道徳的傷害

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 道徳的傷害(どうとくてきしょうがい、Moral injury)は、知覚された道徳的違反行為に起因する個人の道徳的良心と価値観への傷害を指し[1]、これは深い感情的な罪悪感と恥を生み出し[2]、場合によっては、裏切り、怒り、そして深刻な「道徳的混乱」("moral disorientation")の感覚を生み出す[3]

定義[編集]

道徳的傷害の概念は、トラウマの心理的、社会的、文化的、そして精神的な側面を強調している[1]。精神病理学とは異なって、道徳的損傷は異常なトラウマ性イベントに対する正常な人間の反応である[1][4]。アメリカ退役軍人省によれば、この概念は、深く保持されている道徳的信念と期待を超えた戦闘行為を目撃しまたは実行した退役軍人らのメンタルヘルスに関する文献で使用されている[5]。ヘルスケア専門家の間では、道徳的傷害とは、対処されていない道徳的苦痛を指し、善意と人間性の感覚を圧倒する可能性のある深刻な内面の葛藤の蓄積につながる。退役軍人とヘルスケア専門家の両者の間で道徳的外傷が特定されているにもかかわらず、研究はこれら2グループ間で奇妙に独立したままであり、そのために、用語は統一されていないことに注意することが重要である。

歴史的発展[編集]

1984年に、『道徳的苦痛』(moral distress)という用語は、哲学者のアンドリュー・ジェメトン(Andrew Jameton)が看護問題に関する著書「"Nursing Practice: The Medical Issues"」で最初に概念化され、看護師らが「倫理的ジレンマ」("ethical dilemmas")の間に経験した心理的葛藤を記述した。彼は、「道徳的苦痛は、なすべき正しいことを知っているときに生じるが、しかし制度上の制約により、正しい行動方針を追求することはほとんど不可能である」("moral distress arises when one knows the right thing to do, but institutional constraints make it nearly impossible to pursue the right course of action")と書いた[6]

1990年代に、『道徳的傷害』(moral injury)という用語は、精神科医ジョナサン・シェイ(Jonathan Shay)と同僚らによって、リーダーシップの不正行為の結果としての不正の認識を与えられた軍人/退役軍人の患者らによって提示された無数の物語に基づいて造語された。シェイの道徳的傷害の定義には、3つの要素があった――「道徳的傷害は、(i)道徳的に正しいことの裏切りがあったとき、(ii)正当な権威を保持している誰かによって、そして(iii)ハイステークスの状況にある、存在する[7][8][9]。2002年の時点で、シェイは、「権力を握っている誰かによるハイステークス状況での『正しいこと』の裏切り」("betrayal of 'what's right' in a high-stakes situation by someone who holds power")に起因するものとして定義した[10]

2009年に、「道徳的傷害」('moral injury')という用語[9]は、BrettLitzとその同僚によって変更された、「深く保持されている道徳的信念と期待を超える行為を実行し、防止しない、あるいは証言することは、長期的に、感情的、心理的、行動的、精神的、そして社会的に有害である可能性がある」("perpetrating, failing to prevent, or bearing witness to acts that transgress deeply held moral beliefs and expectations may be deleterious in the long term, emotionally, psychologically, behaviorally, spiritually, and socially")(2009, p. 695)。リッツらによると、道徳的傷害という用語は、メンタルヘルス診断の不十分さに対応して開発され、たとえばトラウマ後ストレス障害、戦争から帰国した後にメンバーが経験していた道徳的苦痛をカプセル化した[2]。PTSDが恐怖関連の症状に焦点を合わせているのとは異なり、道徳的傷害は、罪悪感、恥、怒り、そして嫌悪感に関連する症状に焦点を当てている[11]。道徳的障害の結果として多くの人が直面する恥は、トラウマ後ストレス障害の症状を予測する可能性がある[12]

2011年に、現在の診断では『道徳的苦痛』(moral anguish)を説明し得ないために、研究は、戦士らにおける『道徳的葛藤』(moral conflict)をカプセル化し始めた[13]

2017年現在、道徳的傷害の構成に関する系統的レビューまたはメタ分析は存在しないけれども、道徳的傷害の開始されて以来、さまざまな定義の文献レビューが行われている[14][15]

軍事的パースペクティブ[編集]

