Welcome to EverybodyWiki ! Nuvola apps kgpg.png Sign in or create an account to improve, watchlist or create an article like a company page or a bio (yours ?)...

蕾 (コブクロの曲)

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動


スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。

コブクロシングル
初出アルバム『5296』
B面 彼方へ
風見鶏
リリース <time itemprop="datePublished" datetime="スクリプトエラー: モジュール「string」はありません。">2007年3月21日
規格 シングル
デジタル・ダウンロード
ジャンル J-POP
時間 <time datetime="スクリプトエラー: モジュール「string」はありません。">32分43秒
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
ゴールドディスク
  • ダブル・プラチナ(CD、日本レコード協会)
  • 3ミリオン(着うた、日本レコード協会)
  • ミリオン(着うたフル、日本レコード協会)
  • 2ミリオン(シングルトラック、日本レコード協会)
  • 第49回日本レコード大賞・大賞
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン)
  • 2007年4月度月間1位(オリコン)
  • 2007年上半期4位(オリコン)
  • 2007年度年間3位(オリコン)
  • 2008年度年間115位(オリコン)
  • 2007年度カラオケ10位(オリコン)
  • 2008年度カラオケ2位(オリコン)
  • コブクロ シングル 年表
    君という名の翼
    (2006年)

    (2007年)
    蒼く 優しく
    (2007年)
    テンプレート:External music video
    テンプレートを表示

    」(つぼみ)は、コブクロの14作目のシングル。2007年3月21日発売。発売元はワーナーミュージック・ジャパン。

    解説・タイアップ[編集]

    • 前作「君という名の翼」以来約8か月ぶりのシングルで、フジテレビ系ドラマ『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』の主題歌として書き下ろされた曲である。コブクロがドラマ主題歌を担当するのはこれで5曲目であり、また2005年の「ここにしか咲かない花」から4作連続でドラマ主題歌となった。ドラマ主題歌としては珍しく放送終了後に発売されている。
    • 2008年3月開催第80回記念選抜高等学校野球大会の開会式入場行進曲。
    • 2012年に放送されたH.I.Sの台湾旅行のCMでも使用された。

    売上・受賞[編集]

    • オリコン集計での初動売上は過去最高だった「桜」を上回る18.2万枚を記録し、前作の「君という名の翼」の累計売上を初動のみで更新した。そして発売2週目の2007年4月9日付オリコン週間シングルチャートで14作目のシングルにして初の1位を獲得。2007年のオリコン年間シングルチャート3位にランクインし、シングルでは初の年間トップ10入りを果たした。自身のシングルでは唯一売上が50万枚を突破している。
    • 本作で第49回日本レコード大賞を受賞。これは男性フォークデュオとして初の快挙である。これによって2005年度ノミネート作の「桜」、2006年度ノミネート作「君という名の翼」の雪辱を果たした。小渕は「亡くなった母親が一緒に歌っていてくれていたと思う」とコメントした。司会の堺正章は、「感動的な受賞でした」と、コメントを残している。
    • 2008年2月20日に、邦楽で初となる着うた配信で300万ダウンロードを突破したことを日本レコード協会が認定した[1]

    収録曲[編集]

    全曲 作詞・作曲:小渕健太郎、編曲:コブクロ

      • フジテレビ系ドラマ『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』主題歌。
      • 丹下紘希が監督を手掛けたPVでは、劇団かかし座の影絵による物語が展開する(PVに出演しているのは高橋平である)。この曲のPVは次作のシングル「蒼く 優しく」の付属DVDに収録されている。
      • この曲で小渕が使用しているアコースティック・ギターは「Martin OM negative」。レコード大賞をとる前にこのギターの中に母親の写真を貼ったことから、以後このギターでは小渕が母親に贈る歌として作られた当曲と「遠くで…」でしか弾かないと決めている。
    1. 彼方へ
    2. 風見鶏
      • 発売直後、『進研ゼミ』CMソングとなる。
    3. 蕾 (Instrumental)
    4. 彼方へ (Instrumental)
    5. 風見鶏 (Instrumental)

    収録アルバム[編集]

    • 5296(#1,3)
    • ALL SINGLES BEST 2(#1,3)
    • FAN'S MADE BEST(#2)
    • ALL TIME BEST 1998-2018(#1,3)

    カバー[編集]

    • 2008年、中村あゆみがカバーアルバム『VOICE』にてカバー。
    • 2009年、阿部恭子がミニカバーアルバム『やさしいうた』にてカバー。
    • 2009年、森進一がカバーアルバム『Love Music』にてカバー。
    • 2009年、ドイツのバンド、ジャイガンターが『イッツ・オール・カヴァー・ナウ,ベイビー・ブルー!』にてカバー。
    • 2009年、オールトラリアの歌手、ヘイリーがシングル『ねむの木の子守唄/蕾」にて英詩カバー。
    • 2012年、さくらまやがカバーアルバム『まや☆カラ カラオケクイーンさくらまやと歌おう!!』にてカバー。
    • 2013年、森恵がカバーアルバム『Grace of the Guitar』にてカバー。

    脚注[編集]

    1. http://www.riaj.or.jp/data/others/chart/w080220_3.html なお、着うた300万DLを達成したのはこの曲の他には「恋のマイアヒ」(※400万DL)「そばにいるね」「愛唄」「キセキ」「Story」の5曲のみ(2011年3月時点)である。

    テンプレート:コブクロ テンプレート:日本レコード大賞受賞 テンプレート:フジテレビ月9主題歌 2000年代後半 テンプレート:オリコン月間シングルチャート第1位 2000年代後半 テンプレート:オリコン週間シングルチャート第1位 2007年 テンプレート:有料音楽配信チャート第1位 2006年-2009年 テンプレート:フル配信ミリオンを達成した楽曲 テンプレート:選抜高等学校野球大会入場行進曲


    This article "蕾 (コブクロの曲)" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:蕾 (コブクロの曲).


    Compte Twitter EverybodyWiki Follow us on https://twitter.com/EverybodyWiki !

    Farm-Fresh comment add.png You have to Sign in or create an account to comment this article !<comment-streams/>