Dr.Liu

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

りう ゆう, ドクター リウ
劉勇, Dr.Liu Young
生年月日 [[1958年(63 - 64歳)年]]
愛称 りう先生
出生地 中華人民共和国の旗 中国
職業 鍼灸師・実業家

Dr. Liu Young(ドクターリウ、漢字表記:劉 勇、1958年[1] - )は中国出身の日本の医師(はり師)。「鍼灸界の権威」と紹介されることがある[2]

Dr. Liu Method劉臨床塾代表、沖縄統合医療学院学術顧問、東北楽天ゴールデンイーグルスコンディショニンググループ顧問、北京中医薬大学顧問(中国)、中国認証外国専門家を兼任する。

来歴[編集]

少年時代に腹痛の母を鍼灸医が救ったことに感銘を受けて医師を志す[2]。外科手術が苦手だったことから麻酔医の道を選んだ[2]。日本では、交通事故に遭遇したビートたけしの顔面神経麻痺を回復させた[2]

主な著書[編集]

  • 『劉勇の疾患別臨床鍼灸・テクニック』医道の日本社、2009年
  • 『10秒押すだけで美肌&美顔 速効・綿棒美容』マガジンハウスムック、2012年
  • 『あなたは顔で判断されている―健康美に輝く「美しい顔」を作るために』科学新聞社出版局、2013年
  • 『腸福論 100年100歳時代を生き抜く みんなの痩せ方改革』徳間書店、2019年

脚注[編集]

  1. 『腸福論』徳間書店、2019年[要ページ番号]
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 劉勇 - 日刊スゴい人(2014年12月19日)

Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "Dr.Liu" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:Dr.Liu.