Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

AKIRA (シンガーソングライター)

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

あきら
AKIRA
生年月日 1月26日
職業 ミュージシャン
公式サイト AKIRAオフィシャルブログ
テンプレートを表示

AKIRA(アキラ)は大阪府出身。バークリー音楽大学(Berklee College of Music)卒業。現在はアーティストとして作曲・編曲などを行っている。「11-A.REPUBLIC」のメンバー(現在は活動休止中)。

略歴・人物[編集]

2011年[編集]

三軒茶屋「CURRY & BAR 2531」を11月21日月曜日にオープン[1][2]。 2011年12月03日、年の瀬も迫っている頃、カレーの仕込みをしている途中で左手人差し指を5針縫う大けがをした。当初、ライブのリハーサルも控えており、病院に行った際に医者に「なんとかベースが弾けるようにしてほしい」と懇願。楽器を弾くにあたって万全ともいえる処置を施してもらっている。しかしながら診察のためにリハーサルの時間帯を変更してもらったこともあり、処置の対応が遅いと一歩間違えるとミュージシャン人生を左右しかねない事態であったため、周囲から多くのサポートを受けていたことにも感謝の意を述べている[3]

2012年[編集]

経営する三軒茶屋「CURRY&BAR2531」の1周年を報告。 (もともとは神泉にあったが三軒茶屋へ移転していた。)ランチのみの営業から時間帯を延長し営業スタイルも変化。「自分の想像を超えるような新たな出会いがたくさんありました。新たに出会っていただいた方々、そして以前と変わらず応援してくださってる皆様、本当にありがとうございます。」と感謝の言葉を綴っている[4]。--2011年11月10日の記事から出典

ZENRYOKU劇音団旗揚げ公演「ロックンロール・スーパーマン」にデイリーゲストとして出演[5][6]

GRANDCOLORSTONEのツイキャスに出演し生配信に参加した[7]

いきものがかりの武道館ライブに観客として参戦。音楽の良さを再確認し曲を書きたいという気持ちを改めて実感できた時間となった[8]。同年、フジロックフェスティバルに「もつカレー」を売る為出店。例年になく繁盛し、大忙しだったことをブログで綴っている。

2013年[編集]

三軒茶屋「CURRY&BAR2531」が「三軒茶屋経済新聞」に取り上げられたことを報告。記事には新メニューの「つけ麺スープのリゾット風カレー」が追加された経緯やその他のおすすめメニューについても触れられている[9][10]。三軒茶屋「CURRY&BAR2531」の2周年を報告[11]テレビ東京で放送された出没!アド街ック天国で経営するカレー店が紹介された[12][13][14]。音楽活動は曲を提供したりアレンジしたり、ベーシストであるがギターを教えることもあった。

2014年~2015年[編集]

ドラマ撮影に参加したり、SKE481stユニットシングル、ラブ・クレッシェンド「コップの中の木漏れ日」に収録のカップリング曲である『お楽しみは明日から』(全タイプ収録)の作曲・編曲を担当。トヨタ自動車のCMにも使用されている[15] 。 経営するカレー店は、お笑いタレントTKO木下隆行のInstagramにもカレー店の写真が掲載されたため歓びの言葉を語っている[16]。 同年11月、広島県に本店のあるメガネチェーン店「メガネの田中」のCMソングを制作。広島弁の歌詞をジャマイカ出身の社長が歌うというコンセプトで、本人は大阪府出身のため馴染みのない広島弁に悪戦苦闘しながらも歌詞に合わせて作曲した[17]

交友[編集]

仲の良いギタリスト植田健一(UESA)と高尾山へ登山に行くも、登山らしい恰好をしていなかったがケーブルカーを使わずに徒歩で登った。 俳優でもある土屋裕一と永山たかしにギターを教えたり、曲のアレンジやアドバイスをした経験がある[18]。 また、ユニット「WHITE SHADOW」の楽曲制作にも関わる[19]。その他、東原力哉、ZILcoNIA、阿部裕也、シュン(SHAKE)、リク(SHAKE)などと交流があり、様々なライブハウスでのイベントに出演し、裏方としてサポートに回るなど活動していた。

