You can edit almost every page by Creating an account. Otherwise, see the FAQ.

髙岡 功太郎

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not foundLua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

髙岡 功太郎
VIAF Takaoka, Kōtarō
Born 1973年〈昭和48年〉11月
🏳️ Nationality 日本の旗 日本
💼 Occupation

髙岡 功太郎(たかおか こうたろう、1973年昭和48年〉11月 - )は、日本歴史研究家社会活動家保守論客歌人

一般社団法人板垣退助先生顕彰会理事長、美しい日本の憲法をつくる国民の会推進委員、アパ日本再興財団講師・特待生。靖國神社崇敬奉賛会終身正会員。自由民主党所属。板垣退助玄孫[1][2][3]。板垣の子孫で公的活動を行っている唯一の人物であり、勤皇志士・護國の英霊を顕彰する活動、戦後史観に流されない真の板垣退助の精神を伝える活動を行っている[4][5]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

昭和48年(1973年)11月、髙岡功[6][7][8]の長男として生まれる[4]大阪府箕面市出身。出生時の体重は、4,050g。幼少期の知能検査でIQ180と判定され、周囲を驚かせた[9]。3歳より、ミッション系の幼稚園に通うが、入園初日に「聖書に書かれている世界観は、信仰の対象として受け入れることは出来ない」として、幼稚園を運営する修道院での「礼拝」の時間に祈ることを拒否し、大人たちを困惑させる[10][11][12]。一方で、帰宅時に保護者が幼稚園へ向かいに来れなかった時は、当時5歳の姉は不安になって泣き出したのに対し、当時3歳の当人は「朝に通った道を帰るだけなのに、どうして泣くことがあるのか?」と姉の手を引いて先導しながら帰宅した為、家人を驚かせた[13][14][15]箕面市立西小学校箕面市立第一中学校を経て、箕面自由学園高等科へ進学。宝塚造形芸術大学大学院博士前期課程修了(修士)[16]。博物館学芸員資格取得[16]

大人を論破[編集]

小学生の時に受けたIQテストでは、特に図形に関するものが得意で、瞬時に次々と解いてしまい時間を持て余したという。正論を吐いてテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。げず、論争となると年長者や大人まで論破してしまうことが多々あり、時には論破した相手から「生意気だ」と暴力を振われることもあった。そのため、常に閉塞感にテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。さいなまれ、同年代とは話が合わず、早く大人として見られる年齢になりたいと思うようになる。その頃の彼を救った言葉は、祖父から教わった家訓「出る杭は打たれるが、打ちようの無い巨大な杭は打たれない」、「大きな事を成し遂げる前には小さな邪魔が入る」というものであった[17]。中学、高校の6年間を通して社会科の成績は首席で、試験ではほぼ100点以外をとった事がなく、時には空気を読みながら遠慮がちにではあるが、教師の説明の間違いを指摘することすらあった[13]

国学への目覚め[編集]

歴史を辿り史書を猟歩する中で、日本の根幹から知っておかねばならぬと悟り『古事記』、『日本書紀』、『続日本紀』と読み耽り、高校進学までに六国史あたりまでを総て読了[13]。その中で、日本歴史は総て『天壤無窮の御神勅』に帰結しており、これを護持するのが、日本人の責務であると考えるようになる。しかし、戦後の日本が置かれている立場は、これら本来の日本のあるべき姿と著しく異なっており、大東亜戦争開戦詔勅はおろか、終戦詔勅ですら学校教育で教えないのは、大いなる欺瞞ではないかと義憤にかられた[18]。その間、身長は伸び続け、中学1年生で170cm、3年生で177cm、高校3年生で186cmとなる。これは、母方の祖父の身長が183cmであったことなどから、母方の遺伝であろうと言われている[19][20]スポーツ水泳を得意とし、学生時代は水泳部の主将を務めた[13]

母方祖父の影響[編集]

母方の祖父・乾一郎板垣退助の孫にあたり、また一郎は93歳まで長寿であったことなどから、土佐乾家の昔話や、軍事教練、戦地での出来事、板垣退助のことなどをよく聞いて育つ。その中で、教科書で取り上げる板垣退助は「自由民権運動の指導者」としての側面ばかりであり、それは間違いではないが、板垣の行った功績の全体からみれば、氷山の一角に過ぎないことを教わる[4]

中学生の時、祖父の書斎にあった佐藤信淵の著による『宇内混同秘策』を読み衝撃を覚える。その後、板垣退助の遺著『立國の大本』を熟読し、板垣自身の論述による『日本は侵略國にあらず』や『社會主義の脅威』は特に感銘を受けた。中学の同級生に中井多賀宏、高校の一つ下の後輩に山本太郎がいたが、自分が左翼思想に染まらなかったのは、板垣の著書を精読していたお陰であると語っている。また、戦後の書籍に載せる板垣像と、戦前の書籍に記される板垣像には大きな乖離があり、戦後史観における「作られた板垣像」には大いなる欺瞞があることを知る[4]。このことが、後年、髙岡が板垣退助の実像を研究する起因となった。その過程で、板垣退助の遺著『立國の大本』がGHQにより焚書処分となり、さらに財団法人板垣会の幹部が公職追放となるなど、戦後に板垣像が偏向されていくプロセスを解析している[13]

大学院在学中は、大学助手としても活動[21][22]。得意分野は、古文書(くずし字)読解。就職氷河期を経て世の不条理を感じ、真に日本の社会を良くしていく為には、國體の本義を説き憲法改正を成し遂げねばならないことを考究した[23]。卒業後、関西の電力系会社のインターネット営業部門(管理職)10年を経て、日立システムズのエンジニア業務に従事。その後、一般社団法人板垣退助先生顕彰会理事長などを歴任[4]

特記[編集]

一般社団法人板垣退助先生顕彰会(本部)外観

平成24年(2012年)7月13日、これまで一般に知られていなかった(髭のない時代の)板垣退助の写真[24]を、実家が所蔵していることが『讀賣新聞』他各紙に報じられ、同8月1日 - 31日まで、高知市立自由民権記念館で、同上写真が特別展示される[25][26][27]。 平成26年(2014年)11月5日 - 11月28日、衆議院憲政記念館『明治に活きた英傑たち特別展』において、ルイ・ヴィトンの鞄や同上写真が貴重な遺品として展示された[28]

平成27年(2015年)5月、美しい日本の憲法をつくる国民の会設立に伴い、憲法改正賛同者拡大推進委員を務め、同時に街頭情宣員を兼任。平成29年(2017年1月12日板垣退助先生顕彰会を一般社団法人化するにあたり、代表理事(理事長)に就任し、明治維新150年・板垣退助百回忌記念事業を推進[4]

DNA解析[編集]

日本民族の起源に対する研究[編集]

ジェノグラフィック・プロジェクト・平成17年(2005年

髙岡は史料を通して日本史を研究する中で、日本民族の起源に興味を持つようになるが、邪馬台国論争のように、諸説が自己を都合の良い解釈に終始し、結果として自家撞着に陥っている現状に辟易し、日本民族の起源をDNAにより解析する方法を研究するようになる。

平成22年(2010年)、クリストファー・タイラー・スミス博士(Dr. Christopher Tyler Smith)による『チンギス・ハーン遺伝子拡散』の研究やカラー・レッド(Color Red)の『Imperial family descended from Jomon/Ainu of Japan』を読み、Y染色体ハプログループによって、万世一系が証明可能なのか興味を懐いた髙岡は、自らの遺伝子を基に日本人の起源を解析するため、平成23年(2011年)10月、ナショナル・ジオグラフィック協会アリゾナ大学IBMらの共同主宰による『ジェノグラフィック・プロジェクト』に参加した[29]。また同時に、Y染色体のみに特化したウェブサイトを日本で初めて開設[30]。平成24年(2012年)10月1日、歴史学者西村幸祐は、原稿執筆に関して髙岡に意見を求めている[31]。同年11月、Geno 2.0に日本人初の被験者として参加[32]。その為、平成25年(2013年3月4日Geno 2.0に参加した初めての日本人の詳細なSNPとして、エチオピアの学術サイト『エスィオ・ヘリックス』で紹介される[33]。さらに、同年12月、FTDNAのBig-Yに日本人初の被験者として参加。その結果をウェブサイトで公開した[34]。髙岡はこれらの技術を応用し、板垣退助百回忌記念事業において、板垣退助のDNA解析に取り組んだ。特筆すべき成果は以下のようなものがある。

