造園土木

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 造園土木(ぞうえんどぼく)[注釈 1]とは、庭園や公園公共造園の基盤と造園構造物など建設するために必要な技術(造園修景大辞典5巻)。

造園土木の特性として、一般の建設工事に比べ比較的工事量の少ない工種が多様に広く散在し、規格化しにくい自然的素材を多用する。

造園土木の本質として、大型機械土木で施工しえない部分の受け持ち、公共造園の公園工事にある歩掛かり/基準書の工種である土地造成、排水、造園構造物などの施工に要する土工、コンクリート工、石積工、舗装工、池工など、で大量急速施工で生じる景の不斉合を斉合させることにある。

金井格は『造園工学の体系化の視点と基本問題』[1]という論文において、谷村鉄三郎がその著作(造園工学とその内容、庭園と風景、9 (4)、1927、造園土木、雄山閣、1928、造園叢書11)の中で実用土木(土木工学)との差異をとらえて造園土木の概念を明らかに示しているとし、造園工学のうちの造園土木に属する仕事として、土地の測量、造園設計に必要な地形測量、土工、上下水及び照明計画、道路・橋梁等の設計・施工に対する契約及び監督、植栽、庭園管理者に渡すまでの庭園の管理及び保護、としていること、庭園や公園の造成を目的として美を維持するための土木工学であるとしていることを指摘。また、谷村が造園土木と実用土木は設計の本質においては同じであるが、その意匠について異なるものがあること、更に造園土木設計における注意事項として「特に造園土木工は地上に創設されるものなる故、其構造物自身が美しくとも周囲と調和し、然も土木工本来の目的を表わす以上に不当に人の意識をひくものであってはならぬ。実に造園土木と実用土木との差異は自然風致尊重の軽重にあるといってもよい」と実用土木との比較論で造園土木の基調となるべき思想をのべているという。

この他造園土木については設計と共にその施工について、自然の破壊をさけ、止むを得ず施工に際し破壊した場合にも工事完了後に従前の状態に戻し得る場合は戻す、また、地表面に変化をつけるための破壊の場合には、この地面の状態を周囲の土地と自然らしく調和させる様に設計すると共に、工事によって植物特に老令の大木の枯死しない様に注意して設計をしなけれぽならないなど、修復・保全の面にまでふれて造園土木の設計・施工上における留意点とし、実用土木との差異を示しているとしている。

またこの造園土木と一般土木との相違において、今日一部の土木技術者が反省していることとしている[2]構造物の位置の選定あるいはその形態や意匠の取り扱いが、他の造園施設中の諸要素と有機的に結合され設計されるべきで当然造園家によりてなされねばならなく、その構造物は環境をはなれて美の判断をなさるものではない、とのことの強調から 1920年代に造園技術者が明確に造園土木/造園工学の基調となるべぎ思想をもっていたとしている。

脚注[編集]

  1. 金井格「造園工学の体系化の視点と基本問題」『造園雑誌』第46巻第4号、日本造園学会、1982年、 263-269頁、 doi:10.5632/jila1934.46.263モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISSN 0387-7248モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。NAID 110004660875
  2. 『造園工学の体系化の視点と基本問題』ではその反省例として中村良夫、1967『土木空間の造形』技報堂、を取り上げている

注釈[編集]

  1. 前田宗正、造園産業史概観 『ランドスケープ研究』 1994年 58巻 2号、doi:10.5632/jila.58.125では、「「造園土木」なる用語が,いつのまにか世の中を一人歩きしている。造園工事として施工される土木的と思われる作業は,建設業にたずさわる者にとっては,ごく当然の附帯若しくは基礎的なものである。電気,設備工事でも,可成りの掘削,コンクリート工事は行われるが,それらの部分に対して,電気土木,設備土木と云う考え方,用語を使用するであろうか。造園土木などあり得ない。造園は造園の二文字でよいではないか。そして建設業界は大別すれば,建築と土木と造園の三本柱で成り立つものと自負したい。」と述べられている

関連項目[編集]

  • 造園業
  • 造園工事
  • 造園修景
  • 造園施工
  • 公園/公園工事


This article "造園土木" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:造園土木.