道徳的傷害の構成概念の発達を理解するには、暴力の歴史と心理学的影響を調べる必要がある。歴史を通して、人間は互いを殺し合ってきており、そしてそうすることに大きな抵抗を示してきた[16]。戦争に関する文献は、現代の兵役メンバーらから古代の戦士らにいたるまで、兵士らが戦闘で感じる道徳的苦痛を強調している[17] Ethical and moral challenges are inherent to warfare.[18]。任務に就いている兵士らは、壊滅的な苦しみと深刻な残虐行為を目撃する可能性があり、人類と彼らの世界観についての彼らの基本的な信念を揺るがせている[2]

戦争地帯に配置された軍人らは通例、死、負傷、および暴力にさらされている。兵役メンバーらは、トラウマ後ストレス障害を発症するリスクが最も高い集団を代表している[19]。PTSDは最初に、精神障害の診断および統計マニュアルの第3版に含まれた。これはベトナム退役軍人らが戦時中の経験の後に示した症状に対処し始めるために、アメリカ精神医学会によって発行された精神障害を分類するマニュアルである[2]。PTSDが診断として発展したために、それは、個人らが直接死、脅迫された死、重傷、または性的暴力にさらされるか、それを直接目撃するか、それが近親者または友人に間接的に発生することを学ぶか、またはトラウマ性イベントの嫌悪的な詳細に繰り返しさらされることを必要とする[19]。PTSDは、侵入、回避、そして否定的な気分と思考、そして覚醒と反応性における変化をふくむ、4つの症状クラスターを含んでいる[19]。PTSDのある個人らは、トラウマ性イベントを再体験するとき侵入的思考を経験するだけでなく、トラウマ性イベントを思い出させる刺激を避け、ますます否定的な思考と気分を抱く可能性がある。そのうえ、PTSDのある個人らは、他の覚醒関連の症状の中でも、過敏なまたは攻撃的な自己破壊的行動、そして過覚醒を示す場合がある[19]

道徳的傷害はまた、違反した戦士らによっても経験される可能性があり、したがって戦闘以外の状況でも経験される可能性がある。それらの場合、負傷は裏切りと怒りの感覚を含むことがある[20]。たとえば、人が戦争の目的は大量破壊兵器を根絶することであると信じて戦争に行くが、そうではないことに気づくとき、その兵士は道徳的傷害を経験する可能性がある。死、騒乱、破壊、そして暴力を見、経験し、自分の世界観を打ち砕かせた人々――生命の尊厳、安全、愛、健康、平和『など』(et cetera)――も道徳的傷害に苦しむ可能性がある。

戦争中の暴力への暴露は、軍人と退役軍人の人口を道徳的傷害を発症するリスクを高める。2003年に集められた統計によると、イラクとアフガニスタンに配備されたアメリカ軍人の32%が、敵の死亡に責任があったし、60%は、自分らが援助を提供し得ない病気のまたは負傷した女性らと子供らの両者を目撃していたし、20%が非戦闘員の死亡に責任があると報告された[2]。同様の作業がカナダの軍事状況で実施されている――アフガニスタンへの任務に配備されたカナダ軍の要員のうち、半数以上が、概念的に道徳的傷害に関連するトラウマ性イベントを支持した[21]。具体的には、43%が、助け得なかった病気のあるいはけがをした女性らや子供らを見たし、7%はカナダのまたは同盟国の職員の死亡に責任があると感じたし、38%は戦闘員と非戦闘員を区別するのが困難であった[21]。他の恐怖に基づく展開関連のストレッサーを制御しながら、そのような潜在的に道徳的に有害な出来事への暴露は、軍人におけるPTSDとうつ病の有病率の増加に関連している[21]

戦争中に、軍人の個人的な倫理規定は、戦争中に彼らに期待されるものと衝突する可能性がある。配備された兵士の約27%が、対応方法がわからない倫理的ジレンマを抱えていると報告している[12]。調査によると、展開が長くそして頻繁になると、戦場での非倫理的な行動が増える可能性がある[22]。これは、イラクとアフガニスタンにおける戦争のために配備の長さが増加したことを考慮すると問題的である[2][22]。戦争中、軍は敵の殺害に関する倫理的恩赦を促進し、多くの軍人の典型的な道徳的規範に反する[2]。軍人が配備されている間、敵の殺害が予想され、しばしば報われる。がそれにもかかわらず、サービスメンバーが帰国したときの社会文化的期待は、彼らが配置されたときとは大きく異なる[2]。故郷の倫理規定は変更されておらず、そのために一部のサービスメンバーにとっては展開から自宅への移行が困難になっている[12]。個人の倫理規定とこの倫理規定とのこの衝突と、軍隊の期待は、海外での行動に対する軍人の根深い恥と罪悪感をさらに高める可能性がある。