  • 板垣退助の男系子孫・板垣正明(板垣守正の長男)から得られた口腔内粘膜を解析し、板垣退助のY染色体SNP(一塩基多型)のサブクレード(細分岐系統)を「CTS10573, SK1670」と世界で初めて特定[35]。この枝はY染色体ハプログループO2a1b2a1bとして、令和元年(2019年6月10日ISOGGで認定された枝となる[36][37]
  • 板垣退助の女系子孫・浅野テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。造史なりちか浅野総一郎の男系玄孫)から得られた口腔内粘膜を解析し、浅野総一郎のY染色体ハプログループは、D1a2a1a2b1a1a8a[38]で、分岐指標の末端となる一塩基多型(SNP)は「D-CTS4093」であることを特定[37]
  • 板垣退助の女系子孫である髙岡自身から得られた口腔内粘膜を解析し、SNP(一塩基多型)のサブクレード(細分岐系統)が「Z38289」であると特定。さらにこの分岐系統(Y染色体ハプログループ)が「D1a2a2a2a2」に位置すると世界で初めて特定し、ISOGGで認定された枝となる[39]。この枝はY染色体D系統のマイナーブランチとされていたものであるが、この解析により「CTS131(Z1516)」から分岐した「CTS220」の分岐指標が特定され、のち北海道礼文島・船泊5号 縄文人骨より(縄文人として)初めてDNA解析が成功した際、これが「CTS131(Z1516)」から分岐した「CTS1824(CTS5685, CTS8272)」の系統であったため、分岐指標不詳の未知の系統とならず、同上系統の解明に間接的に貢献する形となった[4][40][41]
 
A0000
 
A000-T
 
PR2921
 
A00
 
 
A0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
L1090
 
 
P305
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
A1a
 
 
A1b1
 
 
サン族
 
 
P143
 
 
PF1608
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
V221
 
 
M42
 
 
M168
 
 
YAP
 
 
CTS3946
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
A5580.2
 
ナイジェリア
 
 
F6251
 
M15
 
チベット
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Y34637
 
ジャラワ族
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
M174
 
CTS11577
 
 
Z3660
 
 
M64.1
 
M116.1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
L1366
 
フィリピン
 
 
 
 
 
 
CTS131
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
CTS220
 
CTS11285
 
PH2316
 
Z38285
 
髙岡功太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
CTS1824
 
礼文島人骨
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(出典)『板垣精神』"ISOGG Tree"(Ver.15.73)[39]

明治維新のDNA[編集]

明治維新150年を機に、近代日本の骨格を創りあげたDNAについて、よく質問をされる機会が増えたため、これを考究することを決意。『板垣退助のグレート・ジャーニー』と題し、同プロジェクトの参加者を募集。被験者として解析された人物は106名を数えた[43]。その中には、旧皇族臣籍降下された男性の子孫や政治家総理大臣経験者、旧海軍大臣の子孫、旧財閥関係者など、済々多士が含まれており、現在も明治維新に関わるDNAサンプル提供者を広く募集している[44]

板垣退助百回忌記念事業[編集]

板垣退助先生顕彰碑(佐藤栄作書)
同上石碑(碑陰)板垣退助五十回忌に建立
板垣退助百回忌に際し揮毫(安倍晋三書)
理事会にて髙岡功太郎

板垣退助百回忌を2年後に控えた平成28年(2016年)10月12日、小沢一郎山本太郎らが率いる政党「生活の党と山本太郎となかまたち」が「自由党」という名に党名変更することが明らかとなると、板垣会は板垣退助らの創始した「自由党」と同名となるため、後世の人々に板垣らの理念に誤解が生じるのではないかと危機感を募らせた。このことが、のちに髙岡らが50年前の前例を規範に自民党安倍晋三総裁より揮毫を頂き、その文字を刻んだ位牌を作成して菩提寺に奉納し、後世に伝えねばならないという責任感と強い信念に結びついた[4]

髙岡は、平成29年(2017年1月12日一般社団法人板垣退助先生顕彰会代表理事(理事長)に就任し、憲法改正の活動を活発化させる一方で、板垣退助の事績を顕彰する講演会、勉強会を度々催して賛同者を募った。平成30年(2018年)が、板垣退助百回忌の年であると共に、明治維新150年であることから、内閣府における「明治150年関連施策推進事業」に登録を果たす[45]

同年2月、森友学園問題加計学園問題国会が空転し、反社会勢力国会議事堂を取り囲むデモを行う中、板垣退助の名誉を守り、板垣の精神を絶やすことなく後世に伝えねばならぬとの責務から、人目を忍び決死の覚悟で第一議員会館へ赴き、板垣退助百回忌への協力を安倍総裁事務所へ嘆願[46]。同時に東京方面在住の親族及び関係者へ板垣百回忌斎行の意義を説くため東奔西走する。結果として安倍首相は、米国外遊と中東歴訪の合間の僅かの時間を割き「板垣退助大先生のために出来ことならば」と「板垣死すとも自由は死せず」の文言を揮毫した[47]

薩土討幕之密約紀念碑
題字・髙岡功太郎揮毫
京都市東山区(祇園切り通し

板垣退助百回忌記念事業において、安倍晋三総理(当時現職)より「板垣死すとも…」の揮毫を賜った髙岡は、板垣退助の位牌の裏に彫り、高知と東京の両菩提寺に奉納した[48]。高知での奉納式は遺族らが見守るなか、高知市長岡崎誠也が祭文を奉読、NPO法人板垣会会長・古谷俊夫、同理事で大楠公の末裔・テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。くすのきテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。正浩まさひろらが式典を執りもった[49]。岐阜での板垣百年祭は、澤田榮作が盡力し、神道式(祝詞奏上・岐阜護國神社)にて斎行[4]。東京での奉納式は宮内庁関係者[50][51]防衛省OB[52]福岡孝弟曾孫・福岡孝昭[53]大楠公子孫・テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。くすのきテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。正至まさちか[54]自民党衆議院議員長尾敬、奥州市立後藤新平記念館 前館長・髙橋力、幕末史研究会会長・小美濃清明らも臨席して奉納[55][4]

同年、天皇陛下御即位三十年奉祝大阪実行委員に選任され、翌令和元年、天皇陛下御即位奉祝大阪実行委員を歴任。同年2月11日、紀元節に併せて明治維新150年・板垣退助百回忌記念書籍『板垣精神』を出版[56]。 同3月、大阪肥後橋アパホテルにおいて出版記念祝賀会を開催[57]。9月、京都祇園に『薩土討幕之密約紀念碑』を建立[58]。(祝詞奏上・京都霊山護國神社

令和2年(2020年7月16日、高知菩提寺での板垣退助第102回忌法要に際し、板垣総会において記念講演『「立國の大本」における板垣精神』を講演。NHK高知放送局より取材を受け、法要後のインタビューが放送された。令和3年(2021年)7月15日、高知板垣山の先祖歴代墓所を整備[59]

安倍晋三元総理を偲ぶ活動[編集]

板垣退助の勤皇精神を伝える活動[編集]

シンポジウム[編集]

令和5年(2023年10月29日、福島県地域創生総合支援事業として福島県郡山市で開催された『薩摩琵琶演奏と末裔たちのシンポジウム』で髙岡は『板垣退助河野広中の勤皇精神 -五箇条御誓文億兆安撫國威宣揚御宸翰- を軸とした東北に於ける展開』を講演した。このシンポジウム安積疏水の建設や開拓事業を通じて明治維新の功績を顕彰するもので、明治維新政府に携わった末裔たちの子孫として大久保洋子[76]、鈴木英雄[77]、髙岡功太郎[78]、山本盛隆[79]らが集った[80]。会場は丹下健三の設計による2000人収容可能な郡山女子大学建学記念講堂大ホールで、志學館大学教授・原口泉が基調講演を行い、錦心流一水会・鎌田薫水による薩摩琵琶の演奏が会場を盛り上げた[81]

献歌[編集]

桃山御陵にて[編集]

令和4年(2022年11月3日明治節に「桃山御陵」へ参りて臨場講話を行い詠みたる歌[82][83][70]

  テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。みたるテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。まゝに テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。あきテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。れのテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。そら  髙岡功太郎

伏見桃山陵パノラマ

板垣退助へ[編集]

平成30年(2018年7月16日、高知・高野寺『板垣退助百回忌法要・記念位牌奉納式』に臨みて[84]

  テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。精神こゝろテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。たくさむ テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。位牌ゐはいテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。うらに  髙岡功太郎

母成峠にて[編集]

令和5年(2023年10月28日福島県母成峠古戦場跡を訪ねて詠める歌[85][86]

  テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。たうげテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。時代ときの テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。はゝテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。るなり  髙岡功太郎

戊辰戦争東軍墓地にて[編集]

令和5年(2023年)10月28日、福島県・母成峠古戦場跡と、その眼下にある東軍墓地に参りて詠める歌[85][86]

  くれなゐテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。むる やまをテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。あふぎて  髙岡功太郎

戊辰戦争西軍墓地にて[編集]

令和5年(2023年)10月30日、福島県会津若松市にある西軍墓地に参りて詠める歌[87][86][88]

  テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。くれなゐそむる テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。やまをあふぎて  髙岡功太郎

安積国造神社にて[編集]

令和5年(2023年)10月29日、福島県郡山市にある「安積国造神社」に参りて詠める歌[89][81]

  テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。血縁ゆかりテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。おもふて かしはテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。をうつ  髙岡功太郎

大久保利通へ[編集]

令和5年(2023年)10月29日、福島県郡山市にある「大久保神社」に参りて詠める歌[86][90][81]

  テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。東西とうざいテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。ひとの テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。こゝろ テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。うるほす  髙岡功太郎

三島由紀夫・森田必勝両烈士へ[編集]

令和5年(2023年)11月19日、大阪護國神社にて斎行された『三島由紀夫森田必勝両烈士追悼五十三周年慰霊祭[91]』、ならびに同年11月25日、神戸・長田神社において献歌[92]

  テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。烈士ますらをたちの テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。こゝろテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。やさじ  髙岡功太郎

安倍晋三元総理へ[編集]

令和4年(2022年)7月8日安倍晋三元総理の殉難死の報道に接して詠める歌[93][94]

令和4年(2022年)7月10日、安倍晋三元総理の殉難地・大和西大寺にて献花に臨みたるときに詠める歌[95]

令和5年(2023年)3月26日大阪護國神社『桜の季節に安倍晋三元総理を偲ぶ慰霊祭』にて神前に奏上[96]

令和5年(2023年)7月8日大阪護國神社『安倍晋三元総理追悼一年祭』にて神前に奏上[97][98]

その他役職など[編集]

  • 天皇陛下御即位三十年奉祝大阪実行委員(平成30年度)
  • 天皇陛下御即位奉祝大阪実行委員(令和元年度)
  • 靖國神社崇敬奉賛会終身正会員
  • 京都霊山護國神社清掃奉仕の会会員
  • 土佐藩ゆかりの会(旧藩士族会)正会員
  • NPO法人板垣会(旧財団法人板垣会)正会員
  • 美しい日本の憲法をつくる国民の会(賛同者拡大推進委員、街頭情宣員)
  • 岐阜東照宮奉賛会法人正会員
  • 桃山御陵参拝団(令和4年明治節臨場講話)講師
  • 桜の季節に安倍晋三元総理を偲ぶ会 代表

栄典[編集]

  • 昭和61年(1986年)2月7日、塑像作品『人物像』- 第2回 豊美展(主催:豊能教育美術委員研究会)入選[100]
  • 平成8年(1996年)2月1日、『安全な交差点の提案 -Crossing for People-』大阪デザインコンペ'95優良賞[101][102][103]
  • 平成14年(2002年)7月、大阪市中央区 南警察署管内における紙幣(五千円)偽造、同行使事件の犯人逮捕協力により、同上警察署長より感謝状ならびに協力褒賞金を賜う[104]
  • 令和元年(2019年)12月、兵庫県神戸市 東灘警察署管内における窃盗事件(事件番号令和元100740)の犯人逮捕協力[104]

人物[編集]

日本古代史研究を、ライフワークとし、趣味としては古地図(特に18世紀の日本北辺域)、中国古代天文図(蘇頌から渋川春海)、和時計(世界で唯一不定時制時刻の機械化に挑んだ日本民族の特質、構造デザイン)、甲冑日本室町時代から織豊期)、古代氏族の系譜など多岐に渡る[13]。読書は速読であり、原稿の執筆も極めて速筆である。文章は近年は「起・承・転・結」ではなく、髙岡自らが考案した「結・起・承・転・良」(結論から始まり、意外な展開のあと良い話で終わる)と云う方法で執筆するべきであると提唱している[13]

略系図[編集]

 
 
髙岡宗武[105]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
髙岡宗德[106]
 
髙岡義榮[107]
 
髙岡宗友[108]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
髙岡宗清[109]
 
 
 
 
 
 
髙岡宗景[110]
 
 
髙岡宗意[111]
 
髙岡義暢[112]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
髙岡宗巖[113]
 
髙岡宗盈[114]
 
 
髙岡宗理[115]
 
 
女子[116]
 
 
髙岡義通[117]
 
髙岡義熈[118]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
髙岡宗方[119]
 
 
 
 
 
 
了夢童子
 
 
女子[120]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
橋本芳子[121]
 
橋本巻蔵[122]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
髙岡義隣[123]
 
髙岡義鑑[124]
 
 
髙岡良蔵[125]
 
 
髙岡賢之輔
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
髙岡優亮[126]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
弘融上人
 
 
橋本順治[127]
 
髙岡止利[128]
 
 
髙岡二郎[129]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
橋本市蔵[130]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山本良仙
 
山本良航
 
髙岡久子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡内清胤
 
岡内重俊
 
松本壽
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松本君平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松本三郎平[131]
 
松本丑太郎
 
 
板垣節子
 
 
板垣武生
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣守正
 
 
髙岡功[6]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾正成
 
板垣退助
 
板垣鉾太郎
 
 
板垣正貫
 
 
 
 
 
 
髙岡功太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
浅野泰治郎
 
 
 
 
 
 
髙岡眞理子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
川瀬徳太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
浅野千代子
 
 
 
 
 
 
杉崎光世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾六一
 
 
川瀬美世子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾正士
 
 
中村朝子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高野長蔵
 
高野直作
 
乾八重野
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
片岡精三郎
 
片岡清助
 
 
高野成雄
 
 
乾富美子
 
 
片岡正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
片岡静
 
 
片岡孝
 
 
片岡永
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
塩見信四郎[132]
 
片岡千恵
 
 
 
 
 
 
 
片岡美榮子
 
 
西島暁美
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
片岡五郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
足立作蔵[133]
 
 
足立つま
 
 
 
 
 
西島章次
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
足立忠太郎
 
足立光宏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
足立栄三郎
 
足立七郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
塩見峯太郎
 
 
 
 
 
塩見正道
 
塩見正直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(参考文献)『御侍中先祖書系圖牒』、『板垣精神』、『板垣退助君戊辰戦略』、『満福寺靈名簿』、『弘融上人略傳』

TV出演[編集]

憲法改正に関して[編集]

坂本龍馬・中岡慎太郎に関して[編集]

板垣退助に関して[編集]

  • 『こうちいちばん』NHKニュース番組(高知放送局)- 令和2年(2020年)7月16日18:30-19:00放送(アナウンサー・中道洋司[138][139]

安倍晋三元総理に関して[編集]

寄稿[編集]

  • 板垣退助の復姓と乾家』(所収『NPO法人板垣会』会報 第1号、平成27年(2015年)4月10日)
  • 板垣退助伯薨去五十年墓前祭のこと』(所収『NPO法人板垣会』会報 第3号、平成28年(2016年)6月20日)
  • 『近江衆侍・山内刑部一照と、掛川衆侍・乾家のこと』(所収『土佐藩ゆかりの会』会報 第7号、平成28年(2016年))
  • 北代巖雄先生と板垣山・板垣退助墓地清掃活動』(所収『NPO法人板垣会』会報 第4号、平成29年(2017年)1月5日)
  • 『山内猪右衛門と乾猪之助、土佐桐と品川の墓』(所収『土佐藩ゆかりの会』会報 第8号、平成30年(2018年)11月17日)
  • 「板垣精神」編纂と「板垣研究」事始め』(所収『NPO法人板垣会』会報 第7号、令和元年(2019年)12月1日)
  • 『京都祇園「薩土討幕之密約紀念碑」建立によせて』(所収『土佐藩ゆかりの会』会報 第9号、令和2年(2020年)12月25日)
  • コロナ禍の中での板垣退助顕彰活動』(所収『NPO法人板垣会』会報 第9号、令和3年(2021年)11月30日)
  • 『板垣山墓所整備と東照宮のことなど』(所収『土佐藩ゆかりの会』会報 第10号、令和3年(2021年)12月25日)
  • 『乾退助といふ男(上)』(所収『NPO法人板垣会』会報 第11号、令和5年(2023年)12月1日、8-11頁)
  • 『板垣退助の大楠公精神』(所収『あゝ楠公さん』湊川神社社報 第16号、令和6年(2024年)1月、10-16頁)

