Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

葵涌焚化爐

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。

葵涌焚化爐
Kwai Chung Incineration Plant.jpg
葵涌焚化爐。手前に見えているのは青茘橋
Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found
香港内の場所
概要
現状 解体済み
所在地 醉酒湾, 葵涌
新界, 香港
座標 Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found
開業 1978年10月
閉鎖 1997年5月
解体 2007年–2011年
所有者 香港政庁
高さ 150メートル (スクリプトエラー: モジュール「Math」はありません。 ft)
テンプレートを表示

葵涌焚化爐(きちょうふんかろ, 英: Kwai Chung Incineration Plant)は、香港にかって存在した清掃工場。葵涌地区の酔酒湾(Gin Drinkers Bay)を埋め立てて造成した土地に1.4ヘクタールの敷地面積を使用して建設された。1978年の運用開始以来、ごみの減容により埋立地の寿命延長に貢献してきた。

沿革[編集]

ごみの最終処分場としての埋め立て地が不足してきたため、焼却炉を建設することにした。建設の請負契約は7つの国際企業グループが争ったが、最終的に英国のClarke Chapmanに決定、1973年11月29日締結された。

1978年10月17日、正式な開所式が行われた。旧式の清掃工場とは異なり、電気集じん器を設置しているうえ、高さ150メートルの煙突は堅尼地城(Kennedy Town)や荔枝角(Lai Chi Kok)の同様な施設に比べて高く、汚染物質は地面から離れた場所に拡散した。

1989年、香港政庁は『Pollution in Hong Kong - A Time to Act』という白書を発行した。

1997年5月、操業停止。敷地はダイオキシン、フラン[1]、アスベスト、重金属、石油由来の炭化水素で汚染されていたため、 すぐには解体できなかった。2007年、建物本体と煙突の解体を開始。解体前には、解体後の再開発を見据えて敷地の除染を行った。

2008年現在、香港政府は新しい焼却炉の建設を検討している[2]

2017年現在、この場所に納骨堂を建設する計画がある。

出典・脚注[編集]

  1. 化学的にフランとイコールではない
  2. 大気汚染が環境と公衆衛生に与える影響を考慮した結果、固体廃棄物の処理方法としての焼却を廃止すると決定するも、後に実行を延期


This article "葵涌焚化爐" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:葵涌焚化爐.

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。