ヘルスケア専門家の中で[編集]

ヘルスケア専門家の間の道徳的苦痛は、1984年にアンドリュー・ジェメトン(Andrew Jameton)によって最初に概念化された[6]。この概念は、その後の30年間で、看護と退役軍人との両者の文献でじょじょに探求されたけれども、上述のように定義はわずかに異なっていた。ヘルスケアの文献では、道徳的傷害は、道徳的に苦痛な状況への継続的な曝露による悪影響の蓄積を指す[23]。2000年に、体系的な問題によって生み出される『道徳的苦痛』(moral distress)の概念は「倫理的カナリア」("the ethical canary")と呼ばれ[24]、システミックな変化の必要を信号する道徳的苦痛の感覚に注意を引いた。

2018年には、医師やその他の医療提供者の間で、メンタルヘルスと幸福に影響を与える道徳的傷害が発生する可能性があることが示唆された。ヘルスケアにおける道徳的傷害の概念は、思いやりの疲労(compassion fatigue)に関する議論の拡大であり、「燃え尽き」('burnout')[25]は、サイモン・G・タルボット博士とウェンディ・ディーン博士(Dr. Simon G. Talbot and Dr. Wendy Dean)によって最初に議論された。

アメリカの医師らは、彼らが正しい行動方針であると認識していること、つまり患者の世話をすることを妨げる状況に巻き込まれた。かわりに、彼らは電子健康記録の義務、彼ら自身の学生ローン、病院を通じた患者の負荷の要件、および実行された手順の数の間で、二重および三重および四重の束縛に巻き込まれた[25]。しばしば、医師らは「ゴールド・スタンダード」('gold standard')の訓練を受けているが、しかし制度上の二重拘束のために、実際にはそのクラス最高の治療を実行することはできない。

2018年の時点で、NHS内で働く医学生らを対象に道徳的傷害が調査されている[26]。2019年10月のTEDトークで、サミー・バット-ローデン博士(Dr Sammy Batt-Rawden)は、リソース不足のNHSで患者に必要なケアを提供できなかった結果として、医師らが心理的危害を被っている、と主張した[27]

2020年のCOVID-19パンデミックの開始以来、特にアメリカの医療従事者らは、病院の方針や保険の制約が残っている間、配給制のような決定に直面しており、これらの決定がとることができる犠牲を心理的に処理する方法についてのサポートやトレーニングはない。システムは、ヘルスケアの償還構造の変化に駆られて、フル・キャパシティーのように感じられる状態で継続的に実行される点まで「最適化」(“optimized”)された。小さなサージに対応するための貴重なわずかなたるみがあり、地球的パンデミックの規模の1つではない。そのため、COVID-19は、すでに深刻な問題を抱えているシステムを悪化させただけである[28]

心理学的なパースペクティブ[編集]

ブレット・リッツ(Brett Litz)と同僚らは道徳的傷害を、「実行する、防ぐことに失敗する、目撃する、または深く保持された道徳的信念と期待を超える行為について学ぶ」として定義している[2]。リッツと同僚らは、道徳的傷害の認知的、行動的、感情的な側面に焦点を当て、認知的不協和は、認識された道徳的違反の後に発生し、非難の安定した内部のグローバルな帰属をもたらし、その後、恥、罪悪感、または不安を経験し、個人を他人から引き離させる、と置いている[2]。その結果、士気喪失、自傷行為、そしてセルフハンディキャッピング行動による自殺のリスクが高まる[2]

個人を道徳的損傷を受けやすくする心理的リスク因子は、神経症素因および恥の傾向をふくんでいる。保護的因子には、自尊心、寛容な支持、そして公正世界仮説への信念をふくんでいる[2]

社会的および文化的パースペクティブ[編集]

2018年現在、人類学者Tine Molendijkによる調査[29]は、政治レベルでの未解決の紛争は、地上の兵士に潜在的に道徳的に有害な状況を生み出すため、退役軍人らによる「制度的裏切りの経験」("experiences of institutional betrayal")および「結果として生じる賠償の探求」("a resultant search for reparations")も道徳的傷害の一部である可能性があることを示している[20]。彼女は、退役軍人らの公の非難と公の英雄化との両者が、退役軍人らが戦争経験のゆがみを疎外するものとして一般的に経験していることを考えると、どちらも道徳的傷害に寄与する可能性がある、と主張し、つまり、どちらも経験に対して「不正」("injustice")が行われる可能性があるということである[30]

