超エネルギー保存の法則

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

超エネルギー保存の法則やエネルギー活動保存の法則(law of the conservation of hyper energy)とは、人文学者であり、歴史神学的なハ・スンム教授が主張した理論的に有機的なエネルギーの活動を含む人間が生まれながらに展開されたすべてのエネルギーの活動は、エネルギーそのものだけでなく、すでに活動した定型の形態がそのまま保存されるという理論である。 [1]

解説[編集]

この法則によれば、一般的な物理学の「エネルギー保存の法則」でのエネルギーは、その形態を変えたり、他の場所に転送することができるだけで生成されたり消えることがない、常に一定に維持される物質エネルギーそのものに限られたが、[2]この法則は、人間が生まれながらた個人と関連付けられているすべての活動と形態がエネルギーの物理的な運動に起因するエネルギーそのものに固有のものではなく、個別化された数々エネルギー活動の定型化された形が4次元の世界では、エネルギーの形でのみ保存されているのに対し、5次元それ以上の世界では、エネルギーの活動の形そのものがそのまま保存されるという理論である。ハ・スンム教授の例)のよると、いくつかのキラーの殺人行為を動画でそのまま撮影されたように、エネルギー運動形態そのものがそのまま保存されるというものである。

脚注[編集]

  1. 河承武, '人間の犯罪行為との物理的な相関関係', 韓国長老会神学校, 2013
  2. R. B. Lindsay (1973) "Julius Robert Mayer, prophet of energy"

関連項目[編集]

  • エネルギー保存の法則
  • 熱力学
  • 河承武

参考文献[編集]

  • 河承武, '人間の犯罪行為との物理的な相関関係', 韓国長老会神学校, 2013
  • R. B. Lindsay (1973) "Julius Robert Mayer, prophet of energy"


This article "超エネルギー保存の法則" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:超エネルギー保存の法則.