Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

鎌田真影

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 鎌田 真彰(かまた まさてる)は、兵庫県神戸市出身の予備校講師。東京工業大学卒。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。専攻は生化学。東京大学理学系大学院在学中から予備校講師になった。駿台予備校にてレギュラーで東大クラス、季節講習では『化学特講』などを担当していた。2006年、東進ハイスクールへ移籍。その後、2016年からは学研グループ特任講師・学研プライムゼミ講師となるが、2019年度からは東進ハイスクールへ戻っている。

経歴[編集]

  • 駿台予備学校にて浪人
  • 東京工業大学理学部化学科卒業
  • 東京大学大学院理学系研究科博士課程修了
  • 元 駿台予備学校講師( - 2005年度)
  • 東進ハイスクール・東進衛星予備校講師(2006 - 2015、2019 - 年度)
  • 元 学研グループ特任講師(2016 - 2018年度)
  • 学研プライムゼミ講師(2016 - 2018年度)

授業[編集]

  • 関西人で講義も関西弁で行う。ただし訛りはきつくなく、ほぼ標準語である。
  • 高校の範囲を逸脱した内容についても分かりやすく説明してくれるので、化学を学ぶ際の『なぜ?』に答えてくれる授業で、理解しながら化学現象を学ぶことができるので無味乾燥な暗記を嫌う受験生には有用である。
    • 例えば、1.理論化学では電子軌道を大学の範囲(核力など)も交えて説明する。2.無機化学では理論化学で行った各反応(中和反応・酸化還元反応・脱炭酸反応など)を用いて復習しながら指導するので、理論化学の定着もできつつ、無機化学も丸暗記ではなくしっかりと理解しながら覚えられる。3.有機化学では有機電子論を用いるので、電子の動きから反応を理解し、反応を予測したり暗記しやすい。4.全体を通して、反応の起こり方について極性などを用いて説明する。(効果は3に同じ。)等が挙げられる。特に電子軌道は周期表とも密接に関わっている事が分かり(むしろ電気軌道を元に作られたものである)、学校で教えられる化学の様々な背景を知れる。
  • 難関大志望者者向けに、(中・上級者にとっての)基礎・基本からハイレベルな内容までを、わかりやすく体系的に教える手腕に秀でている。
    • 完璧ではなくてもある程度は学習が進んでいる受験生が受講するのがもっとも適している。基本的な内容から大学教養レベルのものまで体系的に教えてくれる。
    • 一方、駿台でも東進でもセンター対策のような基礎的な授業も時に担当していたものの、ゼロから教えるような授業はあまり得意ではない。
  • すこし高校範囲を超えた内容も扱い理解を深めつつ、体系的に教えてくれる。
    • 高校の範囲を逸脱した内容についてもきちんとわかるように説明してくれるので、無味乾燥な暗記を嫌う受験生にはうってつけである。
    • 難しいことをかみ砕くのがうまく、丁寧な解説で化学の本質を知ることができる。つまらない暗記から解放してくれる。
    • 化学を学ぶ際の『なぜ?』に答えてくれる授業で、理解しながら化学現象を学ぶことができる。
  • 石川正明師に教わっていたこともあり、板書のフォーマット・授業進行・解説の仕方は石川正師に相当近い。
    • 例えば、有機化学では石川正師同様、有機電子論を用いて授業するので、人によってはたいへんわかりやすい。
    • 計算は、石川正師とはやや異なるところがあり、石川正師のやり方を批判することもあった。
  • 擬人的な説明や比喩を駆使した説明が、とてもわかりやすい。
    • 現在の駿台でも井龍師や吉田師などこの手の教え方をする講師がいるが、源流は石川正師である。
    • 計算問題は、石川正流を鎌田師なりにアレンジした方法の他、小倉流を併記することもあった。
  • 板書は大変綺麗。
    • 受験業界でも指折りの綺麗さ。
    • ただし、緑やオレンジのチョークを多用するため、サテネットの画面では見辛い。
    • 質問対応も丁寧
  • 駿台在職時は非常に丁寧な質問対応でも知られた。駿台では若手時代から既に人気講師だったが、労働環境などをめぐり教務と揉めて辞めた経緯がある。しかし近年は駿台と共著を出すなど関係改善の兆しがある

人物像[編集]