編著[編集]

  • 『キリスト系図の真理解』髙岡功太郎著
  • 『「マタイ伝」と「ルカ伝」におけるキリスト系譜の齟齬についての考察』髙岡功太郎論述
  • 『板垣精神』髙岡功太郎監修、一般社団法人板垣退助先生顕彰会編纂
  • 『板垣退助君戊辰戦略』髙岡功太郎編纂、一般社団法人板垣退助先生顕彰会
  • 『立國の大本』板垣退助著、髙岡功太郎訓点註釈版、一般社団法人板垣退助先生顕彰会
  • 『立國の大本』板垣退助著、髙岡功太郎現代語訳版、一般社団法人板垣退助先生顕彰会
  • 『日光東照宮と板垣退助』髙岡功太郎編纂、一般社団法人板垣退助先生顕彰会
  • 億兆安撫國威宣揚御宸翰謹解』髙岡功太郎著、一般社団法人板垣退助先生顕彰会

補註[編集]

  1. 髙岡功太郎の母方の高祖父が板垣退助にあたる。
  2. 『維新の記憶 -明治維新150年記念書籍-』讀賣新聞大阪本社、平成30年(2018年)7月、93-94頁(板垣退助子孫項目)
  3. 四国新聞社2012年7月13日
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 4.5 4.6 4.7 4.8 4.9 『板垣精神 : 明治維新百五十年・板垣退助先生薨去百回忌記念』”. 一般社団法人板垣退助先生顕彰会 (2019年2月11日). 2023年9月1日閲覧。
  5. アップルタウン』令和5年(2023年)10月号
  6. 6.0 6.1 髙岡功、au(旧関西セルラー電話)の創立メンバーで、日本における携帯電話の技術向上と発展に務めた。通産大臣表彰。KDDI取締役・上席理事などを歴任。
  7. 高岡功(KDDI非常勤顧問・上席理事)”. KDDI株式会社組織変更及び人事異動について (2003年4月1日). 2023年9月1日閲覧。
  8. 高岡功(KDDI株式会au事業本部au営業本部au関西支社 オペレーションセンター長・(株)エーユー関西支社取締役運用部長)”. KDDI株式会社組織変更及び人事異動について (2001年9月28日). 2023年9月1日閲覧。
  9. 幼児判定と成人判定では計測が異なるため、成人判定ではIQ145程度。髙岡家の親族には、メンサの会員となっている人物もいた。(『板垣精神の監修を終へて -板垣退助とギフテッドと私-』)
  10. 髙岡は信仰の対象として『聖書』を奉ずることを一切拒否した一方で、学問の対象としてこれを熟読をした。彼が受け入れ難いと主張した点は、次の4点に集約される。1.「神が万物を創造した」とする点。2.『聖書』に書かれている「神」が唯一であるとする点。3.三位一体であるとする点。4.『マタイ伝』と『ルカ伝』におけるキリストの系図に齟齬がある点。髙岡は1に関しては、万物は自然によって創成され、は万物に宿るものであるとした。2.に関しては『聖書』が「唯一神」を説くのは、古代のユダヤ人の知識に基づいて書かれたものを継承しているものであり、当人らは正しいと思い、それを書き記し、それを信仰しているものであったにせよ事実ではない。実際には世界中に八百萬ある中の一柱の神にすぎないとした。3.三位一体と称し、ヤハウェキリスト聖霊を一体とするが、『聖書』を読む限り3者は別物であり、多数神を認めたくがない為の詭弁である。ヤハウェとキリストが一体であるとするならば、なぜキリストが磔刑に処せられた時に「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」と自分自身を拝む行為をしたのかと云う矛盾が生じるとした。4.に関しては、両者の違いをキリストの義父・ヨセフの系図と、生母・マリアの系図の違いであると説明する宗派があるが、記載されている世代数に埋め難い齟齬があり、『聖書』の記載に間違いがある証左であると主張した。特に4の問題に関しては、幼稚園の園長は返答に窮し、幼稚園を運営する本部に対し「この様な園児に対してどのように説得すれば良いか」と書簡を送っている。また保護者に対して「たかおかくんは、おいのりをしません」と伝えた『連絡帳』が現存している。(『板垣精神の監修を終へて』より)
  11. 「前述の通り、私は生まれた時から身の周りに『聖書』のある環境で育ちました。にも関わらず、私がクリスチャンにならなかった理由の一つは「三位一体」と云う概念が到底受け入れられなかったからです。私が3歳の時から通った幼稚園は、教会の運営するものでしたので、昼食のお弁当を食べる時は必ず「父と子と聖霊の御名に於いて、アーメン」と唱えなければなりませんでした。父とはお父さんの事ではなく、「」を意味し、子とは「神の子・イエス」、そして「聖霊」、すなわち三位一体に対して、敬意を表する言葉でありました。しかしながら、「神」と「イエス」と「聖霊」の三者を区別しておきながら「三位一体」であると結論づけるのは、私にとって非常に不可解な事でありました。その為、私は幼稚園の入園初日からこれを唱えるのを断固拒否し、園長先生から直接怒られるという、前代未聞の大きな騒動に発展したのでありました。当時の私の主張は次のようなものでした。①3者は一体ではなく、別のものである。②イエスは「神の子と呼ばれる事もあるが神自身では無い」何故なら、『マタイ伝』27章46節に「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」、『マルコ伝』15章34節に、「エロイ・エロイ・ラマ・サバクタニ」とキリストの言葉があります。これの意味するものは「私の神よ、私の神よ、なぜ私を見捨てられるのですか?」でありますが、キリストが神自身であれば、どうして神が神に祈る必要があるのか、見捨てられたと嘆く必要があるのかと言うものでした。そして、本当に神ならば、どうして、あっさりと人の手によって捕まり、人の手によって絶命するのか?天地を創造するほどの能力があるなら、そんな事を回避することなど朝飯前ではないか?と云うものでした。…そんな訳で、入園初日から先生に烈火の如く怒られて、昼食のお弁当を食べる事も出来ず、連絡帳にも「たかおかくんはお祈りをしません」と書かれてしまいました。(中略)中学生の時に、改めて『聖書』を読み返して思った感想は、「三位一体」とは、3者は別物であるにも関わらず、3つのものを拝むと「唯一神」という概念に抵触するから、考え出された詭弁ではないかと感じてなりませんでした。(中略)しかしながら『聖書』の格言の中には、非常に私の胸を打つものがあり、クリスチャンではない視点から『聖書』を読み、「神」について考える日々を過ごしています」(『板垣退助の著せる「神と人道」の概念』髙岡功太郎著)
  12. 平成12年(2000年)、髙岡は『「マタイ伝」と「ルカ伝」におけるキリスト系譜の齟齬についての考察』と題する論文を著し、矛盾を解決する一つの解釈を提示している。論述は9節と結論の1節、および捕捉より構成される都合11節であり、『マタイ伝』と『ルカ伝』双方に登場する「ゾロバベル(ゼルバベル)」に注目し、ゾロバベルより以前の世系は『マタイ伝』に拠るべきとし、ゾロバベルより以後の世系は『ルカ伝』に拠るべきとするものである。以下論拠を要約すると、『マタイ伝』『ルカ伝』とも「アダム」から「ダビデ王」までの系譜は同じである。『マタイ伝』によれば、「ダビデ王」から「キリスト」迄の系譜は「ダビデ王ソロモンレハベアムアビヤアサヨサパテ、ヨラム、ウジヤ、ヨタム、アハズヒゼキヤマナセ、アモン、ヨシヤ、エコニヤ、サラテル、ゼルバベル、アビウデ、エリヤキム、アゾル、サドク、アキム、エリウデ、エレアザル、マタン、ヤコブ、ヨセフ、イエス・キリスト」で28代ある。『ルカ伝』によれば、「ダビデ王」から「キリスト」迄の系譜は「ダビデ、ナタン、マタタ、メナ、メレヤ、エリヤキム、ヨナム、ヨセフ、ユダ、シメオン、レビ、マタテ、ヨリム、エリエゼル、ヨセ、エル、エルマダム、コサム、アデイ、メルキ、ネリ、シャルテル、ゾロバベル、レサ、ヨハナン、ヨダ、ヨセク、シメイ、マタテヤ、マハテ、ナンガイ、エスリ、ナホム、アモス、マタテヤ、ヨセフ、ヤンナイ、メルキ、レビ、マタテ、ヘリ、ヨセフ、イエス・キリスト」の43代ある。生没年の分かる「ダビデ王」(BC1040-BC970)を基準とし、「キリスト」の時代まで何世代あるのが妥当かを調べた場合、系譜学で使われる「1世代27年」の法則に当てはまると39世代となる。『マタイ伝』『ルカ伝』に共通する人物「ゾロバベル」を基準として、「ダビデ王」から「ゾロバベル」までの世代を見ると『マタイ伝』では17代、『ルカ伝』では23代である。「ゾロバベル」から「キリスト」までの世代数を比較すると『マタイ伝』では12世代、『ルカ伝』では21世代である。