花田憲彦

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索



日本の旗 日本の政治家
花田 憲彦
はなだ のりひこ
生年月日 (1955-05-14) 1955年5月14日(67歳)
出生地 山口県阿武郡阿武町
出身校 山口県立萩高等学校卒業
広島大学中退[1]
所属政党 無所属

Flag of Abu, Yamaguchi.svg 山口県阿武町長
当選回数 2回
在任期間 2017年5月1日 - 現職
テンプレートを表示

花田 憲彦(はなだ のりひこ、1955年(昭和30年)5月14日[2] - )は、日本の政治家。山口県阿武郡阿武町長(2期)。

経歴[編集]

山口県阿武郡阿武町出身[3]。山口県立萩高等学校卒業[4]。広島大学中退[1]。広島市の税務署に勤務[4]1976年、阿武町役場に奉職[2]。経済課長、企画課長、総務課長などを歴任[2]

2017年4月11日告示、16日投票の阿武町長選挙に立候補し、無投票で初当選した。5月1日、町長就任[2]

2021年4月13日、無投票で再選[5][6]


政策・主張[編集]

  • 企画課長時代の2005年、世界のジャズ奏者が集まるイベント「コンコード・ジャズ・フェスティバル」の阿武町開催を推進した。その後は毎年開催されていたが、2014年でいったん中断していた。花田は町長当選翌年の2018年に、このイベントを復活させた[7]
  • 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の陸上自衛隊むつみ演習場(萩市)への配備計画を巡り、反対を表明している[1]
  • 保育園の保育時間の延長、土曜午後の保育などによる働く女性の社会進出と子育て支援の充実[2]
  • 子供医療費の無料化制度のさらなる拡充、遠隔地からの通学費の軽減などによる保護者の負担軽減を図る[2]
  • 住宅取得補助金、定住奨励金等の定住関係施策の充実[2]
  • 企業誘致、起業支援[2]
  • 地元商店や物産の積極的活用、地元出身者の雇用の促進、地産地消の取り組みによる域内循環社会を構築[2]
  • 高齢化に対応した生活環境整備[2]
  • 過疎化、少子高齢化が進み、人口減少という大きな課題を抱えるなかで「選ばれるまち」になるために移住者の定住促進や、資源やお金が地域内で循環する持続可能な暮らしづくりに取り組む[3]
  • 少ない収入の中で上手くやりくりしてチャレンジ的な事業に取り組みやすい財政をつくる[3]
  • 町の産業につながる、地域の活性化につながるキャンプフィールドをつくる[3]

人物[編集]

  • 趣味は読書、DIY、スポーツ観戦[2]、バイクのツーリング[3]。特技は剣道[2]。好きな言葉は愛語[2]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 令和元年9月”. 広島大学. 2022年5月13日閲覧。
  2. 2.00 2.01 2.02 2.03 2.04 2.05 2.06 2.07 2.08 2.09 2.10 2.11 2.12 広報あぶ 2017年5月号 (PDF)”. 阿武町 (2017年5月19日). 2022年5月13日閲覧。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 キャンプフィールドが循環を生む、阿武町のまちづくりTHE SNOW PEAK WAY。2022年6月3日閲覧。
  4. 4.0 4.1 “阿武町長選 花田氏再選へ、立候補を表明 /山口”. 毎日新聞. (2020年12月10日). https://mainichi.jp/articles/20201210/ddl/k35/010/238000c 2022年5月13日閲覧。 
  5. 山口県阿武町長選、花田氏が再選(無投票)【2021年4月13日】”. 中國新聞 (2021年4月13日). 2022年5月21日閲覧。
  6. 広報あぶ 2021年4月号 (PDF)”. 阿武町 (2021年4月21日). 2022年5月21日閲覧。
  7. ジャズの灯、再び 4年ぶり山口・阿武町 当時担当課長の町長、響いた熱意
公職
先代:
中村秀明
Flag of Abu, Yamaguchi.svg 山口県阿武町長
2017年 -
次代:
現職

スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。


This article "花田憲彦" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:花田憲彦.