スピリチュアルなパースペクティブ[編集]

リタ・ナカシマ・ブロック(Rita Nakashima Brock)とガブリエラ・レッティーニ(Gabriella Lettini)は、道徳的傷害を「…精神障害ではなく、苦悩している魂」("…souls in anguish, not a psychological disorder")として強調している。これは、退役軍人らが深く保持されている道徳的信念を破った後、失われた人間性の感覚に苦しんでいるときに発生する[4]。Brite Divinity SchoolのSoul Repair Centerは、この精神的な観点から道徳的傷害に取り組むことに専念している[31]

治療[編集]

シェイによれば、回復のプロセスは「トラウマの共有化」("communalization of trauma")による「浄化」("purification")から成るはずである。シェイは、芸術的な表現手段によるコミュニケーションを特に重要視している。「トラウマサバイバーが、彼らの経験を表明することを許可され、権限を与えられている」("the trauma survivor... [is] permitted and empowered to voice their experience....")とき、道徳的傷害は免れることしかできなかった。もし完全に「家」("home")に来るならばそれは、受け入れられ、評価され、そして尊重され、場所、目的、そして社会的支援の感覚を持っている文化への統合を意味するだろう。

これが起こるためリッツによると、退役軍人の経験を偏見なく聞くためには、民間人側に開放さが必要であった。軍隊における文化は、戦争時の殺害と暴力の両者を正常化する道徳的および倫理的規範を強調している。リッツと同僚(2009)は、道徳的傷害の3つの主要な領域に対処するCBTの修正版を仮定している――「生命を脅かすトラウマ、トラウマ的喪失、そしてイラク戦争とアフガニスタン戦争による海兵隊員らの道徳的傷害。」("life-threat trauma, traumatic loss, and moral injury Marines from the Iraq and Afghanistan wars.")[2]これにもかかわらず、この文化的レンズを通して殺害または暴力に従事するサービス・メンバーらによって下された決定は、それでも心理的および精神的な影響を経験するだろう[2]

PTSDのサービスメンバーの症状に関連する根本的な恥を治療することが必要であると仮定されているし、羞恥心を治療せずに放置すると、有害な影響を与える可能性があることが示されている[12]。これにより、サービスメンバーの道徳的傷害の特定が困難になる可能性があり、なぜなら恥は時間とともにゆっくりと増加する傾向があるから[2]。恥は、対人暴力、うつ病、そして自殺のような合併症に関連している[12]。2015年に、Gaudetらは、介入が不足しており、道徳的損傷に固有の新しい治療介入が必要であり、うつ病やPTSDが一般的に治療されるのと同じ方法で道徳的損傷を治療するだけでは不十分である、と書いている[2]。道徳的傷害の治療に関する研究が不足しているにもかかわらず、謙遜、感謝、敬意、そして思いやりなどの要因は、サービスメンバーを保護するか、希望を与えることが示されている。

道徳的損傷の治療は道徳的苦痛の性質のために、「魂の修復」("soul repair")と呼ばれている[17]。兵役以外の人も道徳的傷害を経験する可能性があるが、研究では軍人の道徳的傷害に特別な注意が払われている[2]。道徳的傷害のために専門的なメンタル・ヘルスの助けを求めることは、特に軍人にとって、いくつかの課題を提示する可能性がある。道徳的傷害はしばしば、罪悪感や恥のような社会的に引きこもる感情と関連している。これらの感情は、他人に拒絶され判断されることを恐れて、個人が助けを求めて手を差し伸べる可能性をさらに減らす可能性がある。さらに、軍人は、実際のまたは認識されたキャリアの影響のために助けを求めることをためらうかもしれない。このトピックに関する最近の研究は、積極的に配備された軍人の間で、潜在的に道徳的に有害な経験にさらされた人は、軍のメンタル・ヘルス・サービスを避け、かわりに民間の医療システムの専門家に助けを求める傾向があることを示した[32]

他の職業の道徳的傷害[編集]

