthritis and skin lesions by treatment with molecular hydrogen: A report of three cases”. Molecular Medicine Reports 12 (2): 2757–2764. doi:10.3892/mmr.2015.3707. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. http://www.spandidos-publications.com/10.3892/mmr.2015.3707/abstract. 
  30. Noda, Kentaro; Shigemura, Norihisa; Tanaka, Yugo; Kawamura, Tomohiro; Hyun Lim, Sang; Kokubo, Kenichi; Billiar, Timothy R.; Bermudez, Christian A. et al. (2013-02). “A novel method of preserving cardiac grafts using a hydrogen-rich water bath”. The Journal of Heart and Lung Transplantation: The Official Publication of the International Society for Heart Transplantation 32 (2): 241–250. doi:10.1016/j.healun.2012.11.004. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23273745. 
  31. Tamaki, Ichiro; Hata, Koichiro; Okamura, Yusuke; Nigmet, Yermek; Hirao, Hirofumi; Kubota, Toyonari; Inamoto, Osamu; Kusakabe, Jiro et al. (2018). “Hydrogen Flush After Cold Storage as a New End-Ischemic Ex Vivo Treatment for Liver Grafts Against Ischemia/Reperfusion Injury” (英語). Liver Transplantation 24 (11): 1589–1602. doi:10.1002/lt.25326. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. PMC: PMC6686173. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. https://aasldpubs.onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/lt.25326. 
  32. Li, Shaowei; Fujino, Masayuki; Ichimaru, Naotsugu; Kurokawa, Ryosuke; Hirano, Shinichi; Mou, Lisha; Takahara, Shiro; Takahara, Terumi et al. (2018-09-19). “Molecular hydrogen protects against ischemia-reperfusion injury in a mouse fatty liver model via regulating HO-1 and Sirt1 expression” (英語). Scientific Reports 8 (1): 1–11. doi:10.1038/s41598-018-32411-4. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. https://www.nature.com/articles/s41598-018-32411-4. 
  33. Saito, Masao; Chen-Yoshikawa, Toyofumi F.; Takahashi, Mamoru; Kayawake, Hidenao; Yokoyama, Yuhei; Kurokawa, Ryosuke; Hirano, Shin-Ichi; Date, Hiroshi (2019-10-30). “Protective effects of a hydrogen-rich solution during cold ischemia in rat lung transplantation”. The Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery. doi:10.1016/j.jtcvs.2019.09.175. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31780065. 
  34. Uto, Keiichi; Sakamoto, Seisuke; Que, Weitao; Shimata, Keita; Hashimoto, Shintaro; Sakisaka, Masataka; Narita, Yasuko; Yoshii, Daiki et al. (2019-02-08). “Hydrogen-rich solution attenuates cold ischemia-reperfusion injury in rat liver transplantation”. BMC Gastroenterology 19 (1): 25. doi:10.1186/s12876-019-0939-7. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. PMC: PMC6368804. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. https://doi.org/10.1186/s12876-019-0939-7. 
  35. ”The promise and peril of universal health care” Science, 361/6404/eaat9644, 2018.”. 2020年2月18日閲覧。
  36. ”Who will be suffering from losing the Alzheimer’s gamble.” Science, 361/6405/838, 2018.”. 2020年2月18日閲覧。
  37. A “philosophical molecule,” hydrogen may overcome senescence and intractable diseases”. www.medgasres.com. 2020年3月16日閲覧。

外部リンク[編集]


This article "MiZ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:MiZ.


Compte Twitter EverybodyWiki Follow us on https://twitter.com/EverybodyWiki !

Farm-Fresh comment add.png You have to Sign in or create an account to comment this article !<comment-streams/>