仮に「ゾロバベル(BC562- )」から「キリスト(BC4- )」までを、系譜学で使われる「1世代27年」の法則に当てはまると21世代が妥当となる。これを『ルカ伝』と照合すると21世代で一致し、『マタイ伝』は12世代しかなく明らかに世代数が少ない。次にゾロバベルの続柄の記載。「エホヤキンの子がシャルテルで、その弟がペダヤ。ペダヤの子がゾロバベル」と『旧約聖書』で記載されているので、ゾロバベルの続柄に関しては『ルカ伝』は不正確であり、『マタイ伝』の方が『旧約聖書』に近い記述である。(※『マタイ伝』の「ヨシヤ、エコニア、サラテル、ゼルバベル」の部分は『旧約聖書』に基づき「ヨシヤ、エホヤキム、エホヤキムの弟のゼデキア、エホヤキムの子のエホヤキン、サラテル、サラテルの弟のペダヤ、ペダヤの子のゾロバベル」とする) すなわち結論としては、「ダビデ王」から「ゾロバベル」迄の系譜は『マタイ伝』の記載が正しく、ゾロバベルからキリスト迄の系譜は『ルカ伝』の記載が正しいとすると矛盾なく一致するとする。また髙岡は、捕捉として『マタイ伝』で「アビヤム、アサ、ヨサパテ、ヨラム、ウジヤ、ヨタム、アハズ」の7世代、『旧約聖書・歴代誌』では、「アビヤム、アサ、ヨサパテ、ヨラム、アハズヤ、ヨアシュ、アマツヤ、ウジヤ、ヨタム、アハズ」の10世代の相違部分は「1世代27年」の法則に当てはめると8世代が妥当で、『マタイ伝』で欠落している『旧約聖書』の3代「アハズヤ、ヨアシュ、アマツヤ」を挿入すれば解決する問題ではなく「親子関係」とされているものが実際には「兄弟関係」であったものが含まれると思われ、おそらく「ヨサパテ」と「ヨラム」が兄弟、「ヨタム」と「アハズ」が兄弟であったと考えると、ダビデ王からキリストの時代まで39世代となり、実年代と考えられる世代は完全に一致し、『マタイ伝』と『ルカ伝』に於けるキリスト系譜の矛盾は解決するのであるとする。髙岡は「私は聖書の神性を否定しているのではなく、その矛盾箇所が誤謬であり、それが解決された正しい姿の聖書を知るべきであると主張しているにすぎない。今の世においては私のような主張は異端視されるかもしれないが、私は歴年伝えられる中にもし間違いが生じたならば、正しい姿に戻った聖書が信仰されるべきであると願っているのである」と結んでいる。
  13. 13.0 13.1 13.2 13.3 13.4 13.5 13.6 『板垣精神の監修を終へて -板垣退助とギフテッドと私-』髙岡功太郎著
  14. この幼稚園は、かつて大阪府箕面市新稲七丁目一番九号に存在した、箕面天使幼稚園のことであると考えられている。同幼稚園は、昭和28年(1953年)にカトリック箕面教会の附属施設として箕面市桜ヶ丘に「聖マリア幼稚園」として開園し、昭和32年(1957年)に同上場所に移転した。移転に際し「箕面天使幼稚園」と改名。以来運営を続けたが、少子化により平成22年(2010年3月18日の卒園生を最後に閉園した。同3月20日、閉園に際し「感謝の会」が催され旧卒園生らが招待されたが、髙岡も同日この場所を訪れている。現在は幼稚園の跡地は宅地として分譲され面影は無いが、箕面市坊島1丁目に移転したカトリック箕面教会に、かつて幼稚園入口に建立されていた聖母子像(聖母マリアと幼児のイエス・キリストの像)が移建され現存している。
  15. 「この日、小生の卒園した幼稚園が閉園となるとのテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。しらせを受け、テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。遥々はるばる懐かしき箕面の地を訪れた。当時の小生はテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。ねっテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。かえりのやんちゃ坊主で『お祈りの時間』ともなると神をも恐れず大胆不敵にテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。行方ゆくえテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。くらます常習犯であった。当時は、今より古い園舎で、在園中に新園舎の建築が始まりプレハブ建ての仮園舎の時代を経て、年長組の3回生の時にこの新園舎が完成し、初めてその使用にテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。よくした一期生となった。(中略)梅組、桃組、桜組と学年が別れており、私が入園したのは3歳の時であった。(中略)そんな訳で、一度も礼拝をしたことなく卒園したが、こんな私にも、天の神様はテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。ひとしく慈悲を下さり、今日まで私を温かく見守り下さって、無事に生きテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。ながらえることが出来たことに感謝のテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。まことを捧げ、祭壇に手を合わせたのである。(中略)帰宅して園から最後に頂いた封書を開けてみると、『感謝』と書かれた手紙と共に、何と最高額(一万円分)のクオカードが添えられていて私は言葉を失った。当日テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。おとずれた卒園生たち数百人は、テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。なにテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。気無げなく皆これを受け取っていたのだが…。入園してから34年後、まさかこのような展開で、幼稚園と別れを告げることになろうとは。在園中、一度もお祈りをしなかった私にも、天の神様はお見捨てにならずこうして祝福を与えて下さったことに改めて感謝し、シスターらの恵み深き変わらぬ愛情を感じずにはおれなかった。そして、今更ながらテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。おのれの不徳をテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。じ、恥ずかしながら落涙した次第である」(『懐かしき幼稚園を訪ねて』髙岡功太郎著)
  16. 16.0 16.1 国会を創った男・板垣退助に学ぶ戦略』尼崎商工会議所サムライ研究会主催
  17. ゆえに「その様な予兆があれば『瑞兆』と考え、成功に帰結する戦略を練り、用意周到に罠を避け、虎視眈々と時機をうかがい、敢然と立ち向かわねばならない」とするものであった。
  18. 「中学生の時、(私が)とある教師に付き添われて校外学習で大阪城を訪れた時、『教育…』と書かれた立派な石碑が目に止まりました。私はこれが何の石碑なのか知りたくて、引率の教師に質問をしたところ、教師は立ち止まって暫く『何だろうね?』と考えておられましたが、『…ああそうか。…これは。これは、知らんでいい』と、やおら不機嫌となり、その場を立ち去らせました。私はその教師の態度を非常に不審に思い、その文言を密かに控えて、のちに図書館で調べたところ、それは『教育勅語』の煥発40周年を記念する石碑であり、しかも、建立したのは戦前の「大阪市教育者一同」であること。「教育者一同」とある以上、彼ら教師たちの大先輩にあたる方々の建立であり、2月11日建国記念の日に合わせて、この教育勅語を後世に残すために建てた碑であることが分かりました。…にも関わらず、その教育者たちの後継者である教師が、その事を意図的に生徒たちに教えないなどということがあって良いのだろうかと。私はこの一件を契機として「教師たちは真実を、子供たちに教えようとしていない」ことに気付きました。真実は自分の手で調べ、自分の目で確かめなければならないということを学んだ瞬間でありました。また、現在の学校教育は一番肝心な部分が欠落しているのではないかと悟った瞬間でもありました。(中略)それは、戦後の教科書において『天壤無窮の御神勅』の存在を伏せ、一切触れられていないことでした。(中略)『大東亜会議』に関してもそうでした。(中略)また戦後に書かれた板垣退助の伝記には、重要な部分が欠落しています。それは、彼が何のためにそれらを行ったか、板垣退助の精神の淵源ともいうべき核心、すなわちその根幹となる板垣退助の勤皇精神の部分が、戦後版は戦前の板垣本と比較するとゴッソリとえぐり取られるように欠落しているのであります。私はこの不可解な欠落部分を元に戻し、真の板垣精神を伝えねばならないのではないかと感じ、その責務からこの著書に挑んだのでありました」(『板垣精神の監修を終へて』より)