道徳的傷害の概念は、最近、警察の間でも発見され[33]、ファースト・レスポンダーらが働くときに消防士らや他の形態に存在する可能性が高く、そのような救急医療サービス、法的擁護者/弁護士、および子供/大人の保護サービスを含める必要がある[34]。獣医師のようなヒト人間以外の対象の職業もまた、研究され始めつつある[35]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 Haleigh, A. Barnes; Hurley, Robin A.; Taber, Katherine H. (23 April 2019). “Moral Injury and PTSD: Often Co-Occurring Yet Mechanistically Different”. Journal of Neuropsychiatry and Clinical Neurosciences (American Psychiatric Association) 31 (2): A4-103. doi:10.1176/appi.neuropsych.19020036. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISSN 1545-7222. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。PMID 31012825. 
  2. 2.00 2.01 2.02 2.03 2.04 2.05 2.06 2.07 2.08 2.09 2.10 2.11 2.12 2.13 2.14 2.15 2.16 Litz, Brett T.; Stein, Nathan; Delaney, Eileen; Lebowitz, Leslie; Nash, William P.; Silva, Caroline; Maguen, Shira (December 2009). “Moral injury and moral repair in war veterans: A preliminary model and intervention strategy”. Clinical Psychology Review 29 (8): 695–706. doi:10.1016/j.cpr.2009.07.003. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。PMID 19683376. 
  3. Molendijk, Tine (2018). “Toward an Interdisciplinary Conceptualization of Moral Injury: From Unequivocal Guilt and Anger to Moral Conflict and Disorientation”. New Ideas in Psychology 51: 1–8. doi:10.1016/j.newideapsych.2018.04.006. 
  4. 4.0 4.1 Rita Nakashima and Gabriella Lettini, Soul Repair: Recovering from Moral Injury After War (Boston: Beacon Press, 2012).[要ページ番号]
  5. Moral Injury in the Context of War”. PTSD: National Center for PTSD. U.S. Department of Veterans Affairs. 2015年12月13日閲覧。
  6. 6.0 6.1 Jameton A. Nursing practice: the ethical issues. Englewood Cliffs, NJ:Prentice Hall, 1984[要ページ番号]
  7. Shay, J.; Munroe, J. (1998). “Group and milieu therapy for veterans with complex posttraumatic stress disorder.”. Posttraumatic stress disorder: A comprehensive text. Boston: Allyn & Bacon. pp. 391–413. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-0-205-26734-7 
  8. Shay, J. (2002). Odysseus in America: Combat trauma and the trials of homecoming. New York: Scribner 
  9. 9.0 9.1 Shay, J. (2010). Achilles in Vietnam: Combat Trauma and the Undoing of Character. Simon & Schuster. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-0-684-81321-9 
  10. Shay, Jonathan (2002). Odysseus in America: Combat Trauma and the Trials of Homecoming. Scribner. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-0-7432-1156-7. https://archive.org/details/mismatchgrowingg00hack [要ページ番号]
  11. Farnsworth, Jacob (2014). “The role of moral emotions in military trauma: Implications for the study and treatment of moral injury”. Review of General Psychology 18 (4): 249–262. doi:10.1037/gpr0000018. 
  12. 12.0 12.1 12.2 12.3 12.4 Gaudet, Camille; Sowers (2016). “A review of PTSD and shame in military veterans”. Journal of Human Behavior in the Social Environment 26 (1): 56–68. doi:10.1080/10911359.2015.1059168. 
  13. Drescher, Kent (2011). “An exploration of the viability and usefulness of the construct of moral injury in war veterans”. Traumatology 17 (1): 8–13. doi:10.1177/1534765610395615. 
  14. Hodgson, Timothy J.; Carey, Lindsay B. (19 May 2017). “Moral Injury and Definitional Clarity: Betrayal, Spirituality and the Role of Chaplains”. Journal of Religion and Health 56 (4): 1212–1228. doi:10.1007/s10943-017-0407-z. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。PMID 28526912. 
  15. Nazarov, A.; Jetly, R.; McNeely, H.; Kiang, M.; Lanius, R.; McKinnon, M. C. (2015). “Role of morality in the experience of guilt and shame within the armed forces” (英語). Acta Psychiatrica Scandinavica 132 (1): 4–19. doi:10.1111/acps.12406. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISSN 1600-0447. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。PMID 25737392. 
  16. Grossman, Dave (2009). On combat: the psychology and physiology of deadly conflict in war and in peace. Illinois: Warrior Science Pub [要ページ番号]
  17. 17.0 17.1 Brock, Rita (2013). “Soul repair: Recovering from moral injury after war”. The Right to Heal: Holding the US Accountable for the Human Costs of War [要ページ番号]
  18. Blinka, Dee (2016). “Moral injury in warriors and veterans: The challenge to social work”. Social Work & Christianity 43 (3): 7–27. テンプレート:EBSCOhost. 
