JR貨物UM21A形コンテナ

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found UM21A形コンテナ(UM21Aがたコンテナ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)輸送用として籍を編入した30ft・床面積が21m3仕様の、普通品輸送向け私有コンテナ(無蓋コンテナ)である。

形式の数字部位 「 21 」は、無蓋コンテナの床面積を元に決定される。このコンテナの床面積となる21㎥の算出は、厳密には端数四捨五入計算の為に、内容積20.5 - 21.4㎥の間に属するコンテナが対象となる[1]。 また形式末尾のアルファベット一桁部位 「 A 」は、コンテナの使用用途(主たる目的)が 「 普通品(いわゆる、非危険品の輸送)」を表す記号として、付与されている[2]

特記事項[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

焼却灰輸送用、ダンプ式無蓋コンテナを二段積みにして、左端のコンテナと同等の高さに収めた事例。(東京(タ)にて、1997年10月撮影)

無蓋コンテナの形式によっては、汎用コンテナと同等の高さがあったり、逆に1/8サイズの板型の様に8段(12ftの場合)又は、1/4サイズの薄型の様に4段(20ftの場合)に積み上げてやっとドライコンテナと同等の高さに達するなど、他形式ではタンクコンテナ以外では見られない様な、見た目が多種多彩に入り乱れているのも無蓋コンテナ形式の特徴となっている。 さらに大きな特徴として、個々の構造にもよるが例えば段積み可能構造のコンテナで、輸送後に空コンとなった無蓋コンテナを2 - 4段に積み上げて一個の箱型コンテナ状に仕立てて、回送する方法も近年は盛んに利用されている。これは、通常は私有コンテナとしての空コン回送料金には、ある程度の割引料金が適用されるものの、例えば四個の無蓋コンテナを別々に回送すると四倍の料金が必要となる。これに対して、元々段積みできる構造の場合では四段に積み上げて一個分だけのコンテナとしての回送料金となる。

番台毎の概要[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

38001 - 38003
神鋼建材工業所有。総重量20.0t(規格外)。
38004 - 38010
日本通運所有。総重量20.0t(規格外)。
38012 - 38015
日本通運所有。全長9410mm(規格外)、総重量20.0t(規格外)。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)
※参考白黒写真掲載ページ → ---項。

外部サイト[編集]

関連項目[編集]

  • JR貨物のコンテナ形式

スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。


This article "JR貨物UM21A形コンテナ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:JR貨物UM21A形コンテナ.