  19. 『土佐藩ゆかりの会会報』より。
  20. 「乾家は代々軆格のすぐれた人が多く、父の正成なども三十貫程の大男であつたが、退助が肥大漢でなかつたのは、母方へ似たものである。(中略)弟(久馬)も父に似て大男であつたが、早く病歿した」『千代の鑑』高知県女教員會編、昭和16年12月25日、309-310頁。
  21. 当時の宝塚造形芸術大学が、大学院生から選抜した人物を大学助手(ティーチング・アシスタント)として起用し、授業の講師などを受け持たせた制度による。
  22. CGスーパーバイザー:大村皓一、CGテクニカルサポート:横山太一、宝塚造形芸術大学CGアシスタント:大西政英、木村智博渡邉哲意三島良介、溝渕理香、髙岡功太郎、佐々木智章、水野佐衣子、田中一、伊藤美輝、沼田浩一、木本青子、中村直樹、榊原洋介、船渡弘、小森加代子、黒石千佳、坂口智行、小坂興史、大竹宏、小林泰輔、島岡農、石津佑亮、辰己欣明、野口健司、CGアシスタントサポート:萩田達也(『ウルトラマンゼアス2』字幕より)
  23. 「今の日本を駄目にしているのは、第一に米国に従属した関係によって「憲法」と云う名のもとに押し付けられた諸悪の根源である『日本国憲法』、特にその前文と憲法9条の部分である。第二に、左翼思想に汚染された教育現場ならびににマスメディア。第三に、人の主義思想をあらぬ方向に洗脳する新興宗教の蔓延である。私はこれらの犠牲となった人を幾多見てきたことか。(中略)真により良い社会を取り戻す為には、幕末維新の志士のように勤皇精神をもって滅私奉公の決意で問題解決に当たり、第二の維新回天を成し遂げねばならないと考えるのであります」(『就職氷河期世代から観た沖縄基地問題』髙岡功太郎著)
  24. 髭のない板垣退助の写真はこれまで6種類しか知られていなかったが、この写真の公開により新たに7種類目として認定された。
  25. 讀賣新聞』平成24年7月13日附夕刊
  26. 高知市出身の政治家自由民権運動の指導者・板垣退助1837年-1919年)の30歳代半ば頃の姿を撮影した写真が見つかり、高知市立自由民権記念館が、平成24年(2012年7月13日、その画像を報道陣に公開した。大阪府池田市に居住する板垣退助の曾孫・髙岡真理子さんが保管していたもので公開は初めて。高知近代史研究会の公文豪会長(63歳)によると、写真は明治元年(1868年)1月頃に撮影されたとみられ、板垣退助の壮年期の古写真としては「大変貴重」という。写真では中央に板垣退助、向かって右側に後藤象二郎、左側に退助の次男・正士を養子に迎えた乾正厚が写っている。退助以外はいずれも髷を結っている姿。(画像)30歳代半ば頃の板垣退助(中央)の写真を手に記者会見する高知近代史研究会・公文豪会長=平成24年(2012年7月13日午後、高知市立自由民権記念館にて。平成24年(2012年)8月1日から、同館で開催する「新出史料展」で、一般公開される」(『千葉日報』平成24年(2012年)7月13日附)
  27. 四国新聞』平成24年(2012年)7月13日附
  28. 憲政記念館・明治に活きた英傑たち特別展』(平成26年11月5日-28日)
  29. ジェノグラフィック・プロジェクト
  30. 開設当時のサイト名は『Y染色体ハプログループD2』。これは髙岡自身のDNAを示すと共に、日本人の中で最多の系統でもあることから命名された。のちにこのD2系統の解析が進み、ISOGGによる名称変更が発生し「D1b系統」となったため、サイト名も『Y染色体ハプログループD1b』に変更された。この系統は(2023年現在)は「D1a2a系統」と呼ばれるものであるため、本来ならば『Y染色体ハプログループD1a2a』に変更すべきであるが、それ以降は名称変更が行われていない。
  31. 一般社団法人板垣退助先生顕彰会『電子書簡集成』平成24年(2012年)10月1日附(西村幸祐項)より。
  32. Geno2.0
  33. エチオピア人日本人の共通遺伝子を比較抽出している箇所において引用されている。『エスィオ・ヘリックス』平成25年(2013年)3月4日附より。
  34. FTDNA Big-Y
  35. 板垣退助のY染色体、O2a1b2a1b - M175+M122+F36+M324+L465+JST002611(CTS2483)+FGC3750+CTS879(Y155416)+FT318429+SK1670(MF7367)+MF9328(MF9367, MF9326)+(表記はISOGG TREE ver.15.73に準拠)『板垣退助のY染色体遺伝子解析』髙岡功太郎著(所収『板垣精神』460-474頁)より。(※同書執筆時は、ISOGG ver.13.295/YFull ver.6.08.01に準拠して記載されている)
  36. NPO法人板垣会 会報』第7号より。
  37. 37.0 37.1 NPO法人板垣会 会報』第10号より。
  38. ISOGG Y-DNA Haplogroup Tree Ver.15.73(2020年7月11日版)に基づく表記。
  39. 39.0 39.1 「CTS131」から「Z38285」に至るSNP(CTS131 - CTS220 - CTS11285 - PH2316 - Z38285)が、髙岡が私費を投じて解明したブランチにあたる。(『板垣精神』、『NPO法人板垣会』会報第10号より)
  40. 礼文島船泊縄文人の核ゲノム解析』第70回日本人類学大会、2016年10月8日
  41. 髙岡のY染色体系統は「D1a2a2a2a2 - M174+CTS11577+Z3660+M64.1+Z1516(CTS131)+CTS220+CTS11285+PH2316+Z38289+」であり、礼文島船泊縄文人骨のY染色体系統は「D1a2a2b - M174+CTS11577+Z3660+M64.1+Z1516(CTS131)+CTS1824(CTS5685, CTS8272)+(Ancient Jomon DNA, abt 3650 yrs ago, Rebun Island, Japan)」であるため、どちらもアイヌ人らの人骨より古い系統に属していることが判明している。
  42. D1a2b - Y34637 India (Andaman Islands)"ISOGG D Tree"
  43. 令和5年(2023年)11月現在。
  44. 『明治維新のDNA』より
  45. 内閣官房「明治150年」関連施策推進室からのお知らせ
  46. 安倍晋三元総理を偲び桜を観る会』(祭文)より。
  47. 実物は条幅2枚に、大きく書かれたものであり、色紙版は、平成30年(2018年9月29日に東京品川で斎行された、板垣百回忌墓前法要・特別位牌奉納式の参列者へ渡す直会の記念品として、安倍首相の了解を得て、実物を縮小・複製して作られたもの。(『岐阜新聞』令和4年(2022年7月16日附朝刊)
  48. 板垣退助先生顕彰会が現職の首相から「板垣死すとも…」の揮毫を賜るのは、板垣五十回忌の佐藤栄作首相の時以来50年ぶり。
  49. 『土佐藩ゆかりの会』会報誌
  50. 宮内庁書陵部に奉職する人物・『昭和天皇実録』編纂者。
  51. NPO法人板垣会会報第6号
  52. 板垣退助百回忌に参列』探墓巡礼顕彰会、平成30年(2018年)10月30日附記事
  53. 福岡孝昭、立正大学名誉教授。1965年3月、学習院大学理学部化学科(木越邦彦研究室)卒業。同年4月、学習院大学大学院自然科学研究科化学専攻博士前期課程入学。火山岩のウラン系列年代測定を研究。1967年3月、同上修了。同年4月、同上博士後期課程へ進学。1970年3月、同上単位取得満了退学。同年4月、同大学助手として勤務。1975年11月、米国オレゴン州立大学へポスドクとして奉職。主に隕石の中性子放射化分析を行う。1978年9月、宇宙塵のINAA協力開始。その後、同上大学を退官して帰国し、立正大学に勤務。地球環境科学部教授「専門領域:地球環境」を講義。平成25年(2013年)1月22日、同上大学環境システム学科において、固体地球環境化学の講義を最後として、同年3月、退職。
