空中艦隊構想

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 空中艦隊構想(くうちゅうかんたいこうそう)は、ベニート・ムッソリーニの軍備拡張計画の一端で空軍に関するもの[要出典]

第一線機を多数揃え、陸と空からの猛攻撃を加える。更に地中海艦隊をもって地中海、紅海を支配し、ローマ帝国を復活させる[要出典]。 それがムッソリーニの願望であった[要出典]。 そのために陸海空軍に増強命令が下されたが、その中でも空軍についてはムッソリーニは特に力を入れていた、1000機の第一線機をそろえることを目的としたこの構想は当時、ヨーロッパ諸国を驚嘆させた[要出典]。 この構想は第二次世界大戦前に完了し、また、スペイン内戦で貴重なデータも取ることに成功した[要出典]

しかしこの空中艦隊は第二次世界大戦で英米軍に完敗し、エジプト、地中海、アフリカと各地の制空権を失っていく[要出典]

航空戦力を重視するという構想自体は間違っておらず、むしろ先見性に富んだものであったが、技術力と乗員の錬度不足が問題であり、またムッソリーニは乗員の錬度をほとんど考えていなかった節があり、逆に実力を大いに過信していたようである[要出典]


This article "空中艦隊構想" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:空中艦隊構想.