  19. 19.0 19.1 19.2 19.3 Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders (4th ed.). Washington, D.C.: American Psychiatric Association. (2013) 
  20. 20.0 20.1 Molendijk, Tine (2019). “The Role of Political Practices in Moral Injury: A Study of Afghanistan Veterans”. Political Psychology 40 (1): 261–275. doi:10.1111/pops.12503. 
  21. 21.0 21.1 21.2 Nazarov, A.; Fikretoglu, D.; Liu, A.; Thompson, M.; Zamorski, M. A. (2018). “Greater prevalence of post-traumatic stress disorder and depression in deployed Canadian Armed Forces personnel at risk for moral injury” (英語). Acta Psychiatrica Scandinavica 137 (4): 342–354. doi:10.1111/acps.12866. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISSN 1600-0447. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。PMID 29504125. 
  22. 22.0 22.1 Mental Health Advisory Team (MHAT-IV). (2006, November 17). Operation Iraqi Freedom 05- 07. Retrieved December 18, 2008, from http://www.armymedicine.army.mil/reports/mhat/mhat_iv/mhat-iv.cfm
  23. Rushton, C. H. (2018). Moral Resilience: Transforming moral suffering in healthcare. New York: Oxford City Press.
  24. Sommerville, M. (2000). The ethical canary: Science, society and the human spirit. New York, NY: Viking.[要ページ番号]
  25. 25.0 25.1 Talbot, Simon G.; Dean, Wendy (2018年7月26日). “Physicians aren't 'burning out.' They're suffering from moral injury”. STAT. https://www.statnews.com/2018/07/26/physicians-not-burning-out-they-are-suffering-moral-injury/ 
  26. Murray, Esther; Krahé, Charlotte; Goodsman, Danë (2018-10-01). “Are medical students in prehospital care at risk of moral injury?” (英語). Emergency Medicine Journal 35 (10): 590–594. doi:10.1136/emermed-2017-207216. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISSN 1472-0205. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。PMID 29945983. https://emj.bmj.com/content/35/10/590. 
  27. Batt-Rawden, Sammy (英語), The empathy switch, https://www.ted.com/talks/sammy_batt_rawden_the_empathy_switch 2020年3月3日閲覧。 
  28. Beyond burnout: This surge of Covid-19 is bringing burnover” (英語). STAT (2020年11月25日). 2021年1月28日閲覧。
  29. Molendijk, Tine (2021). Moral Injury and Soldiers in Conflict: Political Practices and Public Perceptions. Routledge. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 9780367546359 
  30. Molendijk, Tine (2018). “Moral Injury in Relation to Public Debates: The Role of Societal Misrecognition in Moral Conflict-Colored Trauma among Soldiers”. Social Science & Medicine 211: 314–320. doi:10.1016/j.socscimed.2018.06.042. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。PMID 29980118. 
  31. Soul Repair : Brite Divinity School”. Brite.edu (2014年6月20日). 2015年3月4日閲覧。スクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。
  32. Nazarov, Anthony; Fikretoglu, Deniz; Liu, Aihua; Richardson, J. Don; Thompson, Megan (2020-12-31). “Help-seeking for mental health issues in deployed Canadian Armed Forces personnel at risk for moral injury”. European Journal of Psychotraumatology 11 (1): 1729032. doi:10.1080/20008198.2020.1729032. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISSN 2000-8198. PMC: 7067158. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。PMID 32194921. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7067158/. 
  33. Papazoglou, Konstantinos; Chopko, Brian (15 November 2017). “The Role of Moral Suffering (Moral Distress and Moral Injury) in Police Compassion Fatigue and PTSD: An Unexplored Topic”. Frontiers in Psychology 8: 1999. doi:10.3389/fpsyg.2017.01999. PMC: 5694767. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。PMID 29187830. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5694767/. 
  34. Martin, Colleen E.; Tran, Jana K.; Buser, Sam J. (January 2017). “Correlates of suicidality in firefighter/EMS personnel”. Journal of Affective Disorders 208: 177–183. doi:10.1016/j.jad.2016.08.078. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。PMID 27788381. 
  35. Moses, Lisa; Malowney, Monica J.; Boyd, Jon Wesley (2018). “Ethical conflict and moral distress in veterinary practice: A survey of North American veterinarians”. Journal of Veterinary Internal Medicine 32 (6): 2115–2122. doi:10.1111/jvim.15315. PMC: 6271308. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。PMID 30320478. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6271308/. 

外部リンク[編集]


This article "道徳的傷害" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:道徳的傷害.