JR貨物UV31A形コンテナ

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found UV31A形コンテナ(UV31Aがたコンテナ)は、2018年度に登場した、日本貨物鉄道(JR貨物)輸送用として籍を編入している20ft私有コンテナ(通風コンテナ)である。

形式の数字部位 「 31 」は、コンテナの内容積を元に決定される。このコンテナ容積31㎥の算出は、厳密には端数四捨五入計算の為に、内容積30.5 - 31.4㎥の間に属するコンテナが対象となる。[1] また形式末尾のアルファベット一桁部位「A」は、コンテナの使用用途(主たる目的)が「普通品の輸送」を表す記号として付与されている[2]。 1994年度より製造された。

特記事項[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

番台毎の概要[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

6 - 32
日本石油輸送所有。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)
※参考白黒写真掲載ページ → ---項。

外部サイト[編集]

関連項目[編集]

  • JR貨物のコンテナ形式

スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。


This article "JR貨物UV31A形コンテナ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:JR貨物UV31A形コンテナ.