好物[編集]

大好物な「黒豆」と「紅白なます」と「数の子」[20]のほか、餃子・甘い物、そしてポン酢(大阪で有名な旭ポン酢限定)[21]で、本人は甘党と宣言している[22]

モットー[編集]

ベースを始めたころの事を振り返り、「練習とはしんどいと思う事をやることが練習。嫌だな、しんどいなと思う事をやる事が修行」といった事を教えられた事があります。それからベースを練習するにあたってとにかくしんどい事に取り組んで、難しい事をどんどん追求してやり始めた。そしてそれからの一年で自分でもわかるぐらいにベースが格段に上手くなったという事がありました。それからというもの、音楽に限らず、自分からしんどい事やつらい事を進んでやるように心がける意識しています。音楽だけじゃなく、世の中の事すべてに対していつも「修行」を意識する事で、得られるものがそこにはあるんじゃないかなって思うんです。」(--本人ブログより引用。)と、自身の経験や教えられた事をもとに熱く語っている[23]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. 三軒茶屋「CURRY & BAR 2531」AKIRAオフィシャルブログ” (20111010). 20180201閲覧。
  2. “[https://ameblo.jp/akira-11a/page-96.html# 「三軒茶屋「CURRY & BAR 2531」オープンなり~!!」 AKIRAオフィシャルブログ]” (20111122). 20180201閲覧。
  3. 「急がば回れ」AKIRAオフィシャルブログ” (20111103). 20180201閲覧。
  4. 三軒茶屋「CURRY & BAR 2531」AKIRAオフィシャルブログ” (20111010). 20180201閲覧。
  5. ZENRYOKU劇音団旗揚げ公演”. Copyright(C) GRAND COLOR STONE All rights reserved.. 20180201閲覧。
  6. ZENRYOKU”. ZENRYOKU劇音団Twitter (20161104). 20180201閲覧。
  7. GRANDCOLORSTONEの生配信”. ツイキャス (20121225). 20180201閲覧。
  8. 「いきものがかり」AKIRAオフィシャルブログ” (20131123). 20180201閲覧。
  9. 「三茶のもつカレー店「CURRY&BAR2531」、新メニューにリゾット風カレー」”. 三軒茶屋経済新聞 (20131220). 20180201閲覧。
  10. 「記事になってるーーー!!!!!」AKIRAオフィシャルブログ” (20131220). 20180201閲覧。
  11. 「2周年」AKIRAオフィシャルブログ”. AmebaBlog (20131121). 20180201閲覧。
  12. 「出没!アド街ック天国」で紹介されます!」AKIRAオフィシャルブログ” (20130508). 20180201閲覧。
  13. 「アド街ック天国を見逃した方のために、動画をアップしてもらいました!!」AKIRAオフィシャルブログ” (20130528). 20180201閲覧。
  14. & BAR 2531』 映像 - YouTube
  15. TOYOTA×SKE48 FUN!FUN!FUN!カーライフ”. ©AICHI TOYOTA. All Rights Reserved.. 20180201閲覧。
  16. 「狙った獲物は逃さない 2016」”. TKO木下インスタグラム (20160205). 20180201閲覧。
  17. メガネの田中”. メガネの田中. 20180201閲覧。
  18. 「ギター友の会」オリジナル曲がYoutubeに!!AKIRAオフィシャルブログ” (20130501). 20180201閲覧。
  19. 「WHITE SHADOW」が始動!!AKIRAオフィシャルブログ” (20130430). 20180201閲覧。
  20. 「あけましておめでとうございます!!」AKIRAオフィシャルブログ” (20140102). 20180201閲覧。
  21. 「AKIRAあるある」AKIRAオフィシャルブログ” (20130215). 20180201閲覧。
  22. 「そりゃもう毎日ドキドキですよっ!!!!」AKIRAオフィシャルブログ” (20130209). 20180201閲覧。
  23. 「フジロックから帰京しました」AKIRAオフィシャルブログ” (20120802). 20180201閲覧。

外部リンク[編集]


This article "AKIRA (シンガーソングライター)" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:AKIRA (シンガーソングライター).