  54. 『板垣退助の大楠公精神』髙岡功太郎著(所収『あゝ楠公さん』湊川神社社報 第16号、16頁)
  55. “『板垣退助しのび100回忌 東京・品川区で子孫ら30人墓前祭』”. 高知新聞デジタル. (2018年9月30日). http://itagakitaisuke.link/wp/wp-content/uploads/2018/10/100kaiki-tokyo-shinbun2.pdf 2023年9月1日閲覧。 
  56. “『板垣退助没後100年記念 新しい伝記「板垣精神」板垣退助玄孫の髙岡功太郎さん監修』”. 高知新聞デジタル. (2019年3月12日). http://itagakitaisuke.link/wp/wp-content/uploads/2019/03/H310312_kochishinbun.pdf 2023年9月1日閲覧。 
  57. 「板垣精神」出版記念祝賀会』(平成31年3月2日)
  58. “『「薩土密約」の石碑 京都祇園に建立 板垣退助の子孫ら集う』”. 京都新聞デジタル. (2019年9月23日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/25211 2023年9月1日閲覧。 
  59. “『板垣退助の墓所に標柱 命日に合わせて一般社団法人板垣退助先生顕彰会が設置(高知市)』”. 高知新聞デジタル. (2021年7月17日). https://www.kochinews.co.jp/sp/article/472069/ 2021年7月17日閲覧。 
  60. 板垣岐阜遭難140年・安倍元首相追悼献花式』令和4年(2022年)7月17日
  61. 『中部日本放送(CBC)』、『東海テレビ』令和4年7月17日放送より。
  62. 岐阜新聞』令和4年(2022年)7月18日朝刊
  63. 中日新聞』令和4年(2022年)7月18日朝刊
  64. "『暴力で失った無念・安倍晋三元総理慰霊祭・板垣退助玄孫の髙岡功太郎さんらが斎行』". 産経新聞デジタル. 2023年3月28日. 2023年3月28日閲覧モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。
  65. "『「板垣死すとも…」死せぬ自由誓い安倍氏慰霊祭・板垣退助玄孫の髙岡功太郎さん、憂国の遺志「重ねずにはいられない」』". 産経新聞デジタル. 2023年3月27日. 2023年3月27日閲覧モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。
  66. 祖國と青年』令和5年(2023年)8月号
  67. “『「国の行く末お守りください」安倍氏銃撃1年、板垣退助の玄孫らが慰霊祭』”. 産経新聞デジタル. (2023年7月8日). https://www.sankei.com/article/20230708-NDYJGELOTZPFVP64BIQQVFP5CY/?outputType=amp 2023年7月8日閲覧。 
  68. “『安倍氏銃撃現場(下)・違和感しかない奈良市長の姿勢・100年、200年後のために刻むべき事件の「証し」』”. 産経新聞デジタル. (2023年7月18日). https://www.sankei.com/article/20230717-PUMCKY22N5PZFEFEEH35EOW4VQ/ 2012年7月19日閲覧。 
  69. 豊中市へ平和の提言』令和5年(2023年)8月22日
  70. 70.0 70.1 祖國と青年』(令和4年12月号)冒頭
  71. 第146回勝兵塾月例会『板垣退助の勤皇精神』公益財団法人アパ日本再興財団(公式)令和5年(2023年)8月17日
  72. 赤坂見附・公益財団法人アパ日本再興財団「勝兵塾」で『板垣退助の勤皇精神』を講演』令和5年(2023年)8月17日
  73. 「英霊の名誉を守り顕彰する会」主催(代表・佐藤和夫)、講演・髙岡功太郎、解説・山下英次(「不当な日本批判をただす学者の会」(AACGCJ:Academics' Alliance for Correcting Groundless Criticisms of Japan)理事・事務局長)
  74. 主催:一般社団法人金剛社中
  75. 主催:尼崎商工会議所サムライ研究会(令和5年11月公開例会)
  76. 大久保利通玄孫。
  77. 安積疏水による開拓者第四世。大久保利通公顕彰会・第2代会長。
  78. 板垣退助玄孫、一般社団法人板垣退助先生顕彰会理事長
  79. 山本権兵衛玄孫、ヤマト龍馬会、山本権兵衛顕彰会各代表。
  80. 福島民報』令和5年(2023)10月24日附朝刊(13面)より。
  81. 81.0 81.1 81.2 薩摩琵琶演奏と末裔たちのシンポジウム』(令和5年10月29日)
  82. 明治節「桃山御陵」正式参拝と臨場講話』(令和4年11月3日)
  83. なおこの時、髙岡は桃山御陵参拝団より招聘され『桃山御陵』正式参拝後、臨場講話として『明治大帝と板垣退助の勤皇精神』を講話している。(『祖國と青年』令和4年12月号・冒頭)
  84. 高知・高野寺『板垣退助百回忌法要・記念位牌奉納式』(平成30年7月16日)
  85. 85.0 85.1 母成峠・東軍墓地・安積疏水神社を訪ねて』(令和5年10月28日)
  86. 86.0 86.1 86.2 86.3 『つはものどもの跡をたづねて』髙岡功太郎著、板垣会
  87. 戊辰戦争西軍墓地・鶴ヶ城を訪ねて』(令和5年10月30日)
  88. この歌は、髙岡が2日前に東軍墓地で詠んだ歌と同文だが、漢字の表記を変えることで、一方は「東軍」兵士の立場の歌となり、一方は「西軍」兵士の立場を想って詠んだ歌となっている。「くれなゐ染むる山」とは秋の色づく山を表すと共に、屍を重ね散華され、護国の柱石となられた諸霊を偲んだものと解される。
  89. 板垣退助の曾祖母が土佐藩士・安積彦之進祥任の娘であり、安積家は土佐藩士の系譜によれば「安積国造」の子孫にあたる。
  90. 福島県郡山市では、大久保利通安積疏水を創った偉業を讃え「神」として祀り「大久保神社」が建立されている。
  91. 三島・森田両烈士追悼五十三周年慰霊祭実行委員会、日本協議会大阪府支部、大阪祖國と青年の会慰霊祭実行委員会主催による。
  92. 長田神社の慰霊祭は代読による献歌。(三島・森田両烈士追悼五十三周年慰霊祭兵庫実行委員会の主催による)
  93. 安倍元首相死するとも、憲法改正の精神は滅びず』(令和4年7月8日)
  94. 安倍晋三元総理を偲ぶ献歌の開催について、髙岡功太郎代表は「朝日新聞は、安倍先生の暗殺事件があって直ぐの時に、安倍先生を揶揄する川柳の如き句を紙面に載せた。私はその事に関する義憤からこれは『我々日本人の矜持を持って、これに対抗せねば』と感じた」と語る。
  95. 安倍先生殉難の地・大和西大寺で献花・献歌(令和4年7月10日)
  96. 大阪護國神社『桜の季節に安倍晋三元総理を偲ぶ慰霊祭』(令和5年3月26日)一般社団法人板垣退助先生顕彰会斎行
  97. 97.0 97.1 祖國と青年』(令和5年(2023年)8月号)
  98. 大阪護國神社『安倍晋三元総理追悼一年祭』(令和5年7月8日)一般社団法人板垣退助先生顕彰会斎行
  99. 髙岡代表は「LGBT法案などが叫ばれている昨今だからこそ「男子」という言葉を織り交ぜて、これに真っ向から反対する矜持を示した」と語る。
  100. 『人物像』、昭和61年(1986年)2月中旬、同上入選作品が箕面サンプラザ(所在地:大阪府箕面市箕面6-3-1)のアートギャラリーにおいて展示される。
  101. 指導教授は、千葉大学工学部デザイン工学科教授・堀田明裕博士、製作:髙岡功太郎、渡邉哲意村田浩之、臼井竜也、上筋英彌、安永英樹。デザインコンペ大阪は、優秀なデザイン商品の開発ならびに優秀なデザイナーの育成をはかることを目的に、社会性のある課題を設け、全国公募のデザインコンペティションを年一回開催。'95は「阪神淡路大震災」や「PL法」の施行などを反映して「安全」がテーマとして出された。髙岡らは平成8年(1996年)2月に、デザインコンペ大阪'95(主催:大阪商工会議所、財団法人大阪デザインセンター)において優良賞(総合2位)、副賞10万円、三洋電機賞を受賞。同年2月1日 - 6日まで、大丸心斎橋本館で展示。同年3月、大阪デザインビジネス・コンペティション'96(主催:大阪府大阪市ほか)に出品され、同3月26日 - 28日まで、マイドーム大阪で展示されている。
  102. 堀田明裕(東京大学)
