高柳信英

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


高柳 信英
基本情報
出身地 茨城県鉾田市
生年月日 1952年10月26日
身長
体重
174 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
  • 国士舘高校
  • 国士舘大学
  • 日本楽器
コーチ・監督歴
  • ヤマハ
  • 静岡産業大学

高柳 信英(たかやなぎ のぶひで、1952年10月26日 - )は、元アマチュア野球選手である。ポジションは捕手。字形の異なる髙栁 信英と表記されることもある[1]

来歴・人物[編集]

茨城県鉾田市出身。弟は南海ホークスでプレーした元プロ野球選手の高柳秀樹。国士舘高校を卒業した後に国士舘大学に入学する。大学卒業後は、社会人野球の日本楽器チームに入団する。チームでは捕手として6年間プレーし、1976年の都市対抗野球では大昭和製紙の補強選手として、初出場を果たし[2]、1979年の都市対抗野球では首位打者と大会優秀選手に選ばれ[3]、翌年の1980年の都市対抗野球では主将を務め、チームを準優勝に導いた。

1981年のシーズンをもって現役を引退し、9年間コーチと助監督を務めた。1997年から1998年と2006年から2010年までにヤマハの監督を務め、都市対抗野球への出場を7回、社会人野球日本選手権への出場を3回果たし、両大会を通じて、5回チームをベスト8に導いた。

その後は、ヤマハで副部長とスカウトを務めた後に、2012年から静岡産業大学の監督を務めた。

現在は静岡県野球協会の理事を務める[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. 第82回都市対抗野球大会 (8年連続35回目出場) - ヤマハ野球部”. ヤマハ株式会社. 2020年12月27日閲覧。
  2. 「日本社会人野球協会会報1976」日本社会人野球協会 1977年 p44
  3. 「日本社会人野球協会会報1979」日本社会人野球協会 1980年 p36
  4. NPO法人静岡県野球協議会/法人についての説明です。”. 2020年12月27日閲覧。

スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。

関連項目[編集]

  • 茨城県出身の人物一覧
  • 国士舘大学の人物一覧


This article "高柳信英" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:高柳信英.