  • 東京大学大学院在学中から駿台で教鞭を執る。
  • 関西出身者であり、関西アクセントで授業を行う。
  • 朴訥とした感じだが、筋肉質な体格をしており、感情を爆発させることもある。
  • 理系最難関大学(東大/京大/東工大等)の学生からの評価も非常に高く、卒業後も鎌田師を尊敬続ける信者も一定数いる。
  • 駿台在職時は、福間智人師と並んで関東の駿台化学科における看板講師であった。
    • 東大コースをはじめハイレベルなコースを主に担当していた。
    • 講習の「東大化学」のテキスト編集を石川正師から引き継いだ(後任は細川豊師)。
    • 夏期講習「化学特講Ⅲ(有機化学)」(北山一師の後任)、冬期講習の「化学特講Ⅱ(無機化学の完全征服)」のテキスト編集を担当していた(いずれも後任は星本悦司師)。
    • 駿台在職時には、夏期講習期間中、師が教壇を取る化学特講は最速で締め切られたこともある。
    • 駿台がエミールをたちあげる際に販売された一般向け新書『駿台式!本当の勉強力』(大島保彦、小林隆章、鎌田真彰、霜栄、野島博之各師との共著。講談社現代新書)に名前を連ねていた。未来の駿台を担うよう期待されていた。鎌田師はその本の中で、「昔は目の前の生徒を8割ぐらい化学好きにさせようとしていたが、そんな化学好きばかりいるような世の中は考えてみたら不自然なので、目の前の生徒の何割かが化学って面白いなとおもってくれたらいいとおもって授業している」という趣旨のことを書いていている。
    • 北海道大学の青本も担当した。
  • 関東における講習の関西版「特講」を担当した。
  • 東進に電撃移籍した。
  • 東進でも「東大化学」(東大特進コース『東大化学』および東進衛星予備校『東大対策化学』)を担当した。
  • 学研に移籍した2016年度も途中から匿名で東大特進コース『東大化学』を担当していた。
  • 『理系標準問題集 化学』(駿台文庫)の共著者の一人。四訂版(駿台退職後の2019年3月発売)にも共著者として名を連ねている。
  • 旺文社の大学受験Do seriesの著者も有名。
  • 旧課程版(化学I・II)から、三國均師の『基礎問題精講』『標準問題精講』(旺文社)を引き継いでいる(橋爪健作師と共著)。内容は全面改訂されており、三國師版とは全くの別物。
  • 東進時代には、東進ブックスから技術評論社に版元移籍した岡野雅司先生の『はじめからていねいに』を引き継いだ。ただし、岡野版が移籍後に全範囲網羅されているのに対し、鎌田版は化学基礎のみ(化学は別の著者)。

著書[編集]

  • 『大学入試攻略 基本から学べる 化学IB・II(駿台受験シリーズ)』(杉本忠身・鎌田真彰 共著 駿台文庫、1997年10月1日)
  • 『理系標準問題集 化学(駿台受験シリーズ)』(石川正明、片山雅之、鎌田真彰、仲森敏夫、三門恒雄 共著 駿台文庫、1999年8月)
  • 『理系標準問題集 化学 <改訂版>(駿台受験シリーズ)』(石川正明、片山雅之、鎌田真彰、仲森敏夫、三門恒雄 共著 駿台文庫、2005年5月24日)
  • 『理系標準問題集 化学 <三訂版>(駿台受験シリーズ)』(石川正明、片山雅之、鎌田真彰、仲森敏夫、三門恒雄 共著 駿台文庫、2014年3月)
  • 『理系標準問題集 化学 <四訂版>(駿台受験シリーズ)』(石川正明、片山雅之、鎌田真彰、仲森敏夫、三門恒雄 共著 駿台文庫、2019年3月26日)
  • 『鎌田の 理論化学の講義 [改訂版](大学受験Do Series)』(鎌田真彰 著旺文社、2019年4月5日)
  • 『鎌田の 有機化学の講義 [四訂版](大学受験Do Series)』(鎌田真彰 著旺文社、2019年4月5日)
  • 『福間の 無機化学の講義 [四訂版](大学受験Do Series)』(鎌田真彰 監修/福間智人 著 旺文社、2019年4月5日)
  • 『鎌田の 化学問題演習 理論・無機・有機(大学受験Do Series)』鎌田真彰・土田薫 共著 旺文社、2020年9月18日)
  • 『化学I・II 基礎問題精講 [改訂版]』(鎌田真彰、橋爪健作 著 旺文社、2004年9月24日)
  • 『化学[化学基礎・化学] 基礎問題精講 [三訂版]』(鎌田真彰、橋爪健作 著 旺文社、2013年7月16日)
  • 『化学[化学基礎・化学] 基礎問題精講 [四訂版]』(鎌田真彰、橋爪健作 著 旺文社、2020年2月5日)
  • 『化学I・II 標準問題精講 [四訂版]』(鎌田真彰、橋爪健作 著 旺文社、2005年6月21日)
  • 『化学[化学基礎・化学] 標準問題精講 [五訂版]』(鎌田真彰、橋爪健作 著 旺文社、2014年7月7日)
  • 『化学[化学基礎・化学] 標準問題精講 六訂版』(鎌田真彰、橋爪健作 著 旺文社、2020年7月14日)
  • 『化学I・II 入門問題精講』(鎌田真彰、橋爪健作 著 旺文社、2011年9月26日)
  • 『化学[化学基礎・化学] 入門問題精講 [改訂版]』(鎌田真彰、橋爪健作 著 旺文社、2015年7月22日)
  • 『化学[化学基礎・化学] 入門問題精講 [三訂版]』(鎌田真彰、橋爪健作 著 旺文社、2020年2月5日)
  • 『医学部受験 医学部の化学[化学基礎・化学]』(鎌田真彰 著 旺文社、2018年9月25日)
  • 『入試化学 良問と要点』(鎌田真彰 著 学研教育出版/学研マーケティング、2010年7月13日)
  • 『鎌田の 解き抜く化学 理論化学・無機化学(1)編(大学受験 プライムゼミブックス)』(鎌田真彰 著 学研プラス、2018年3月22日)
  • 『鎌田の 解き抜く化学 無機化学(2)・有機化学編(大学受験 プライムゼミブックス)』(鎌田真彰 著 学研プラス、2018年8月8日)
  • 『大学受験 化学 鎌田の 化学基礎をはじめからていねいに(名人の授業)』(鎌田真彰 著 東進ブックス/ナガセ、2014年3月25日)

脚注[編集]


This article "鎌田真影" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:鎌田真影.