  103. ユニバーサル授業学生が考えたユニバーサルデザインを商品化千葉大学工学部デザイン工学総合プロジェクト、平成17年(2005年8月23日
  104. 104.0 104.1 『祇園石碑建立を終へて』髙岡功太郎著
  105. 諱宗武。字勘右衞門。
  106. 諱宗德。字德左衞門、幼名彌助。宗理長男。天明二寅年十一月廾四日卒。
  107. 諱義榮。字勘右衞門。前名彦右衞門。文政三庚辰年八月八日卒。榮翁法心居士。室・榮室智心大姉。文化四卯年六月廿四日卒。
  108. 諱宗友。字德左衞門。文政五壬午年四月十日卒。室・文政五壬午年十一月廿四日卒。子息辨治郎宗濟有故逐電。爾後以義隣爲本宗。
  109. 諱宗清。字助三郎。號休庵。寛文十戌年正月十三日卒。
  110. 諱宗景。字條右衞門。宗盈長男。正德元卯年十月十七日卒。
  111. 諱宗意。字源七郎。宗理次男。寳暦五亥年八月廾日卒。宗意室・明和五子年五月廾五日卒。
  112. 諱義暢。字源七郎、幼名勘助。宗意長男。寳暦十辰年十一月廾九日卒。
  113. 諱宗巖。字加左衞門。
  114. 諱宗盈。字德左衞門。元禄十三辰年五月廾八日卒。
  115. 諱宗理。字德左衞門。享保十二未年八月四日卒。宗理室・髙階嘉右衞門長女。明和元申年七月十五日卒。
  116. 泉譽妙還大姉。享保十八丑年十一月六日卒。
  117. 諱義通。字嘉右衞門、幼名貞七郎。先代義暢弟。寛政七卯年八月八日卒、行年六十二。義通室・文化七午年三月廾八日、行年六十八。
  118. 諱義熈。字藤左衞門。先代義通長男。文政八乙酉歳十一月廾八日卒。義熈室・文政十二乙丑歳十二月八日卒。
  119. 諱宗方。字彌右衞門。元禄十三辰年三月十九日卒。
  120. 眞如智賢信尼。享保十八丑年八月十八日卒
  121. 橋本芳子。橋本弥蔵室・義鑑次女。文久二年壬戌十月十日生、昭和三十年乙未四月卒、行年九十五。寶壽院心鏡浄覺大姉。
  122. 橋本巻蔵(1898年 - 1981年)、兵庫県養父郡広谷町(現・養父市町長
  123. 諱義隣。字嘉右衞門、幼名源治郎。先代義熈男也。同族宗友嫡男・辨治郎宗濟逐電之後本家繼承。嘉永四年辛亥正月廾四日卒。正室髙岡宗友女・明治十八年乙酉十月朔日卒(此義鑑・順治母也)。側室・嘉永五年壬子三月廾四日卒(此嘉助母也)
  124. 諱義鑑。字條右衞門。幼名角治郎。天保五年甲午三月十八日生、明治三十一年戊戌旧九月十八日卒、行年六十五。室・佐々木藤右衞門二女・俗名紋。天保七年丙申六月十日生、大正四年乙卯二月二日卒、行年八十。
  125. 髙岡良蔵、明治五年壬申十一月十四日生、昭和二十一年丙戌十月三十日卒、行年七十五。福壽院清翁良純居士。
  126. 臺灣總督府警察に奉職。戰後は復員して法務省に奉職。
  127. 諱順治。字善右衞門。髙岡條右衞門義鑑實弟。而後爲橋本嘉左衞門長女養嗣婿、改姓橋本氏。天保十年己亥四月八日生、大正十三年五月卒、行年八十六。篤恭院心月明圓居士。室・橋本嘉左衞門長女・俗名美津。天保九年戊戌十月九日生、大正九年庚申九月卒、行年八十四。智光院慈心妙諦大姉。
  128. 髙岡止利。良蔵室・橋本善右衞門順治(義鑑弟)長女。明治七年甲戌三月廿七日生、明治四十二年己酉旧十月廿六日卒、行年三十六。慈光院清室智貞大姉。
  129. 髙岡二郎。実業家書道家華道師範、号二甫。自民党所属。文部大臣防衛庁長官を務めた有田喜一衆議院議員後援会重鎮。
  130. 橋本市蔵、橋本善右衞門順治三男。明治十年九月二日生。明治三十七年九月二日於遼陽攻略戰討死。辞世曰テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。千萬ちよろづテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。さきはテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。阿禮あれテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。たゞテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。加武テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。われテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。さきテンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。皇國すめらみくに
  131. 松本三郎平、松本市平長男。文化十年十一月十日生。天保五年五月五日相續、明治九年十月一日隠居。同廾八年四月十四日卒。(居於静岡縣城東郡中内田村二百十三番地)
  132. 塩見信四郎。新四郎。旧出石藩士。保田粂次二男。天保十四癸卯年三月十五日生。文久三年五月十五日、祖父塩見伴太夫爲養子。明治十六年十二月廾六日隠居。大正十三年四月九日卒。妙心軒信翁良儀居士。墓在出石・丹信院。室・塩見伴太夫養女(實湯口吉五郎三女・テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。者満はま、後改テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。はま子)弘化元甲辰年六月十五日生。嘉永四年五月廾日、湯口吉五郎三女・塩見伴太夫爲養女。文久三年五月十五日婚姻。大正十三年九月十二日卒。妙道軒信室良順大姉。葬於同夫。
  133. 足立作蔵、足立治右衞門次男。嘉永六年八月七日生。母テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。末喜まき。明治十五年四月廾七日分家(居於兵庫縣氷上郡遠阪村七番屋敷、後名称改遠阪村之内遠阪村四百五十二番地)。大正二年十月六日隠居。同月廾八日再分家(居於遠阪村之内遠阪村三百八十一番地之壱)。同十三年五月卅一日卒。室・足立達三郎三女・テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。志奈しな(母テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。利與りよ)。安政五年十一月廾八日生。明治十七年三月三日婚姻。大正十二年十二月廾五日卒。
  134. JR大阪駅前での憲法改正街頭演説・署名活動についての取材。(同年1月20日収録)
  135. JR大阪駅前・憲法改正街頭活動
  136. 坂本龍馬・中岡慎太郎両先生第150回忌において、勝海舟玄孫・髙山みな子と共に出演。(平成29年(2017年)11月15日収録分)
  137. 坂本龍馬・中岡慎太郎両先生第150回忌墓前祭
  138. 板垣退助第102回忌においてのインタビュー。
  139. 板垣退助第102回忌法要
  140. 安倍晋三元総理暗殺事件についての取材。大和西大寺の事件現場にて収録。
  141. 大和西大寺事件現場へ献花
  142. 142.0 142.1 板垣退助遭難140年式典において、岐阜公園・板垣退助像前より安倍晋三元総理へ献花時の様子、及びインタビュー。
  143. 143.0 143.1 岐阜板垣退助像前にて安倍元総理へ献花

参考文献[編集]

  • 『板垣退助の大楠公精神』(所収『あゝ楠公さん』湊川神社社報 第16号、令和6年(2024年)1月、10-16頁)
  • 『「マタイ伝」と「ルカ伝」におけるキリスト系譜の齟齬についての考察』髙岡功太郎論述、平成12年(2000年
  • 『維新の記憶 -明治維新150年記念書籍-』讀賣新聞大阪本社編、平成30年(2018年)7月、93-94頁(板垣退助子孫項目)
  • 『明治維新のDNA』髙岡功太郎監修
  • 板垣精神一般社団法人板垣退助先生顕彰会編纂、平成31年(2019年2月11日、ISBN 978-4-86522-183-1 C0023

外部リンク[編集]

スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。 Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "髙岡功太郎" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:髙岡功太郎.



Read or create/edit this page in another language[編集]