COEDO KAWAGOE F.C

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


COEDO KAWAGOE F.C
原語表記 COEDO KAWAGOE F.C
創設年 2020年
所属リーグ 川越市社会人サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 埼玉県川越市
運営法人 COEDO KAWAGOE F.C株式会社
代表者 有田和生
監督 坂本圭
公式サイト 公式サイト
テンプレート(■ノート)■サッカークラブPJ

COEDO KAWAGOE F.C(コエドカワゴエエフシー)は、埼玉県川越市を本拠地とするJリーグ加盟を目指すクラブの一つである。

Beer Beautifulをコンセプトに掲げたクラフトビールブランド「COEDO」をメインスポンサーとして、2020年9月に新規に設立された。

川越市に由来のある、29歳の起業家2名(代表取締役 有田和生、取締役 中島涼輔)によって設立され、「サッカー」が強いだけではなく、「事業」「ホームタウン活動(地域貢献活動)」などにも力を入れた新しいクラブづくりを目指している。

チームミッション[編集]

2020年9月に設立、10月にはCOEDO KAWAGOE F.C株式会社として法人化を完了した。

「フットボールクラブを通じて、 川越に夢と感動を創出し続け、100年続くクラブへ」をミッションとし、以下の3つを掲げている。


―(1)川越初のJリーグ参入への挑戦

勝利にこだわり、90分間観客を魅了し続けられる、チーム作りへの挑戦。

―(2)クラブ事業で新しいビジネスモデルへの挑戦

「スポンサー」「チケット」「グッズ」に頼らない新たな収益の柱作りへの挑戦。

―(3)関わる人全員が心から誇れるクラブへの挑戦

クラブを取り巻く全ての人たちが胸を張って自慢できるクラブ作りへの挑戦。

外部リンク[編集]

参考リンク[編集]

  1. サッカーチーム「COEDO KAWAGOE F.C」発足 川越からJリーグ目指す
  2. 埼玉県川越市からJリーグ目指すCOEDO KAWAGOE F.Cがブロックチェーン基盤のFiNANCiEでクラブトークン発行
  3. 元Jリーガー/安芸銀治選手(26)が現役復帰、埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」へ加入
  4. リアルのサッカークラブを使った実践型スポーツビジネススクール「COEDO SPORTS COLLEGE」、埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」が開講、1期生を募集開始
  5. 埼玉県川越市特化オウンドメディア「#川越(ハッシュカワゴエ )」、埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」がサービスリリース
  6. 削減コストからスポンサー費用捻出するスポンサープラン。toC/toB向けコスト削減事業を行うクラスターグループ株式会社と埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」が業務提携


This article "COEDO KAWAGOE F.C" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:COEDO KAWAGOE F.C.