鳥類の起源

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

始祖鳥の化石(ベルリン)

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found スクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。 鳥類がどの動物のグループから進化したかについての科学的な問いは、伝統的に「鳥類の起源」と呼ばれてきた。現在の科学的コンセンサスは、鳥は中生代に起源を持つ獣脚類恐竜のマニラプトル類の一部であるというものである。鳥と恐竜の密接な関係は、19世紀に、ドイツで原始的な鳥である始祖鳥が発見された後、最初に提案された。鳥と絶滅した非鳥類の恐竜は、多くのユニークな骨格特性を共有している [1]。さらに、羽が保存された30種以上の非鳥類恐竜の化石が収集された。ミクロラプトルやアンキオルニスなどの非常に小さな恐竜でさえ、翼を形成する長い羽毛のある腕と脚を持っている。ジュラ紀の基本的なペドペンナ鳥群も、これらの長い羽を持つ足を示している。古生物学者のローレンス・ウィットマーは、2009年に、この証拠は鳥類の進化が4つの翼のある段階を経たことを実証するのに十分であると結論付けた [2]。化石の証拠はまた、鳥と恐竜が、内部に空気穴を持つ骨、消化器系の胃石、巣作りや抱卵などの特徴を共有していることを示している。鳥の起源は進化生物学の中で歴史的に論争の的となっているが、少数の科学者が他の種類の主竜類からの進化を示唆している。恐竜の祖先を支持するコンセンサスの中で、マニラプトル類の獣脚類の中で初期の鳥を生み出した進化の出来事の正確な順序については論争がある。鳥の飛行の起源は別の、しかし関連する問いであり、いくつかの学説が提案されている。

脚注[編集]

  1. Chiappe, Luis M. (2009). “Downsized Dinosaurs: The Evolutionary Transition to Modern Birds”. Evolution: Education and Outreach 2 (2): 248–256. doi:10.1007/s12052-009-0133-4. 
  2. Witmer, LM (2009). “Palaeontology: Feathered dinosaurs in a tangle”. Nature 461 (7264): 601–2. Bibcode: 2009Natur.461..601W. doi:10.1038/461601a. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。PMID 19794481. 

参考文献[編集]


This article "鳥類の起源" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:鳥類の起源.