Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

LMS 0-4-4T蒸気機関車

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。

LMS 5形蒸気機関車
1948年10月にワトフォードジャンクション 41909号機関車
1948年10月にワトフォードジャンクション 41909号機関車
基本情報
運用者 ロンドン・ミッドランド・アンド・スコティッシュ鉄道
イギリス国鉄
設計者 ウィリアム・スタニア
製造所 LMS クルー、ダービー、ホーウィック工場
バルカン・ファウンドリー
アームストロング・ホイットワース
製造年 1934年 - 1951年
製造数 842両
運用終了 1968年
主要諸元
軸配置 4-6-0(2C)
軌間 1,435 mm
機関車重量 73.2 t
動輪径 1,829 mm
シリンダ数 2気筒
シリンダ
(直径×行程)
470 mm × 711 mm
弁装置 ワルシャート式(一部除く)
ボイラー圧力 1.55 MPa
引張力 113 kN
テンプレートを表示

クラス2 スタニア 0-4-4T(Class 2)は、イギリスのロンドン・ミッドランド・アンド・スコティッシュ鉄道(LMS)が導入した蒸気機関車の1形式である。軸配置4-4-0(2C)の小型の旅客用機関車で、1932年から1933年までに10両が製造された。

概要[編集]

ミッドランド鉄道には多数の1P 0-4-4Tがあり、これは2Pに分類されたより大きな車輪の設計の、より大きなバージョンだった。構築された10台には、LMSによって6400〜6409の番号が付けられ、国有化の直前に1900〜1909の番号が付け直され、新しいLMS Ivattクラス2 2-6-0の番号が解放された。イギリス国鉄は、番号に40000を加算して41900〜41909にした。

1962年に廃車された41900を除き、すべて1959年に廃車された。保存されたものはなかった。

出典[編集]

  • James, Fred; Essery, Bob (2001). “The LMS 0-4-4T Engines”. LMS Journal Special Preview Issue. 
  • Longworth, Hugh. British Railway Steam Locomotives 1948-1968. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found 
  • テンプレート:Rowledge-Engines of the LMS

参考文献[編集]

スクリプトエラー: モジュール「Side box」はありません。

スクリプトエラー: モジュール「Side box」はありません。

スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。


This article "LMS 0-4-4T蒸気機関車" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:LMS 0-4-4T蒸気機関車.



Read or create/edit this page in another language

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。